ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


霞の谷


ヨミ: ミストバレー
掲示板をミル!
54カキコ!

霞の谷(ミスト・バレー)とは、遊戯王OCGカードモンスター群である。


概要


名前の中に「霞の谷(ミストバレー)」がついており、その名の示す通り全てのモンスターが霞の谷と呼ばれる場所に住みついている。ちなみにここには後に現れる種族「ドラグニティ」も住み着いている設定である。
モンスターの効果は「バウンス」と呼ばれるフィールドから手札にカードを戻す効果に関連したが多い。
種族はが多く、全てが属性である。

この種族は一言で表すと、不遇である。

まず関連するカードの枚数が2008年発売のカードなのに11枚しか存在しない。
同じ場所に住んで、後に発売された伝説竜騎士ドラグニティ」に関連するカード23枚であり、すでに負けている。2010年8月上旬に登場したミストバレー湿地帯に住みつく「ガスタ」もすでに24枚(2014年現在)である。
もちろん、もっと少ない枚数のモンスター群もあるのでそれだけでは不遇とは言えない。
もう一つの問題はシナジーが薄いのである。なんと「霞の谷(ミストバレー)」でなければならないカードは三枚だけである。一応はそのうち二枚はキーカードにできる強さはあるのだが。
そして全てのカードが「属性」ではあるが、「族」ではないのも欠点(三枚が族、一枚が魔法使い族)、おかげで「ゴッドバードアタック」が使いにくい。
なら「属性デッキをと考える方もいるだろうが……。

正直、属性は他の属性べて統一する旨味が少ない。(その代わり、属性と関連性の深いダークモンスターが、アロマコントールデッキ忍者デッキなどで活躍している。)

 

色々と書いたが、これから先に「ドラグニティ」や「ガスタ」ではなく「霞の谷(ミスト・バレー)」がプッシュされる時が来るかもしれない。すべてはコナミ次第である。

などと言っていたら属性専用カード「霞の谷の」が登場した。説明は下でするが、色々と悪だくみが出来そうなカードである。属性のこれからに期待。
などと言っていたら本当に悪だくみ(先行1キル)に利用され、制限定される事になってしまった。
やはり属性の不遇は続くようである。

新規ハーピィペンデュラム等の影で、稀に大会で暴れることがある為、間接強化されるのを待つのが吉か。


霞の谷(ミスト・バレー)紹介


以下、遊戯王wikiより。

2008年3月中旬より稼働 DUEL TERMINAL-シンクロ覚醒!!-

霞の谷の祈祷師/Mist Valley Shaman
チューナー・効果モンスター/ 3/属性/族/攻1200/守1200
自分フィールド上のこのカード以外のモンスター1体を手札に戻す事で、
このカードの攻撃エンドフェイズ時まで500ポイントアップする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

バウンス系全てに言えるが、例えば「魔導戦士レイカー」のを使用しなおすなどの使い方がある。
このモンスターの見たがヤバいと思った人は、心が汚れている。

霞の谷の戦士/Mist Valley Soldier
チューナー・効果モンスター/ 4/属性/族/攻1700/守 300
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードとの戦闘で破壊されなかった相手モンスターは、ダメージステップ終了時に持ちの手札に戻る。

4のチューナーであることが強み、も悪くはない。

霞の谷の雷鳥/Mist Valley Thunderbird
効果モンスター/ 3/属性/族/攻1100/守 700
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが手札に戻った時、このカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功したターン、このカードは攻撃を行う事ができない。

コンボに使用できる効果を持つ。族なのが悔やまれる。

2008年3月中旬より稼働。 DUEL TERMINAL-シンクロ覚醒!!-

霞の谷の見り番/Mist Valley Watcher
通常モンスター/ 4/属性/魔法使い族/攻1500/守1900
霞の谷を代々見り続ける、見り番一族の末裔。で起こる出来事は、どんな細な事も見逃さない。

リクルーターで連れてこれる。霞の谷以外での使いは考えにくい。「レスキューラビット」で特殊召喚できる高守備モンスターと割り切って使うのもアリか。

霞の谷の使い/Mist Valley Windmaster
チューナー・効果モンスター/ 2/属性/族/攻 400/守 800
お互いの手札が5枚以上の場合に発動する事ができる。
お互いのプレイヤーは手札が4枚になるように手札を墓地に送る。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

チューナー。効果は使いにくいの一言。

ミストコンドル/Mist Condor
効果モンスター/ 4/属性/族/攻1400/守 400
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在する「ミスト・バレー」と名のついたモンスター1体を手札に戻し、手札から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚したこのカードの攻撃1700になる。

名前に「ミスト・バレー」が入っていないので注意。
ついに現れた「ミスト・バレー」関連の効果。これのために構築するはいない。

2008年9月下旬より稼働。 DUEL TERMINAL-反撃のジャスティス!!-

霞の谷の幼怪鳥/Mist Vallay Baby Roc
チューナー・効果モンスター/ 2/属性/族/攻 400/守 600
このカードが手札から墓地に送られた時、このカードを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

チューナー、手札コストとして使えそうで使いにくい「~する事ができる」。ルールを覚えておこう。

霞の谷の執行者/Mist Vallay Executor
効果モンスター/ 5/属性/族/攻2100/守1600
このカードが召喚に成功した時、フィールド上に表側表示で存在する魔法カードを全て持ちの手札に戻す。

セットが基本なので使いにくい。そしてなぜ族なんだ。

2008年12月上旬より稼働。 DUEL TERMINAL-魔轟神復活!!-

霞の谷のファルコン/Mist Valley Falcon
効果モンスター/ 4/属性/族/攻2000/守1200
このカードは、自分フィールド上に存在するカード1枚を手札に戻さなければ攻撃宣言をする事ができない。

メリットにもなりうるデメリットを持った、4の2000アタッカー。「ミスト・バレー」以外でも十分に使える。
使うカードの種類を選ばないため、「ビッグバンシュート」を用いた除外や「デモンズ・チェーン」の再利用など、さまざまな用途がある。

霞の谷の巨/Mist Valley Apex Avian
効果モンスター/ 7/属性/族/攻2700/守2000
魔法・効果モンスターの効果が発動した時に発動する事ができる。
自分フィールド上に表側表示で存在する「ミスト・バレー」と名のついたカード1枚を手札に戻し、その発動を効にし破壊する。

効果すら防ぐ、強を持った最上モンスター。問題は使える「ミスト・バレー」が余り多くない事だが、場合によっては自身を戻して使う事もできる。
ペンデュラム召喚の登場によって手札に戻ってもすぐに場に戻る事が可になり、鬼畜度が増した。
3体並んだ時はまさに地獄絵図

霞の谷の雷神/Mist Valley Thunder Lord
シンクロ・効果モンスター/ 7/属性/族/攻2600/守2400
チューナーチューナー以外の「ミスト・バレー」と名のついたモンスター1体以上
ターンに1度、自分フィールド上に存在するカード1枚を手札に戻し、このカードの攻撃エンドフェイズ時まで500ポイントアップする事ができる。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

「ミスト・バレー」のシンクロモンスター。そのセルバウンス効果で様々なカードを再利用できる。
相手ターンに使えるというのも強で、ミスト・バレーで固める大きな意義の1つと言っていい。

2010年11月13日発売。 STORM OF RAGNAROK

霞の谷の
フィールド魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する属性モンスターが手札に戻った場合、自分のデッキからレベル4以下の属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

属性専用のリクルートカード。様々なバウンス系のカードと組み合わせる事で様々なコンボを展開できる。
また、このカードの効果は1ターンに1度だけだが、「霞の谷のファルコン」などの効果でこのカード自体を手札に戻して貼り直す事で、新たに使用できる。
属性メインなら十分に活用できる効果であり、もちろん霞の谷にメイン投入を考えていいだろう。色々と使いようがありそうなカードである。

が、後に「A・ジェネクスバードマン」「ハーピィダンサー」「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」等をパーツとし、1ターンで「重爆撃ボムフェネクス」を3体呼び出し、大火力バーンで先行1キルを可とするコンボが生み出されてしまった。
それも成功確率それなりに高かったため、それを潰す形でバードマンは制限に押し込まれる事に。
(おまけに、バードマンなどが制限に押し込まれてから数年後にフェアリードラゴンが禁止化。)
言うまでもないが最大の被害者はミスト・バレーである。

2011年11月19日発売。 ORDER OF CHAOS

霞の谷の祭壇
フィールド魔法
属性モンスターカードの効果によって破壊され自分の墓地へ送られた時、 自分の手札・デッキから属性レベル3以下のモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は効化される。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。

属性専用のリクルートカード。効果によって破壊された場合にリクルートできる。
霞の谷とは余りシナジーがく、同じフィールド魔法ならの方がいい。絵もなぜか「ガスタ巫女 ウィンダ」である。
効果もどちらかと言うとガスタ向けである。

おまけ

霞の谷(かすみのたに)の大怪鳥/Roc from the Valley of Haze
効果モンスター/ 6/属性/族/攻2400/守1400
このカードが手札から墓地に送られた時、このカードデッキに加えてシャッフルする。

ミスト・バレーより4年はやい2004年8月5日発売 "RISE OF DESTINY"のカード
霞の谷(かすみのたに)と呼ぶのであって霞の谷(ミスト・バレー)とは関係ない。効果も影しないし、シナジーもない。
ただ、このカードがあったからこそミスト・バレーが生まれたと考えていいだろう。

 


関連動画



■sm15936279[ニコ動]


関連静画


■im4271444(静画)
■im3168001(静画)


関連項目



最終更新日: 19/07/12 18:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ