ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


青函連絡船


ヨミ: セイカンレンラクセン
掲示板をミル!
3カキコ!

青函連絡船とは、かつて国鉄JR北海道青森駅函館駅間を運航していた鉄道連絡船である。

航路上の名称は「青函航路」。


基本データ



概要


1908年(明治41年)3月7日1988年昭和63年9月18日に運航された。

もともと、日本鉄道が計画し、船を発注していたのだが、その後日本鉄道有化されたため、営の航路となる。
当初は客の乗降にはしけ船を使用していたが、函館側は1910年(明治43年)に、青森側は1923年(大正12年)にボーディンブリッジを使用した直接乗降に変更された。

1925年(大正14年)に、貨車輸送を本格的に開始(それ以前に1914年(大正3年)から限定的に取り扱っていた)。

1945年昭和20年)、3月に第五丸が青森港で防波に衝突して沈没、82名が死亡(これが青函連絡船初の事故)、7月襲により、全連絡船12隻が被害を受け、352名が死亡する事態に。

1946年昭和21年)、連合軍専用列車上野駅函館駅で運行した際に、客をそのまま連絡船に積み込んで運航。これが初の客航走である。後に1950年昭和25年)、一等寝台車に限って、日本人用の客もそのまま積み込むようになる。

1954年昭和29年9月26日洞爺丸台風による暴風雨で、5隻が転覆・沈没し、1430人が死亡する大事故となった。これが国鉄戦後五大事故の1つである洞爺丸事故である。客航走は、事故が発生した際に逃げることがかなり難しいため中止となった(高航路(高連絡船)での紫雲事故も理由である)。皮にもこの事故が、青函トンネルの構想を具体化させることになる。

1964年昭和39年7月函館で乗客が転落死する事故が発生したため、「別れのテープ」の使用が禁止。
9月17日東京オリンピック火を輸送。船舶上で、北海道のランナーから青森県ライナーに引き継いだ。

1967年昭和42年)、自動車輸送を開始。当初は6台であったが、後に12台まで積むようになった。しかし、露される状態であったため、後年洗を行うようになった。また、貨物専用船でも自動車輸送を行うようになった。(自転車などの輸送が始まるのは、1984年昭和59年)である。)

1970年代前半、この頃には最盛期を迎えており、青森駅函館駅では列車到着時にプラットホームや跨線が乗客でごった返す状態になり、積み残しまで発生した。しかし、1974年昭和49年)以降、航空機の利用の増加、国鉄の利用者減少により、利用者数が年々減少するようになった。

末期になると、貨物専用船として使用していた船舶を客輸送が出来るように改造したものも見受けられるようになるが、グリーン船室、寝台、食堂を設置していなかったため、運用は限られていた。

1987年昭和62年)、国鉄分割・民営化に従い、JR北海道に継承。船籍も東京から函館に変更された。

1988年昭和63年)、止間近となった3月1日に「別れのテープ」の使用を解禁。3月13日海峡線の開業に従い、青函連絡船の運航を終了。この日は海峡線も青函連絡船も営業していたため、「青森函館青森」といった、乗車券を購入することもできた。
しかし、青函トンネル開通記念博覧会の開催に従い、6月3日から2往復で復活運航。期間中は通常では立ち入りが出来なかった、操室や甲開された。9月18日に最終運航となり、青函連絡船の歴史は幕を閉じた。

2015年現在青函フェリー津軽海峡フェリーの2社が青森函館の間のフェリーを運航している。


観光施設


現在は、以下の船舶が観光施設として開されている。


関連動画



■sm6902796[ニコ動]

■sm8660446[ニコ動]
■sm10738036[ニコ動]
■sm9530556[ニコ動]
■sm2314916[ニコ動]
■sm7406608[ニコ動]


関連商品


■azB004UDLX2C
■azB004UDLCDW


関連項目



最終更新日: 19/09/01 21:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ