ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


霍青娥


ヨミ: カクセイガ
掲示板をミル!
916カキコ!

霍青娥(かく せいが)とは、上海アリス幻樂団制作弾幕STG東方Project」の登場キャラクターである。

東方Projectの登場キャラクター


概要


通称:青娥 娘々(せいが にゃんにゃん
種族:邪仙
二つ名:抜けの邪仙/理非な仙人

をすり抜けられる程度の能力
登場作品:『東方神霊廟』4面ボス、『弾幕アマノジャク』4日ボス
テーマ曲:古きユアンシェン
人間友好度:極高(人間好き)
危険度:高
な活動場所 人間の里など

中国から来た邪仙。「娘々にゃんにゃん)」とは、道教女神の呼び名である。
宮古芳香の操りであり、彼女キョンシーにした本人であると思われる。芳香のことを腐っててかわいいと言い切る。
戦闘時には芳香が青娥のオプションとして戦闘に加わる。個別に体がある上に倒しても復活する芳香全に肉壁扱いであるが、芳香が倒されると弾幕攻撃を放り出してせっせと修復する姿も見られる。
錬丹で鍛えた頑強な体を持ち、様々な妖術を操る。千年以上生きている、仙人の中でも数少ない者の一人である。何故ならその位生きた仙人はほとんどの場合、人や霊といったより位の高い種族になっているからである。彼女は邪な性格の所為で人になれずにいるが、それを苦とも思っていないようである。

豊聡耳神子道教布教した本人であり、彼女達に表向きには仏教を用いて民衆を支配し、権者たちは道教人的なをつけるという策を提案した、いわば神霊廟異変の黒幕である。しかし別に何か野望とか悪意を持ってやっているわけではなく、純を持つものに惹かれ、惚れ込み易いだけらしい。神子に近づいて道教を伝えたのもそのためだという。
あるEDでは霊夢に惚れ込んで子入りしようとしていた。彼女く、霊夢(お札、陰陽玉、霊界トランス)はそのものらしい。それ以降も霊夢への興味は尽きていないらしく、水鬼鬼神長の襲撃後に現れた際もひっつこうとした。

青娥という名前はは若い、躍動感があるという意味を、娥は見た美しいという意味を持つ。また、類義でも美を表す言葉が多い他に「妖」、「傾」、「傾」という言葉がある。

また今作品中に彼女の姿がそこかしこに散見される。普通に進めて終わらせると神子関連のものとなるが、別の終わり方をすると彼女が出てくるか、彼女の影を感じさせる終わり方となっている。他にも神霊廟パッケージを開けると表は神子だがCDはめ込み口右下には「あらあら手に取ってしまったのですね」と彼女の口調のメッセージが書かれている(左の方もよく見ると顔らしきものが)ED曲も彼女ステージ中曲のアレンジデザイアドリーム」であり色々な所で姿を見せている。

東方三月精第二部三巻においても付属CDに「古きユアンシェン」が、秘封倶楽部においても『鳥船遺跡 ~ Trojan Green Asteroid』で『デザイアドライブ』が、『伊弉諾物質 ~ Neo-traditionalism of Japan』でもZUN氏に操られてるから彼女セットと言われた宮古芳香中曲『素敵な墓場で暮しましょ』が出ている。彼女の口授のキャラ紹介の順においても彼女が最後でられているなど非常に意味深な終わり方をしている。


性格


邪な考えで行動する仙人で、自分の利に繋がる事ならば周りの人間などどうなってもいい、と考えている。善悪という概念に頓着することなく、純に楽しいことや自分のになることだけをめている。豊聡耳神子物部布都と共に現れたがどうやら仲間意識は低いようである。
阿求による分析では人間友好度が「極高」に対して危険度が「高」。自分の興味の赴くまま、才のある人間に入れ込むことも多いが、大切に思っているようではい様で飽きると執着を見せずに去っていく。幻想郷には魅的な人物が多いのか、人間妖怪問わず気に入ると取り入ろうとするらしく、毎日あちこちフラフラと遊び歩いている様子である。幻想郷のあちこちでいつか滅ぼされるんじゃないかというほどの迷惑騒動を起こしており(聖白蓮談)、その行動に悪意いものの非常に迷惑な仙人である。興味を持たれても関わると振りまわされる事も多いらしく、視して飽きさせて去らせるのが一番だそうである。

原作者のZUN氏も彼女について、「割とでも気に入った人についていくんですけど、そんなに恩義を感じる人間じゃないんですよ。自分の家族ですらすぐ裏切るって設定的になってるから。でも別に野心や悪意とかがあるわけでもなくて、単にそういう性格だと。人気者兼嫌われ者みたいな。でもちょっとリアリティ のあるお調子者な『いい性格』をした人間でお調子者というより調子いいというか、利用しようとかそういうわけではなくて、単純にそれが当たり前になっている。中国の仙人は私利私欲のために術を使い、私利私欲のために学ぶ。それで良しとされている」と話している。

非常に陽気な性格で常ににこやかで普通に話していても邪仙という感じはしない。現に彼女に会った茨木華扇彼女に邪悪というものを感じる事が出来なかった(小野塚小町の話を聞いて寿命えて生きる事が悪と感じ、悪の定義を間違えて捉えた可性もあるが)物怖じせず相手に関わり、非常に邪気といった感じ。

彼女は様々な騒動を引き起こすが悪意はないらしく霊夢の所に来た時も何か企んでいるのかと言えばそうではなく純に強い人間に惹かれる癖があるだけで1400年前に神子道教を伝えたのも同様のケースであるという。

神子彼女の事を「私にタオ)を教えてくれた師匠のような人で、宇宙の真理、邪心を抱く者が利用すれば邪に、善心を抱く者なら善になる事をその身を以て自分に教えてくれた」と彼女の事を評している。


能力


をすり抜けられる程度の能力

彼女がかんざし代わりにに刺している物が、抜けの(のみ)である。このはどんなでも時にけることが出来る代物で、しかもいたはわずかな時間で跡形もなく元に戻るという。これを使いこなす彼女の往来には、障いに等しい。自身の簪による抜けと、わずかな隙間から限の広がりを持てるどこにでも行ける仙界からのワープ神子く、間を作るは仙術を少し学べば出来るらしい)で人河童アジトに侵入する事もやっているが、彼女は物に執着しない性格で盗みなどはしない。また非常に陽気でからYEAH!と現れたりする。
もっとも、阿求によると抜けられるとそうでないものが存在しているらしく、固いものほど抜けされやすいようだ。
ZUN氏は「通り抜けフープみたいに頭についているで一応をあけて抜ける。それが何の意味があるかって言われたら特にないんですけど。それができるだけでもみんな驚いてくれる」と話しており彼女にとってはすごいと思われる以外大した意味はないようである。高圧のや地面もとみなしてを開けることができる。

戦闘では役に立たないが、ぬりかべにはクリティカルらしい。

仙人としての

彼女抜けで満足して他の仙術の修行は熱心ではない様である。しかし、異仏教をしっかり理解していたり、本調子でなかったとはいえ豊聡耳神子を打ち負かした霊夢を学びに行った事から、向上心自体は旺盛であると思われる。また、ちょくちょく来る地獄からの使者からの襲撃に最低でも十四回以上対抗できている事(これだけでも大変恐ろしい事らしい)、連が彼女から非常に、非常に強い邪気を感じると発言した事、「東方神霊廟本編において「生身で私と戦えるなんてすごいわ」と発言している事、後述のように自前の錬丹で強な身体や明晰な頭を持っているなど、かなりのを持っているようである。
テーマ曲『古きユアンシェン』においても「邪仙です。色んな術を使う手品師みたいなもんです。そんな処から怪しくて何が飛び出すのか判らない様な曲にしました。」と抜けやキョンシーを操る以外にも様々な妖術を習得している事が示唆されており、彼女の全容は知れない。


来歴 


元々は古代中国の、士に憧れた人間
幼い頃、道教にはまり彼女を置いて山に篭もってしまったが残した本から、士への憧れを持つようになった。
その後、成長した青娥は名である霍入りしたものの士への夢を捨てきれず、自分の死を偽装し霍から逃げ出した。そう、憧れの仙人の世界に行く為に。

その後青娥は仙人としてある程度のを身に付けていたが、彼女には認められず邪仙となってしまった。自分の的の為なら家族を欺くことも厭わず、人前では憚られる様な事も行う。そんな性格が良くなかったようである。
彼女道教を広めるというていで、自分のを見せびらかす事が趣味だった。しかし、当時の中国では彼女と同じくらいのを持つ士や仙人はしくなかった。そこで、仙人の居ないに行こうと思い、日本にやってきたのである。

当時の日本大陸から伝わったばかりの仏教と、日本古来の神道覇権を争っていた。彼女はその中で一番徳が高いと思われる豊聡耳神子に取り入り、今回の騒動の火種となったようだ。

彼女は4面のボスではあったが、ZUN氏は「芳香かが使っているという事なのでそれのかを出さないといけない。それはラスボスでも5面ボスでもよかったのだけどい方がいいかな」とっている。


仙人となって旅立った後と1400年前以降の彼女の経歴


豊聡耳神子達は架説が唱えられたことにより霊ごと幻想郷に移動してきたのであるが彼女はどうやって入ってきたのかは不明。
宮古芳香は異変の2年前から情報があり(文々。新聞 第二十四季 葉月の三)、また同じく(文々。新聞 第二十六季 師走の四)では幻想郷クリスマスブームについての記事でサンタコスプレをした彼女の記事が掲載されている。抜けを使い人に侵入してサンタ真似事をしてる彼女射命丸文インタビューした所「外の世界ではね、び込んでおもちゃを配るのよ。そうやって子供達の信仰を集めるみたいなの」と答えている。

この発言から彼女外の世界からつい最近入り込んできた可性が高く、1400年の間彼女がどこで何をしていたかは不明。なお、彼女はこのサンタの行事では飽き足らないらしく「のお爺さんの信仰なんて要らないし、そもそも幻想郷には(サンタクロースが)居るかどうかわからないでしょ?だったらおもちゃを売りつけるのも難しいじゃない。だから私はに直接おもちゃを売りつけるか、寝てたら何かの物を持って行く事にしたわ」と文に財宝がぎっしり詰まった袋を見せている。文はこれを「商売で、人間と仙人の年末商戦の攻防」だと考えている。

小野塚小町彼女を最近地底から出てきた厄介なかなり邪悪な仙人っていたが先述のクリスマスや今の形の名刺の習慣(青娥 娘々ローマ字イラストも併せて書かれた現代の形の名刺。なお名刺の起中国らしい)など外の世界にいたと思わしき描写もあり、彼女1400年前以降の経歴はのままである。

また仙人は後述するが鍛え続けなければ生きられない種族で経歴も1400年前は本場のでは並みと言われていたがあれから1400年以上経っているため彼女現在は不明(性格の問題さえクリアできれば人になれる)な事や宮古芳香とどう出会い今の関係となったのか、を出てその後どういう経緯を辿り邪仙となってしまったかなど経歴は空白だらけで非常にが多い女性である。


トラブルメーカーとしての彼女


彼女は自分の欲望の赴くまま生きており、のある人間、気に入った人間や対処できる自信でもあるのか仙人にもかかわらず妖怪にも気で取り入ろうとするらしく、その過程で幻想郷でもあちこちで様々な相手を振り回し、騒ぎを起こしているとの事。

彼女の自覚、自覚に関わらず取った行動が相手を乗せたり、騒動の起点となる事が多い。相手を乗せるのもうまく、魔理沙彼女から道教の最終標は不老不死と聞き、一時道教にはまった(やってたのは流の気功体操だが)他にも早苗神子の圧倒的なカリスマにあてられたのと自身の信仰模索もあるが「宗すれば良い仙人になれる」と誘ったのも彼女である(その時は断ったが結局一時宗した)妖夢彼女から仙人みたいな存在と言われた事から始まり立て続けに勘違いされ、最後には自分を仙人と勘違いしてしまった。

現に水鬼鬼神長彼女への襲撃の攻撃で河童達が一時住処のに入れず、帰れなくなり河童達が山に行き、山童と化して、少ないを争うサバイバルゲームに触発されたマミ人間被害をもたらすなど彼女が起点になって騒動が拡大している。

しかし結果的に仏教が広まるなどトリックスターとしての役割も持っているようである。今回の異変は最後まで彼女が元であるとは知らずに幕を閉じるというしいケースとなる。


仙人とは


修行を積み人的なを得た人間。歳は歳から数千歳で長寿だが不老不死ではない。欲は少ないが全に欲を捨ててはいない。必要最低限の食事しか取らず、一日数個の木の実をかじるだけで生活でき、五歳をえると食事はど不要でを食べて暮らす。妖怪に匹敵するを持ち、様々な妖術を操る。退治屋がなる場合も多い。自前の丹を用する仙人も多く、一見脆く見える老体でも鋼より硬い頑強な体である。仙人は修行を積んで、不老不死を得て生きたまま界に行くか、成仏して界に行くと人になれる。しかし、人になるまでの間、心の弱い者や怠け者や弱者が生存を許されない過酷な環境に置かれることになる。そんな種族を選ぶような人は概して変人が多いという。


次へ»
最終更新日: 16/04/29 19:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ