ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


電子書籍


ヨミ: デンシショセキ
掲示板をミル!
171カキコ!

電子書籍とは、電子機器で読むことが出来るようデータ化された書籍、あるいはそのシステムである。


概要


本、新聞、雑誌などが、従来のいわゆる"媒体"ではなく、文章や挿絵などを全てデータ化した形で提供される書籍である。専用の機器(Amazon Kindle楽天Kobo等の電子書籍リーダー)や携帯端末(スマートフォンタブレット等)、PCなどで読むことができる。

大きく分ければ電子辞書なども電子書籍に相当するほか、ウェブに掲載されている小説なども同様であるが、現在日本では電子書籍といえばインターネットを経由して購入・ダウンロードを行う書籍データす。他に媒体を直接電子化したデータもあり、特定団体が開していたり個人が所有していたりする。

古くは、辞典のデータディスクメディアに収録して、(当時としては)小の端末で利用可にしたものなどがあり、ソニーNEC90年代から構想し、現在のものに繋がる要素も持った製品を出してきた。
現在は、インターネットの普及、ひいてはiTunesによる音楽CDメディアからの脱却などに触発される形で、Amazonを初めとする通販サイトが、電子ペーパーなどを利用した、より媒体に近い形での電子端末の開発などによって導入を進めている。


歴史


コンピュータ現実に登場して以来、古典SF作品に、媒体を捨てて電子データとして扱われるようになった書籍という概念はしばしば登場していた。
有名なところでは、『2001年宇宙の旅』の個人用情報端末で、たとえへの旅行途中でも、手の大のコンピュータに新聞や雑誌のデータが一で送られて来る、という、現在スマートフォンなどに非常に近いものが描かれている(余談だが、iPhoneなど現在スマートフォンは、映画版に登場したこの端末の姿にそっくりである)。

技術の発展に伴い、先述の通り、ディスクメディアに辞書などのデータを収録して端末で利用する、という形の、原始的な電子辞書が90年代初頭に登場した。
この時、有名な文の全集が同様にデータ化されていくつか発表されたものの、ど知名度も持たれないまま消えていった。現在の電子書籍の概念に最も近いものが、この時初めて形になっていたといえる。

やがて、インターネット爆発的普及が訪れ、学術論文の共有などが利用されるようになると、程なくして、著作権の切れた作品をテキストデータにして配布する青空文庫や、自らの作品をネットを経由して配布する人間が現れるようになった。
かしこの時、音楽業界では既に、iTunesiPod爆発的普及によって、CDメディアの衰退・データ配信の盛が凄まじい勢いで起こっていった。 同業界では、Appleによって、一足先に既存メディアの破壊が行われた。

Appleのような先導者のいない出版業界ではこの流れが遅れるかとも思われたが、00年代後半になると、携帯電話などの端末の高性化により、書籍データを手元で読むことが容易に可となった。
この頃になると、内外で漫画や雑誌などのデータ配信が行われるようになった。


電子書籍の長所と短所


以下ではサービスとしての電子書籍を利用することのメリットデメリットを大まかに述べる。中には電子書籍という形態そのものによるものではなくサービス提供側の意識によって生まれるものもある。


長所



短所



短所?


以下は某掲示板など不特定多数が電子書籍そのものについてると必ずといっていいほど上がるものであるが、短所と言い切るにはどうかと思うものである。


関連動画



■nm10918137[ニコ動]

■sm11057400[ニコ動]


関連商品


■az4620319716


電子書籍サービス一覧 (大百科に記事があるもの)


名称 運営 リンク
iBooks Apple ◆[外部]
青空文庫 青空文庫 ◆[外部]
Kindle amazon ◆[外部]
kobo 楽天 ◆[外部]
少年ジャンプ+ 集英社 ◆[外部]
DMM 電子書籍 DMM.com ◆[外部]
DLsite.com エイシス ◆[外部]
ニコニコ書籍 ニワンゴ ◆[外部]
BOOK☆WALKER KADOKAWA ◆[外部]
マンガ図書館Z Jコミ ◆[外部]
Reader(ソニー) ソニー ◆[外部]

BOOK☆WALKERと統合。


関連項目



最終更新日: 18/10/04 00:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ