ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


非処女


ヨミ: ヒショジョ
掲示板をミル!
699カキコ!

非処女とは、処女ではない女性のことである。性交経験のある女性。一部蔑称とも取れる使われ方をしているので扱いには注意が必要。


概要


非処女とは、過去セックス(性交)を行ったことがある女性の事である。処女の対義

様々な非処女観が存在するが多くは若い未婚女性の性交渉のある者に対し使われ易い傾向にある。とりあえず、少なからずの男どもには重大な問題である。特に、少女が可ければ可愛いほど、非処女であると知ったときに心に衝撃を受けてしまう可性がある。

貞操観念が強い人ならば、未婚でありながら処女ではないというのは蔑視に値する。逆に童貞を蔑むように処女を蔑む人もいるので、この場合は非処女に価値があることになる。これに「処女も非処女も関係ない、善良な女性は善良だ」論が加わって、インターネット上では三つの様相を呈している。

時に猛炎上を巻き起こすこともある。概ね一般向け作品の女性キャラクターに「非処女」を連想させる要素が現れると、処女厨が火を付けて他閥がこれに応じるという形式を取るということが稀にある。面がって各所に知らせる人が登場し、そうすると愉快犯や野次もやってきて議論は泥化し、大方飽きるとともに下火となる。しかし騒動があまりに大きくなると作品にイメージが定着してしまいたびたび蒸し返すことになる。

しかしヒロインが非処女であれば騒動になるというわけでもなく、よほど知名度のある作品で特定ジャンルければ全くと言っていいほど話題にならず、挙がったとしても処女観の議論になるので作品との関連は薄れる。


処女非処女観の推移


明治以前の日本において、非処女は特にどうとも思われなかったと言われる。一部の武を置いておくとすると、大多数の日本人処女性というものに関心だった。その拠として西洋キリスト教文化では重んじられてきた「処女」、すなわち処女膜や破血といったものに全くと言っていいほど興味を向けなかった。ちなみに処女膜、これを名付けたのは杉田で、それ以前には存在すらあまり知られてなかったらしい。「クリトリスなんてあるわけねーだろ」と考えたヨーロッパ中世人とは逆の構図である。不倫は取り締まれることもあったが、少なくとも庶民の婚前交渉は規定外だった。

明治になって西洋思想が普及すると、この価値観都市部から覆されていくことになる。様々な家族法や結婚法が制定されていくに当たっての欠かせぬ財産となり、婚前交渉など以ての外となった。地方地方には前近代価値観習は残っていたが、それは政府や知識人からすれば弾圧と軽蔑の対とすらなり、戦後まで時間をかけて衰退していった。

しかしその後、現代社会が性にいかに奔放で開放的になったかはるまでもない。それは前近代とも異なった自由恋愛の誕生である。ただし、それとともに深刻な問題が起きたことは注記しておく。もてない人間が現れたのである。


サブカル界隈に非処女のヒロインが少ない理由



関連商品


■az4047034312


関連項目



最終更新日: 11/05/16 09:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ