ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


韓国併合


ヨミ: カンコクヘイゴウ
掲示板をミル!
7カキコ!

韓国併合とは日本史韓国史において韓国日本の統治下においたこと。日韓併合、朝鮮併合ともいう。


概要


910年に日本の寺内正毅と大韓帝国(当時)の用との間で条約が締結され、1945年まで統治が続いた。併合したことで大韓帝国民である朝鮮人たちは全て大日本帝国の支配下である日本人ということになり、外向けには朝鮮民族日本人という扱いで内ではもっぱら朝鮮人として扱われた。


併合に至った背景


日清戦争日本が当時の中国である清から獲得した半島の権利がフランスドイツロシアの三干渉によって放棄させられ、その後の義和団事件でロシア中国東北部、当時の満州に居座り、当時の大韓帝国と積極的に外交をして近代化を支援するようになり、大韓帝国ロシアの関係が緊密になっていくことに日本危機感を覚えた。日清戦争では下関条約で清に対し朝鮮独立を認めるように定めており、当時の李氏朝鮮大韓帝国と名を変えて独立となったが、その大韓帝国日本の思うようにならなかったのと、ロシアの台頭から大韓帝国ロシア側についてしまうことを防ぐために、いっそのこと大韓帝国日本領にしてしまおうという考えが強まった。


併合への流れ


韓国併合までの流れは日露戦争前のロシアとの外交交渉まで遡ることになる。もともと朝鮮半島ロシアの南下政策での標になったのと、日本明治時代初期から朝鮮半島侵略しようという考えがあって、当時の流であった帝国義における日本ロシアの対立が発端なのである。


明治6年政変~西南戦争


日本朝鮮侵略する構想は当初は征論と呼ばれ、板垣退助西郷隆盛に話を持ち掛けたのが最初である。板垣退助と言えば自由民権運動の優しそうな爺さんイメージだが、実は幕末戊辰戦争から明治初期まではバリバリの武闘だったのである(;´Д`)

明治政府内でも朝鮮侵略する考えは参議の間で少なからずあったが、侵略する時期を巡って明治政府内で大揉めになり、その対立か政府内がっ二つに割れたほどで明治6年政変と呼ばれる。結局、明治6年の段階では日本はあまりにも脆弱で、しかも当時は戊辰戦争直後で明治政府は極度の財政難に陥っていて朝鮮半島侵略する余裕などかったことから征論はいったんは政府内で成立しながらも、岩倉具視大久保利通らのロビー工作によって明治天皇への働きかけで全部ひっくり返されてしまい、それに失望した西郷隆盛江藤新平、副種臣、板垣退助明治政府を去り、江藤新平西郷隆盛は士族の反乱を起こしてしまうほどの大問題になった。


日清戦争後


しかし日清戦争日本が清に勝つと内では大日本帝国の発展と盛で大いに沸きかえり、政府内でも欧列強に追いつけ追い越せの掛けで対外政策を大幅に転換して積極的に中国大陸に打って出ようと考えるようになる。そこで当時は南下政策で中国東北部の満州朝鮮半島をつけていたロシアと利がぶつかり、両満州朝鮮の扱いを巡って急速に対立することになる。

当初は伊藤博文井上り強くロシアと交渉して満州ロシア朝鮮半島日本で切り分けて植民地にする日露協商を考えていたが、小村寿太郎や山県有大隈重信桂太郎らが交渉が難航する日露協商の干渉に先んじて日英同盟を成立させ、ロシアはこの動きに急速に硬化して日露協商は頓挫、日本ロシアの衝突は避けられない形になる。

この当時の朝鮮大韓帝国となっていたが、独立とはいっても弱小国近代化途上にあり、半ば日本ロシアの駆け引きに揺り動かされる立場であった。大韓帝国になる前から朝鮮日本から日通商修好条約と同じ内容で関税権がく治外法権を強いられる不等条約を結ばされて日本に嫌悪感を抱いており、一方で親交的でふんだんに近代支援をしてくれたロシアには次第に友好的になって行っていた。大韓帝国としてはより益になる方の味方に就くのが一にして最大の外交戦略であったが、この2大強者の決着がついてしまえば話は別であり、非常にもろい状況でを伸ばしていくしかないのが実情であった。


日露戦争後


日露戦争日本ロシアに勝つと日本大韓帝国日本のものにしようと急速に働きかけを強めて行った。ポーツマス条約で日本ロシアの間でかわした取り決めではあくまで『大韓帝国導権』であり権は侵しないはずであったが、日本導権という言葉を意図的に拡大解釈して事実上の植民地化を図る外交工作を繰り広げていく。この行動はポーツマス条約の取り決めをホゴにしたも同然であり、このことで日露交渉に尽したアメリカのセオドアルーズベルト大統領日本アジア侵略と見なして不信感を持ち始め、ロシアをはじめ中国分割して植民地化していたイギリスフランスドイツ日本の進出に警心を持ち始める。帝国義の際情勢では仕方がないことであるが、これが欧列強との対立の始まりなのである。

第1次日韓協約

まず1904年に第1次日韓協約が取り交わされ、これで日本韓国に対する政治顧問権を獲得、大韓帝国政治中枢に大日本帝国派遣する役人が顧問になり、実質的に大韓帝国政治大日本帝国の都合が良いようにるようになる。もっともこのころは日露戦争中で日本ロシアに負ければホゴになる協約であった。

第2次日韓協約

日本日露戦争に勝ってポーツマス条約で導権を得たことで本格的な干渉が始まった。

今回の協約で大韓帝国大日本帝国の承認なしで外との条約や協定を結べなくなった。つまり権である外交権が日本のものとなり外交における独立日本に奪われたことになる。

次に大韓帝国内に大日本帝国の統監府を置いて韓国政治日本監督する体制を作ることになった。これで韓国政治日本監督下に置かれることになり、実質的な日本の間接統治ということになる。

この協約は韓国にしてみれば日本を奪われるのも同然である。ただでさえ日清戦争日露戦争日本軍に乗り込まれて戦場になって散々に土を荒らされた経緯もあることから大韓帝国では反日感情が高まっており、韓国民の排日運動が起きて韓国政府も抵抗した。しかし日本側は特使の伊藤博文日本軍を大量動員して韓国政府の宮殿日本軍で包囲して周辺を武鎮圧するという強引な手法で強制的に協約を結ばせた。漢城の宮廷内は日本軍全に占領され、日本軍に取り囲まれたなかでの異常な雰囲気のなかでの調印となり、調印した5人の閣僚のうちの1人は拒否して閣僚を辞職すると申し出たが、伊藤博文は拒むなら殺すと脅したため、泣く泣く調印を行った。(この第2次日韓協約で調印した韓国政府の5人の閣僚は韓国では売国奴となっている。)

ハーグ密使事件

第2次日韓協約で日本全な敵意を持った韓国1907年オランダのハーグで行われていた平和式典に秘密裏に外交官を送り、日本の強引極まりないやり方で行われた第2次日韓協約の不当性を訴えた訴状を送った。結果的にはポーツマス条約の大韓帝国導権の扱いで大日本帝国の言い分を欧列強が認めたため、この大韓帝国の望みは打ち砕かれた。世界史に残る有名なハーグ密使事件である。

第3次日韓協約

この大韓帝国の抵抗に激怒した伊藤博文は統監府の日本軍を動員して韓国政府のある漢城に乗り込み、大韓帝国皇帝の退位を要し、拒むなら日本韓国宣戦布告すると迫った。この1件で大韓帝国皇帝が退位、当時の大韓帝国皇帝である高宗は退位し、息子に皇位を譲った。

伊藤博文皇帝が退位すると即座に第3次日韓協約を結ばせ、大韓帝国軍を解散させた。これで外交権も軍隊も失ったことで韓国全に権を失い、もはや名ばかりの帝国でしかなくなってしまった。一方の日本韓国の保護化を全なものとし、伊藤博文が当初からしていた大韓帝国の保護化が実現した。

義兵闘争

第3次日韓協約で軍を解体された大韓帝国軍は日本の度重なる横暴に激怒し、解体された韓国軍メンバー日本侵略に対して立ち上がった韓国の民衆らと結託して韓国義兵軍を結成した。

日本統監府は日本政府に軍の派遣を要請し、本土から日本軍を大量に動員して鎮圧を行い、3ヶにわたる大規模戦闘が行われると義兵闘争は朝鮮半島全土に広がり、国家規模での闘争が行われる。この義兵闘争は1910年まで2年半続き、この闘争で韓国人は1万7千人が殺され3万7千人が負傷した。日本では戦後まで闘争の事実は伏せられ、政府導の下で韓国賛同のうえで円滑に保護化が行われたと報道したため戦後まで韓国日本に抵抗し続けたことは知らず、当時の韓国人が併合を喜んだと勘違いしている人が少なくない。


保護国から併合へ 


大韓帝国の保護化が全なものになると、もう韓国日本に併合して日本にしてしまおうという考えが急速に強まる。特に日露戦争導的な役割を果たした山県有桂太郎、寺内正毅らは韓国を併合して日本の一部にすることで朝鮮植民地化全なものにしようと考えた。

一方の伊藤博文は保護化が終わって大韓帝国が名ばかりの保護になった以上は併合は必要ないという考えであった。併合して日本領にしてしまうことでポーツマス条約を全に踏みにじってしまい欧列強への反発が強まることを恐れたことが実情である。最後まで伊藤博文韓国の併合に反対だったのだが、中国東北部の南満州鉄道ハルビン韓国義勇兵のメンバーであった安重根汽車から降りた伊藤博文狙撃した。弾は3発が命中し伊藤博文まもなく息絶えて死亡伊藤博文は死ぬ間際、自分を撃ったのが朝鮮人と知りバカなやつだ」いたという。

この伊藤博文の死で日本政府韓国の併合へと一気に傾き、もはや名ばかりとなっていた大韓帝国も併合に賛同、日韓併合条約が結ばれて大韓帝国大日本帝国に編入されて併合が了した。この併合が欧列強を刺しないように日本アメリカと協定して韓国支配の承認の見返りにフィリピン支配を承認、イギリスには第2次日英同盟イギリスインド支配を承認する引き換えに韓国支配を承認させているため、大韓帝国の併合はスンナリと行われた。

この韓国併合で日本政府漢城京城め、日本総督府を置いた。総督府は日本軍の陸海軍大将が就任することになり、初代総督は韓国併合に大きく働きかけた寺内正毅が就任した。寺内は韓国併合がかなった喜びもあって次のような短歌を謡っている。

小早川 加藤小西が 世にあらば 今宵のを いかに見るらむ』

訳)小早川秀秋加藤清正小西行長が今の時代に生きていたなら、今宵のを見てどう思うだろう。

この3人は豊臣秀吉が行った朝鮮出兵のメンバーで、結果的に朝鮮征伐に失敗して帰している。そのことを踏まえて日本朝鮮植民地化を大いに喜び誇っていたことになる。


政策


朝鮮総督府はまず、当時奴隷身分であった白丁解放を行い、日本と同じ民とした。姓を名乗らせ学校に行けるようにした。また学校制度を整備し学校の数を併合前の40倍に増やした。言教育も行なわれた。当時、ハングル文字も大して普及しておらず漢文漢字べて劣る扱いを受けていたが、ハングル文字による教育で識字率を大きく伸ばした。また、インフラも整備し併合以前は遅れた国家だった韓国を発展させていった。

このように韓国併合後の朝鮮覚ましい発展を遂げて人口は倍増して住民の寿命も伸びたのは事実であるが、これは朝鮮日本化させて併合を既成事実にするための政策であり、こういった植民地への大な投資はイギリスフランスアメリカロシアドイツも行っていることで、こうやって植民地の投資によって発展させることで住民を満足させて反乱を防ぎ、反乱に乗じた他からの介入を防ぐ植民地の囲い込みが的であった。現に朝鮮総督府の導方法はイギリスの英領インド政策が参考である。


次へ»
最終更新日: 21/01/18 16:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ