ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


靖国神社


ヨミ: ヤスクニジンジャ
掲示板をミル!
2053カキコ!

靖国神社(やすくにじんじゃ)とは、東京都千代田区九段北にある神社江戸時代末期から明治に掛けて起こった事件や内戦、明治から昭和に掛けて起こった事件や対外戦争いて日本国の為に戦った軍人・兵士民間人などを「護の英霊246万6千余柱」たる祭としてっている。 祭形式などは他の神社と基本的に同じだが、神社本庁には属さない。


[画像を見る]概要


1869年(明治2年)に東京招魂社として設立され陸軍(一時期は内務も含む)によって管轄された。

歴史上に名を残すような祭った神社は1柱、もしくは複数でも序列を決めるのが一般的であるが、創建当初の複雑な事情から多岐多数にわたる祭等の格でり、尚且つ祭が膨大に増える可性がある特殊な方式の神社になっている。

1946年(昭和21年)から、政教分離に伴いの手を離れ、宗教法人「靖国神社」となった。
年間予算は約20億円。収入は戦没者遺族・戦友団体の奉納、奉賛会など各方面からの寄付、附属する遊就館(後述)の入館料など。

宗教法人「靖国神社」の思想(歴史観)はさまざまな議論を呼び、日本首相が祭追悼するために参拝しようとするだけでも韓国中国北朝鮮の三抗議明を発表するなど問題が起こっている。この国家間の外交レベルでの抗議明以外にも「池庭園の池に放尿事件」や「神門への放火未遂事件」、「靖国爆弾事件」等の個人による犯罪問題も発生している。また終戦の日には通常の参拝者以外に様々なを訴える団体(靖国問題からそうでないものまで多岐にわたる)が九段下駅から田安門交差点(靖国神社外前)の区間に溢れかえる。


靖国神社の規模


靖国神社の規模は約10万(9万3000~9万9000と正確なところは不明)。東京都内にある神社の中では明治神宮の約70に次ぐ2番の広さであり、3番杉並区大宮八幡宮の約5万となる。

これは単純に外を含めた敷地面積であり、御体がある本殿や一般参拝が行われる拝殿の規模、内の規模、神社だけでなく寺院も含める等、何を基準として順位を定めるかにより順位は変わってしまう。

ちなみに出雲大社は約2万7000伊勢神宮は約5500万とされている。


歴史


1869年(明治2年)6月明治政府により官軍全体のための招魂社として東京招魂社が創建される。戊辰戦争で亡くなった全士を祭として合した(新政府軍の為の招魂社であり、敵軍の戦没者は合されていない)。また奉納大相撲も始まり毎年の慣例行事として多くの観客を集める様になる。それ以外にもサーカス花火といった催事も行われた。

1871年(明治4年)、東京招魂社の敷地に東京湾を見下ろせる和洋折衷の灯台「常燈明台」が完成して東京湾の漁師が利用する印として機する。

1872年(明治5年)、4月東京招魂社の管轄が陸軍と定められる。5月には尾の棟梁である伊藤左衛門による本殿工する。内では従来の催事以外に西洋式競馬の奉納競馬も始まる。

1879年(明治12年)、東京招魂社は靖国神社に称されると共に社格が別格官幣社になる。これにより神社としての整備が進められて祭典儀式を軍人が行っていたのが宮が執り行うようになると共に官幣社に合わせたルールが決められた。また事に殉じた戦没者をる役割を持つようになり管轄も陸軍・内務の三になる。この神社としての整備は西南戦争で祭が1万柱をえたことが起因している。靖国の由来は左氏伝の「を靖んずるなり」の一節より採ったとされている。

この称したときの祭文が「明治元年という年より以降、内外の荒振る等を討罰め、わぬ人を言和し給う時に、命等のし清き心を以て、を忘れ身を擲て、各も各も死亡にし其の大き高き勲功に依りして、大皇をば安と知食す事ぞと思食すが故に、靖国神社とめ称へ、別格官幣社と定め奉りて、幣帛奉りい奉らせ給い、今より後、彌遠永に、怠る事祭り給わんとす。」となっている。この祭文の中には「を靖んずるなり」と同義の仏教「安」が「大皇をば安と知食す事ぞと思食すが故に」と用いられている。

1882年(明治15年)、遊就館が展示施設として開館する。イタリア建築家ペレティにより設計された遊就館はイタリアの古のようなモダン建築で、西南戦争の遺品や遺物、古今の武器や武具を展示していた。

1887年(明治20年)、3月に靖国神社の管轄が陸軍に変更され内務が外される。12月には製の大鳥居が工する。

1890年(明治23年)、神武天皇を祭とした橿原宮が創建される。この他にも桓武天皇孝明天皇を祭とした平安神宮1895年(明治28年)、明治天皇を祭とした明治神宮が1920年(大正9年)、楠木正成を祭とした社(神社)が1872年(明治5年)、楠木正行と将士24柱を祭とした四神社1890年(明治23年)等々と「天皇」や「武」を祭とした神社が次々と創建されている。

1893年(明治26年)、大村益次郎像が建立される。

1903年(明治36年)、芝公園にあった能楽堂が靖国神社に奉納される。

1904年(明治37年)、日露戦争が始まると急速に祭が増える。この頃、マスメディアにより「英霊」の言葉が用いられるようになる。また日露戦争勝利はしたが日本政府の財政は非常に厳しくなる。

1907年明治40年)、内務により各地の招魂社に関して、祭は靖国神社に合された者に限るなどの決まりが設けられる。

1914年(大正3年)、第一次大戦が始まると経済打開の為に日本も参戦、ドイツ宣戦布告する。内務神社祭式の制定に伴い、陸軍も靖国神社の祭式・儀礼をめる。

1917年(大正6年)、両技館が火災により全焼すると靖国神社の相撲場で本場所が行われるようになり技館が再建されるまで2年間続いた。

1919年(大正8年)、鎮座五十年記念祭が行われる。

1921年(大正10年)、製の大鳥居が工して靖国神社の新しいシンボルになる。

1923年(大正12年)、関東大震災により本殿や遊就館、能楽堂、燈籠と大きな被害を受けるも大鳥居は被災を免れる。広い内は被災者を収容する仮設住宅が建造された。後藤の復計画により靖国神社と並行する通りが拡されて大正通り(後の靖国通り)になる。

1934年(昭和9年)、神門工する。

1942年(昭和17年)、日戦後元日に靖国神社では89万人の参拝者を迎える。

1945年昭和20年)、戦争が終るとGHQによる「国家宗教を分ける」方針のもとに陸軍の管轄であった靖国神社の存続が検討される。焼却も考えられていたが駐日ローマ法王庁代表ビッテル神父が「国家は死者に敬意をはらう義務と権利がある」として焼却に反対した。

1946年(昭和21年)、靖国神社は宗教法人として組織をめる。

1951年昭和26年)、サンフランシスコ講和条約に調印。閣僚の参拝としては6年ぶりとなる例大祭への参列が吉田茂首相や閣僚、衆参両院議長らにより行われる。

1959年昭和34年)、千鳥ヶ淵戦没者墓工する。

1975年昭和50年)、三木武夫首相が「首相として初めて終戦記念日に参拝」する。また参拝後に政府職者随行し、肩書なし、私費での玉料の「私的参拝」であると述べる。11月例大祭天皇皇后の行幸啓があったが国会で御親拝が問われる。昭和天皇の靖国神社への行幸はこれが最後となる。

1978年昭和53年)、東京裁判で「平和に対する罪」により処罰されたA級戦犯が「昭和殉難者」として合される。

1980年昭和55年)、靖国神社奉賛会が設立する。また占領期に閉館されて企業に貸し出されていた遊就館が、新社屋完成により明け渡される。

1985年昭和60年)、中曽根康弘首相による「公式参拝」が外交問題に発展する。

2002年平成14年)、遊就館本館が全面装して大幅にリニューアルする。


施設


内は九段下駅から徒歩数分のところにあり、の名所としても知られる。
大鳥居から第二鳥居の間には、設立を企画した大村益次郎(初代兵部大輔日本陸軍の)の巨大な像が立っている。

遊就館をはじめ、靖国会館や能楽堂など、本殿参拝者のためだけでなく様々な施設がある。

遊就館

靖国神社が運営する展示施設で22部屋の展示室と2部屋の映像ホールを持っている。
年中休(臨時休館日あり)で、毎日9時(元旦は午前0時から)から午後4時30分まで開館している。入館料は大人800円

明治11年に『絵堂建設』として始まったが明治12年には『祭の遺徳を尊び、また古来の武具などを展示する施設』と構想が変化して明治15年に展示施設として開館した。増築や関東大震災による被害、復旧等を経て規模が拡大され、国立時代は東京国立博物館(東博)などと並ぶ在の大きな国立博物館として知られた。

古代から近世の兜や火縄銃明治以降の軍装品や書簡、当時の新聞、絵画、掛け軸、兵器の実物やレプリカ、当時のニュース映像、遺品・遺書と幅広い品が展示されている。常設展示を一周すると、古代から大東亜戦争太平洋戦争)までのために戦った人々とその思いをぶことができるようになっている。特に、大東亜戦争の戦没軍人や文官、救護看護婦等については遺品と共に遺族等の依頼により奉納された遺影(約9000人分)が展示されている。

遺影の奉納は書類・写真・初穂料1万円以上が必要となる。単純に行って写真を渡せば飾られると言った物ではいので注意が必要。また経緯不明ながらも遺影が奉納されている場合、遊就館でお願いをすれば遺影写真撮影させて貰う事が可である。(写真撮影は編集者の体験です。親族間で1枚もかった故人の写真遺影として奉納されており、その奉納経緯は不明となっている。)

ただ展示パネルは戦へ赴いた人々の精に特化しており、戦争によって何がもたらされたか(実社会上の功罪、戦闘地以外での爆や原爆等の被害日本軍の加etc.)や、戦闘以外の面での先人のへの貢献についてはほぼ触れられていないため、内外から過度にイデオロギッシュであると批判されることがある。


祭神


靖国神社の祭は、日本国体側の軍人・兵士・文士・民間人等の「護の英霊246万6千余柱」であるが、合基準はその時代により変わっている。

単純な戦死者だけでなく戦病死者、安政の大死者、魚雷攻撃で沈没した対馬丸に乗っていた700人の児童、ひめゆり学徒や救護看護婦など女性5万7千余柱、シベリア抑留捕虜、東京裁判で「平和に対する罪」により「A級戦犯」として処罰された14名の政治家や軍人もられている。

日本人以外にも日本統治時代の台湾朝鮮出身の兵士が約5万柱含まれている。その他にも常陸丸のイギリス人乗組員3名が合されているとの説がある。

遺族が合取り消しをめた例は多数に及ぶが、靖国神社は「いったん合した霊魂は一体不可分となるので特定の霊のみをすることは不可能であり、分(分遷)しても元々の社殿から消えはしないので意味である」として応じていない。
裁判も何度も起こっているが、裁判所では「相容れない信仰をもつ者の信仰に基づく行為に対して、それが強制や不利益の付与を伴うことにより自己の信教の自由を妨するものでないかぎり寛容であること」等とするため、法的根拠に基づく合取り消しは困難な現況であると思われる。

戊辰戦争等の維新前後殉難者

1853年(嘉永6年)のペリー来航を基準としてそれ以降の戦没者が合されている。1853年に長州毛利菩提寺の洞寺にいて「毛利の為に亡くなった人々」の為の弔祭を行ったのが流とされている。

1862年(文久2年)には『文久2年に至り、安政5年以来事に死せしを赦する旨の詔あり』とある様に、朝廷から幕府に対して『安政の大』以来、事に死した者を赦免するよう詔が下されている。

国家体制の形成や新政府立に貢献した戦没者、所謂「官軍」を対としており、幕府軍や奥羽越列藩同盟として戦った「賊軍」の者は合の対外になっている。

しかし東京招魂社が創建される以前から「安政の大」や「桜田門外の変」、「禁門の変」等で亡くなった尊攘志士の招魂が行われており、その関係からか「禁門の変」で賊軍とされていた久坂玄瑞等も合されている。その反面で禁裏を守り長州と戦った会津兵等も合となる配慮がなされている。「新国家体制の形成に功があったが朝廷引いた賊軍」と「新国家体制の形成に反したが朝廷を守った官軍」の両方が合されている事になる。

1914年(大正3年)3月3日には内務大臣の原敬から内閣総理大臣山本兵衛伯爵に宛てて『殉志士を靖国神社へ合に関する件』の上奏書が出されている。


次へ»
最終更新日: 18/09/16 17:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ