ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


青眼の白龍


ヨミ: ブルーアイズホワイトドラゴン
掲示板をミル!
511カキコ!

越後屋の駄菓子さんのスレ>>934

青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)とは、

  1. 高橋和希漫画遊☆戯☆王」、およびその生作品(アニメ)に登場するモンスターカード高橋和希氏が本作品で初めてデザインしたドラゴンであり、劇中では海馬瀬人カードとして登場する。
    詳しくは「社長の嫁」の記事を参照。
  2. 上記を基にした遊戯王OCGモンスターカード。本稿で解説。

カードの概要

青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)

通常モンスター
8 / 属性 / ドラゴン族 / 3000 / 守2500
高い攻撃を誇る伝説ドラゴン
どんな相手でも粉砕する、その破壊は計り知れない。

1999年3月18日発売のSTARTER BOXで登場した古参カード遊戯王OCGを代表するカードの一枚である。
攻撃名は「滅びの爆裂疾風弾(ほろびのバーストストリーム)」。

生け贄召喚(現:アドバンス召喚)が制定されていなかった頃は、あらゆるデッキエースモンスターとなる最強カードであった。しかし生け贄召喚ルールが適用されてからは使いづらくなり、弱体化した。
もっとも、現在では多くのサポートカードが登場しているので、する気持ちさえあればエースとして使用することも十分に可である。

遊戯王初の、元々の攻撃3000のモンスターその攻撃公式戦で使用可通常モンスターの中で単独トップである。
このカードの「/ドラゴン/攻撃3000/レベル8」というステータスは後続のモンスターに大きな影を与えており、特に「攻撃3000」はモンスターカードの強さの基準となっている。例として、アニメシリーズの最初のデュエルでは相手は攻撃3000となったモンスターを使うという法則がある。

対をなすモンスター真紅眼の黒竜」はカテゴリー化されているのに対し、「青眼の白龍」というカテゴリーは存在しない。その反面「青眼の白龍」を定するカードが豊富に存在するので、デッキからのサーチや手札・墓地からの特殊召喚はこちらの方が容易である。

単体ではそれほど強くないが、生形態が多く融合シンクロエクシーズ素材としては優秀なポテンシャルを持つ「真紅眼の黒竜」に対して、生形態は少なめだが単体でも強で簡単にフィールド上に出せる「青眼の白龍」。両者の原作での立ち位置と似ていて興味深い。

2013年6月15日には、青眼の白龍をキーカードとした「ストラクチャーデッキ-青眼龍轟臨-」が発売された(詳しくは個別記事を参照)。
そのテレビCMには海馬が駆けつけ、直々にハイテンションな営業をしていった。

関連商品

イラストの種類が多いモンスターである。
これ↓が初期バージョンであり、海馬が使用するのもこのイラストのものである。

■azB000TX7RSG

■azB001CBH428
■azB003FG63NO
■azB001VRKJJI
■azB00CW6EK60

■azB000HTYSFM
■azB00BLBUDR2
■azB0040GKBQS
■azB00D0NODOI

関連動画


■1406254067[ニコ動]

■sm2685369[ニコ動]
■sm3197851[ニコ動]
■sm4971299[ニコ動]

関連静画

■im1198901(静画)
■im1220035(静画)
■im1208114(静画)
■im1693746(静画)

関連項目

外部リンク


最終更新日: 17/07/19 22:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ