ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


音階


ヨミ: オンカイ
掲示板をミル!
22カキコ!

音階とは、に西洋音楽で使われる音を高さ順に並べたものである。英語では「scale(スケール)」。使われる音の数や並べられ方によって様々な種類のものが存在する。多くの音階は1オクターブで循環するため、1つの音からその1オクターブ上(または下)までの配列を以って「音階」と呼ぶことになる。1オクターブ内で使われる音の数によってn音音階とも分類される。以下に挙げる数々の音階は実際の楽曲における登場頻度の高いものであるが、理論上存在するものの使われることの少ない音階も多くあり、また微分音まで含めると(実際の使用に耐えうるかは別として)数の種類の音階を考えることができる。


全音階


全音階は1オクターブを5つの全音と2つの半音の7音に分割した音階の一種である。英語では「diatonic scale(ダイアトニック・スケール)」。いわゆる「ドレミ」の音階で、ピアノオルガンといった鍵盤楽器鍵はこれに従って配列されており、西洋音楽の基本となる音階である。長調を構成する長音階と短調を構成する短音階の2種類が特に使われるが、その他の全音階もジャズなどで使用されることがある。


長音階


全音階を「ド」の音から始めたものが長音階である。英語では「major scale(メジャー・スケール)」。長音階で構成された調が長調である。中でも要な音である、音階が開始される「ド」の音を音(英:tonic/トニック)、音から(全)5度上の「ソ」の音を属音(英:dominantドミナント)、(全)5度下の「ファ」の音を下属音(英:subdominantサブドミナント)とそれぞれ呼ぶ。また、音の短2度(半音)下にあり、音に向かって解決するが強い「シ」の音は導音(英:leading-tone/リーディングトーン)と呼ばれる。他の3つの音についても名称が付いているものの、使用される機会は少なく、音を「第1音」として「第n音」と呼ばれることが多い(例えば「ミ」の音は第3音)。

ミ♭ ファ ファ シ♭
- - - - -

短音階


自然短音階

全音階を「ラ」の音から始めたものが短音階である。英語では「minor scale(マイナー・スケール)」。短音階で構成された調が短調である。短音階ではそれぞれ「ラ」が音、「ミ」が属音、「レ」が下属音となるが、第7音の「ソ」の音は長2度(全音)離れているため導音とは呼ばれない。全音階からなるこの基本的な短音階は、後述する2つの短音階との区別のため特に「自然短音階英:natural minor scale/ナチュラルマイナー・スケール)」と呼ばれる。

シ♭ ミ♭ ファ ファ
- - - - -

以下2つの短音階は便宜上この項で説明しているが全音階ではない。

和声的短音階

短音階が導音を持つように、「ソ」の音を半音上げて「ソ」としたものが和短音階である。英語では「harmonic minor scale(ハーモニックマイナー・スケール」。この音階は短調上で和音を構成する時に使われることが多いため「和的」の名を持つ。

シ♭ ミ♭ ファ ファ
- - - - -

旋律的短音階

短音階では「ソ」が「ソ」になったため、隣り合う「ファ」から「ソ」までの音程が増2度と広くなってしまった。これを解消するために「ファ」も半音上げて「ファ」としものが旋短音階である。英語では「melodic minor scale(メロディック・マイナー・スケール)」。名前の通り旋メロディ)として使い勝手が良くなった一方、長音階との違いが第3音のみとなり短音階感が薄れるため、下降形では自然短音階をそのまま使う場合が多い。

シ♭ ミ♭ ファ ファ
- - - - -

教会旋法から派生した音階


20世紀中頃、モードジャズの成立に伴って音階として整備された較的新しい音階。この「モード(旋法)」とは中世宗教音楽で用いられた「教会旋法」のことをし、各旋法から音階の要素のみを取り出したものである。「モード・スケールmode scale)」とも。

アイオニアン・スケール

アイニアン・スケール(Ionian scale)は、全音階を「ド」の音から始めたものである。イオニア旋法から生している。長音階と同一であるため、モード・スケールとして扱われることは少ない。

ミ♭ ファ ファ シ♭
- - - - -

ドリアン・スケール

ドリアン・スケールDorian scale)は、全音階を「レ」の音から始めたものである。ドリア旋法から生している。

ミ♭ ファ ファ シ♭
- - - - -

フリジアン・スケール

フリジアン・スケール(Phrygian scale)は、全音階を「ミ」の音から始めたものである。フリギア旋法から生している。

ファ ファ シ♭ ミ♭
- - - - -

リディアン・スケール

リディアン・スケールLydian scale)は、全音階を「ファ」の音から始めたものである。リディア旋法から生している。

ファ ファ シ♭ ミ♭ ファ
- - - - -

ミクソリディアン・スケール

ミクリディアン・スケールMixolydian scale)は、全音階を「ソ」の音から始めたものである。ミクリディア旋法から生している。

シ♭ ミ♭ ファ ファ
- - - - -

エオリアン・スケール

エオリアン・スケールAeolian scale)は、全音階を「ラ」の音から始めたものである。エオリア旋法から生している。自然短音階と同一であるが、短音階は和的・旋的の2つが使われることも多いため、アイニアン・スケールよりは較的モード・スケールとして扱われる。

シ♭ ミ♭ ファ ファ
- - - - -

ロクリアン・スケール

クリアン・スケール(Locrian scale)は全音階を「シ」の音から始めたものである。ロクリア旋法から生している。

ミ♭ ファ ファ シ♭
- - - - -

半音階


半音階は1オクターブを12の半音分割した音階である。英語では「chromatic scale(クロマチック・スケール)。隣り合う音同士の音程が全て半音であり、要するに鍵も鍵も全部使った音階である。その性質上、半音階は1種類しか存在しない(平均律の場合)。

ミ♭ ファ ファ シ♭

全音音階


音音階は1オクターブを6つの全音に分割した音階である。英語では「whole tone scale(ホール・トーン・スケール)。隣り合う音同士の音程が全て全音であり、その性質上全音音階は2種類しか存在しない(平均律の場合)。全音階と名前がややこしいが仕様である。

ミ♭ ファ ファ シ♭
- - - - - -

五音音階


1オクターブ内の5つの音で構成される音階を総称して「五音音階(英:pentatonic scale/ペンタトニック・スケール)と呼ぶ。その多くはより音数の多い音階を簡略化したもので、洋の東西を問わず各地の民謡などは五音音階からなるものも多く見られる。また現代のポピュラー音楽でもギターキーボードソロプレイなどで重宝される音階でもある。


メジャー・ペンタトニック・スケール


長音階から生した音階で、「ファ」と「シ」の音を抜いたもの。ピアノ鍵だけを抜き出すとこの音階となる。

ミ♭ ファ ファ シ♭
- - - - - - -

マイナー・ペンタトニック・スケール


自然短音階から生した音階で、「シ」と「ファ」の音を抜いたもの。メジャーペンタトニック・スケールを「ラ」から始めたものと解釈することもできる。


次へ»
最終更新日: 20/09/12 16:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ