ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


青眼の木龍


ヨミ: ブルーアイズスタチュードラゴン
掲示板をミル!
35カキコ!

青眼の木龍とは、青眼の白龍」のパチモンアニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場する木像兼カードである。現在OCGには未登場。


概要


ばあちゃんからお使いを頼まれた遊馬たちが訪れた、決闘デュエルあん)の数多くの木像の中の1体として登場。眼以外にもブラック・マジシャンE・HERO ネオスなど、歴代の遊戯王で登場したモンスターたちの木像があった。
決闘、六十郎によれば、決闘から子が立つたびに1体ずつ彫っているものらしい。

その後、遊馬と六十郎の木製のカードを用いたデュエルでは、最初から遊馬の場には「スタチューブラック・マジシャン」と「スタチューブラック・マジシャン・ガール」が、六十郎の場には「青眼の木龍」と「真紅眼の木」が存在する状態でデュエルスタート
遊馬フィールド魔法「B2ゾーン」を発動したことでスタチューモンスターの封印が解かれ、動き出す。「スタチューブラック・マジシャン」によって「真紅眼の木」を破壊された。
だが、六十郎が

「これからが本当のデュエルじゃよ。」

といった途端、遊馬の精が「スタチューブラック・マジシャン」に移り、遊馬体は木像になるという超展開。だが、これくらいの超展開には慣れているからか、視聴者としてはあまり驚くこともかった。それが遊戯王である。

六十郎は「融合」によって場と手札の「青眼の木龍」3体を融合、「眼の究極木」を融合召喚して「スタチューブラック・マジシャン・ガール」を攻撃、さらに「融合解除」で3体の「青眼の木龍」を呼び戻し、連続攻撃で後攻1ターンキルを決めた。
さすがにモンスターと共に遊馬も死にましたとはならず、遊馬は元に戻った。

これにより、モンスターたちの感じる恐怖を知った遊馬の心に変化があったようで、熱心にモンスターたちの木像を磨いていた。


スタチューモンスターたちは普段は木像の姿であるために攻守が0で攻撃もできないという設定になっており、「B2ゾーン」のもとでのみを発揮できる。基本的にスタチューモンスターは元となったモンスターと同じなのだが、その効果があるため、元々通常モンスターであったモンスターも効果モンスターとなっている。また、木像であるためか、属性は地属性に、種族は天使族に変更されている。
攻撃名は元となったモンスターに準じている。

「青眼の木龍」と「B2ゾーン」のテキストは以下の通り。

青眼の木龍
効果モンスター
8/地属性/天使族/ATK 3000/DEF 2500
フィールド上に「B2ゾーン」が存在しない場合、
手札のこのカードを攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
フィールド上に存在するこのカードの攻撃・守備は0となり、
攻撃する事はできない。

B2ゾーン
フィールド魔法
フィールド上に存在する「スタチュー」と名のついたモンスターの効果を効にする。

「青眼の木龍」は、実質制限なしで手軽に特殊召喚できるのでシンクロエクシーズ、「神獣王バルバロス」や「可変機 ガンナー・ドラゴン」のような「スキルドレイン」とのコンボなど、様々なコンボが考えられ、仮にOCGに存在したら「B2ゾーン」とは全く関係ないところで使用されることになりそうである。

ちなみに、「B2ゾーン」は「ぶつゾーン」と読む。言うまでもく、元ネタ像だろう。

アニメ5D'sでは「古代の機械石像」(アンティーク・ギア・スタチュー)なるモンスターが存在するが、こちらのスタチューモンスターとは関連はない。ただし、ルール上は「スタチュー」と名のついたモンスターなので、「B2ゾーン」の効果を受けることになる。OCGの「ガーディアン・スタチュー」なども同様。

ちなみに、決闘の木像として置かれていたモンスターは、上記デュエルで登場したものを除き、確認できる限り以下の通り。

「機甲忍者ブレードハート」を除き、全てアニメDM、GXで活躍したモンスターたちである。5D'sモンスターが1体もいないのは単なる偶然か、何か理由があるのか。


関連動画


青眼の木龍に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


 ■azB000TX7RSG
■azB0040GKBQS
■az4817050519


関連コミュニティ


青眼の木龍に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 11/07/19 19:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ