ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


電撃!ピカチュウ


ヨミ: デンゲキピカチュウ
掲示板をミル!
157カキコ!

電撃!ピカチュウとは、ポケモン漫画の名を借りたエロ漫画である。


概要


「別冊コロコロコミック」及び「ハイパーコロコロ号にて連載されていた漫画。全4巻。作者はおのとしひろ(小野敏洋)=上連

アニメポケットモンスターベースに描かれた作品だが、ストーリーや設定に関して独自の解釈が施されており、
ゲームアニメ依存しない独自の世界観を作り上げている点が特徴。バトルシーンクオリティも高い。

また、小学生向けとは思えないほどのお色気描写に定評がある。これが読者サービスなのか作者趣味なのかは不明だが、後に大人の事情で修正されていたりする(特にカスミプロポーション髪の色)。

裏などには毎回おまけページが存在しており、最終巻のカバーは表裏シールだった。


作者について(成人作品関連があるので反転してください)


作画を担当した「おのとしひろ」(小野敏洋)は、上連という名義でマニアックな成人コミックを描いている。自身が連載していた「バーコードファイター」の成人向けコピー誌を作ったこともあった。自画像はナゾノクサオムスターなど。

この「電撃!ピカチュウ」連載終了から2ヶ後、上連は「電撃!ピカチュウ」の成人向けコピー誌「ムサシコジロウこどものつくりかた」をサンシャインクリエイションで発行している。この作品では本編最終回直後の状況が描かれており、カスミムサシコジロウから、こどものつくりかたに関するレクチャーを(以下、いわずもがな検閲により削除


作品のクオリティと設定背景


インターネット上ではお色気要素だけがられがちな本作だが、実は極めて完成度の高い少年漫画でもある。
特に世界観設定に関しては「ポケットモンスターSPECIAL」と同等の密度を誇っており(ベクトルは違うが)、
現在でもゲーム版やアニメ版で放置されたままになっている設定の問題点にも、独自の解釈を行っている。

義務教育の設定
「電撃!ピカチュウ」のポケモン世界では義務教育が存在し、現代日本と同じく中学3年生までが義務教育期間とされている。しかし、ポケモン取扱免許を取得した10歳以上の者に関しては一時的な学業免除が適用される(留学と同じ感覚なのだろう)。
もちろん期限ではなく、免除期間が過ぎてしまったら学業に戻らなければいけないが、ポケモンリーグ出場や、リーグ入賞といった功績を残すことで免除期間は伸びるといった設定になっている。
ポケモントレーナーの設定
上にも書いたとおりであるが、ポケモントレーナーになるには「ポケモン取扱免許」が必要となり、取得は10歳を満たしたものとされている。
なお取得には半日の講義を受け、午後のテストに合格すれば1日で取れるものであるため、現実で言う原付免許よりも取得は簡単と言える。
なお、義務教育中の者に関しては上の義務教育の免除期間を適用することによってポケモントレーナーとしてをすることが認められている。
なお作中に(おそらく)10歳以下の少女プリンを連れている回があるが、親のポケモン、またはトレーナーとして未所有のポケモンボールに入れていない)であるため免許は不必要なのかもしれない。
また免許はユビキタス端末となっていて、様々な用途に使用することができる。
詳しくは後述のポケモン取扱免許を参照。
ポケモン取扱免許
カードの端末になっていて、中にはトレーナー情報はもちろん、所持ポケモン情報メールなど様々な機がついている。
サトシが対戦相手の情報を調べているシーンがあることや、メールを送るシーンがあるところからネットワークに接続されている端末だということがわかる。
ディスプレイホログラムによる2次元立体映像で、操作は端末右下方にあるスティックで操作する。
また拡に対応しているらしく、オーキドからもらったポケモン図鑑をこの端末で使っていた。
2巻では応急処置の方法などを見ていたが、免許の機なのかポケモン図鑑の機なのかは不明。
その他ポケモンHPPP、状態、おぼえているわざ、モンスターボールの中のポケモン情報もこれで確認できる。
ポケギアが生まれる数年前にこれを出しているのだからすごい
モンスターボールの設定
モンスターボールは通常ん中のボタンを押すとポケモンが飛び出すが、「電撃!ピカチュウ」のモンスターボールボタンを押すことでサイズの変更、そしてボタン部分を押し上げることによりポケモンボールから飛び出すようになっている。
またゲットしたポケモンポケモンセンター免許を提示することによってトレーナー情報を登録する必要がある。
登録されたポケモンには「ボールマーカー」が付き(飛び出したときにボールボタン部分がバッチのように付着する)、ボールマーカーの付着しているポケモンは他のモンスターボールゲットできないようになっている。
また畜や商業で利用するポケモンにもボールマーカーをつける必要があるらしい。
ボールの中身に関してはポケモン取扱免許で確認できる。
ポケモンによってランクがあり、レアポケモンだとA、それから下にB→C→Dと下がっていく。
漫画ではピッピがAランクスピアーマンキーはDランク扱いであった。
一度巨大なモンスターボール製作され、ネットキャプチャーが強で並みのポケモンは消滅するほどと言われた。
ポケモンの外観、など
本作のポケモン原作デザインよりも、生物的な形にリファインされている。
ピカチュウなどの小ポケモン原作とほぼ同じデザインだが(眼球などは写実的になっている)、
ポケモンや、悪役として登場するポケモンなどは、怪物と呼ぶに相応しい悪なアレンジを施されている。
また、スピードスターが「通電した毛玉を息で吹きつけて射出する技」として描かれるなど、
原作ゲーム中では不明瞭なポケモンの技の詳細に関しても独自の描写を行っていた。
その他の設定
初代の技マシンの利用方法が絵で描き込んであるのはおそらくこの漫画だけである。
数字部分を押したまま半分に割り、その間にポケモンの頭を置き、技マシンを作動させる。時間にしてわずか数で技を教えられる模様。
なおバトルによっては戦闘中でも仕様が可であった。ちなみに使い切りである。

 


アニメ「ポケットモンスター」との違い


この漫画ストーリーは大体がアニメポケットモンスターストーリーを踏襲しているが、ところどころで作者アレンジが見られる。話によると作者オリジナルが描きたかったらしいが、編集部とのいざこざがあったとかかったとか…。

アニメ版との大きな違いは以下のとおり。

サトシの手持ちが違う
サトシの手持ちにオニドリルが加わっている。このオニドリル最終話まで手持ちにいる。
また、ヒトカゲ、フシキダネ、ゼニガメ御三家ポケモンも所有しているが、入手した経緯は定かではなく、作中欄外には『いつの間にかゲットしたポケモン(笑)』と書かれていた。
サトシ以外のトレーナーの手持ちもところどころ違う(カスミギャラドスを持っていたり、タケシゴローニャを持っていたりする)。
オーキド博士の立ち位置が違う
マサラ出身のポケモン研究者という設定は変わっていないが、各地を回ってポケモンの研究を行うなど行動的な人物として描かれ、外見も多少若くなったりしている。サトシポケモンを管理しているかは不明。
カスミ髪の色、体が違う
当初、カスミ髪色に設定されていたが、2巻の中盤以降、アニメ版と同じオレンジ色)色に変更された。
更に、オレンジ諸島編以降は髪型が変わり、装は毎回変わるようになった(中にはメイド服まであった)。
に関しても、年齢相応とは言い難い巨乳を誇っていたが、髪の色の変更と同時に貧乳化する。(涙)
この変化について作者は第二巻単行本裏で「大人の事情」とっており、
前述のコピー本中では「実はの都合だったのだ」とっているが、実際は第六話でやり過ぎたからに違いない
随所のストーリー展開が違う
結果はアニメと同じパターンになるも、そこまでの過程が大きく異なる話が多々ある。

主なキャラクター


アニメ版と異なる点を挙げる。


次へ»
最終更新日: 15/01/27 03:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ