ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


電撃小説大賞


ヨミ: デンゲキショウセツタイショウ
掲示板をミル!
25カキコ!

電撃小説大賞とは、アスキー・メディアワークス催するライトノベル募新人賞。


概要


電撃文庫の創刊とともに、1994年から開始した新人賞。
当初は「電撃ゲーム小説大賞」という名称で、「電撃ゲーム3大賞」の1部門という扱いだった。ちなみに他の2部門は「電撃ゲームイラスト大賞」、「電撃ゲームデザイン大賞」(第3回からは「電撃ゲームデザイン大賞」から「電撃ゲームコミック大賞」に変更された)。
2004年の第11回から「ゲーム」が取れた現在の名称に称。コミック部門が第12回から「電撃コミックグランプリ」として独立したため、現在は「電撃イラスト大賞」とあわせて「電撃大賞」と呼ばれている。

第1回から長編だけでなく短編も同時に受け付けているのが特徴で、短編が何らかの賞を受賞することもある。
一時は応募総数が6000え、現在4000~5000と、内のライトノベル新人賞では最大の応募総数を誇る。

賞の区分は「大賞」「賞」「賞」「選考委員奨励賞」のほか、第15回から始まった電撃文庫MAGAZINE掲載を想定した短編向けの「電撃文庫MAGAZINE賞」と、第16回から始まったメディアワークス文庫向けの作品を選出する「メディアワークス文庫賞」とがあり、全部合わせると毎回8作品ほど受賞作が出る。

現在(第26回)の選考委員は三雲岳斗作家)、三上延(作家)、吉野弘幸アニメ脚本家)、康幸(映像プロデューサー)、湯浅明(電撃文庫編集長)、高林初(メディアワークス文庫編集長)。

初期こそ賞あたりを受賞しても出版されない作品があったが、出版予定のなかった第5回選考委員特別賞受賞作の志村一矢『月と貴女に花束を』が電撃hp掲載から好評を博してヒット作になり、続いて第6回最終選考で落選した時雨沢恵一キノの旅』が大ヒットした。
こうした経緯から、受賞せずにデビューした作家も多数おり、前述の時雨沢のほか、鷹見一幸甲田学人藤原入間人間などが最終選考で落選しながらもデビューしている。

さらに最終選考に残らなくても編集者に留まれば応募作の稿や別作品の書き下ろしでデビューすることもあり、『ビブリア古書堂の事件手帖』の三上延、『護くんに女神祝福を!』の岩田洋季、『しにがみのバラッド』のハセガワイスケ、『とある魔術の禁書目録』の鎌池和馬、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の伏見つかさ、『さくら荘のペットな彼女』の鴨志田一などがそれにあたる。
このため受賞者と合わせると毎年10数人以上がデビューするということになっており、賞の規模に例してデビュー者が非常に多くなっている。

ちなみにラジオ番組「電撃大賞」はそもそもはこの賞の広報のために始まった番組である。

なお受賞作が出版される際、同じ回の「電撃イラスト大賞」で賞を取ったイラストレーターが挿絵担当となり、新人同士でタッグを組んでのデビューとなる例がある。最初の例は第5回で、賞『学園武芸帳』にイラスト賞大賞の小笠原記が、選考委員特別賞『月と貴女に花束を』にイラスト賞の椎名優が起用された。以後第9回、第14~16回、第20回でも同様の事例がある。


大百科に記事のある受賞作家・受賞作



関連商品


■az4840205663
■az407306035X
■az4840205574
■az4840208042
■az4840214174
■az4840217408
■az4840217416
■az4840220271
■az4840222789
■az4840226016
■az4840233020
■az4840237158
■az4048675176
■az4048675206
■az404870270X
■az4048863436


関連項目



最終更新日: 20/01/23 04:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ