ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


項燕


ヨミ: コウエン
掲示板をミル!
11カキコ!

「項燕」(こう・えん ? ~ 紀元前233年)とは、中国戦国時代末期の楚のの武将であり、滅亡へと進む楚のを支えた大将軍である。

始皇帝没後に楚を再した「項梁」「項伯」のであり、西楚の覇王項籍項羽)」は孫にあたる。


概要


楚のに仕えて項の地に封ぜられた事から「項」氏を姓とした武の出である。

紀元前225年、王「嬴政」は、大将軍の「李信」と「王翦」に楚の攻略に必要な兵の数を聞き、王翦が60万と答えたのに対して李信20万と答えた為、王翦は碌したものと思って李信20万の兵を与えて楚攻略を命じた。

恬」と共に20万の軍を率いて楚に侵攻した李信が二手に分かれて楚のを次々おとしていった為、項燕は二手に分かれていた李信恬の軍が合流したところを狙って奇襲し、7人の敵将を倒して李信恬率いる軍を破った。

紀元前224年、今度は王翦が60万の兵を率いて楚攻略を開始した。

王翦のガードを固めて不用意に出撃しない戦法にとった為、兵は攻めてこないと楚兵の心に隙が出来たところに王翦の奇襲をうけた項燕は敗れた。

※史書によってはこの際に、楚王「」が捕虜になり楚が滅亡した事になっている。

逃げ延びた項燕は、に仕えていた楚の子「君」を楚王に擁立してに対して反抗したが、紀元前233年に王翦と「蒙武」が率いる軍の攻撃をうけて敗れ、君は戦死し項燕は自殺した。

※史書によってはこの後に、楚王「」が捕虜になり楚が滅亡した事になっている。

統一を果たしたに対して起した陳勝・広らが、当初自らを項燕・子扶始皇帝長男で謀殺された)と詐称したことからも、彼が楚の人々に慕われていたことが知れる。

項燕の遺志は、武信君「項梁」と西楚の覇王項籍項羽)」に引き継がれ、始皇帝となった嬴政が死した後に楚王の血族を探し出して新たな王に立てて楚を復させ、を滅亡させた。

その他「項燕」の詳細についてはWikipediaの該当項目参照[外部] 


関連動画



■sm9328628[ニコ動]


関連商品


■az448008200X
■az4062600196
■az4198923620
■az4569579760


関連コミュニティ


■co3034
■co1992

■co1786
■co405


関連項目



最終更新日: 15/05/16 20:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ