ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


風雲黙示録


ヨミ: フウウンモクシロク
掲示板をミル!
24カキコ!

風雲黙示録』とは、SNK1995年に送り出した2D対戦型格闘ゲームである。

サブタイトルを含めた正式タイトルは『風雲黙示録 格闘創世』(海外名『SAVAGE REIGN/サベージ レイン』)。


概要


風雲拳──────

それは実戦空手道

ブーメランをくみあわせた

まったくあたらしい格闘技・・・

(OPより)

このブーメラン×実戦空手という組み合わせはあまりに新しすぎて本作の設定である21世紀となった今でも真似することのできない格闘スタイルである。

「素手の格闘技を習得し、しかし武器を用いて戦う」という格闘スタイルは当時の格闘ファンの注を浴び…なかった。

本作品は1995年4月に稼動、後にネオジオ版、ネオジオCD版、PS2版移植された。
続編として1996年稼動の『風雲スーパータッグバトル』がある。
一部のキャラは、SNK時代の『KOF2000』や後のSNKプレイモア作品に背景として登場したり、ゲストキャラとして参戦したりしている。

キャラクターは、いずれも素手の格闘技武器を組み合わせた格闘スタイルを持つ。
OPでられていることもあってか、主人公ショー疾風の「ブーメラン×空手」という格闘スタイルが有名だが、他のキャラクタープロレス」「ボクシングなどなかなか強である。

龍虎の拳』のように脱衣KOが存在するものの、何故か男性限定。まさにゲー。
続編では女性も破けるが、本作での紅一点は登場していない。

OPのショー疾風絶叫があまりにもうるさすぎてゲーセンという爆音が渦巻く環境でも外までいた」という伝説が残っている。
また男キャラのほとんどが190cmえという巨ゲーでもある。

SNKの他タイトルである『龍虎の拳』や『餓狼伝説』と世界観が同じ作品であり、時系列では『餓狼伝説』の未来にあたる。(続編に『餓狼伝説』のキム・カッファンの子孫が登場している)


主なシステム


レバーで移動。Aでパンチ、Bでキック、Cで武器殴り、Dでライン移動。
またボタンの押す長さで強弱が変わる」という、1995年当時でも「まったく新しくない(むしろ古い)仕様になっている。また全キャラ飛び道具を搭載、さらにBC同時押しだけで出る飛び道具武器投げ」、武器殴りによって武器投げの飛び道具を跳ね返せる、という仕様もある。

前後の夫々に2回、素レバーを入する事でステップが繰り出せる。
このステップにも独自仕様があり、夫々のステップ方向と逆の斜め下にレバーを入した直後に繰り出すことで、ステップの距離が飛躍的に伸びるというシステムが導入されている。
この仕様を戦術に組み込む事で相対的に機動が高くなり、知っているのと知らないのでは攻防のバリエーションに大幅な違いが出てくる。性質上、344は出しやすいが166入は咄嗟に出すのが難しい。

ライン制を導入しているのだが、このラインアタックが4種類もあるのも特徴。

以上、4つのラインアタックがあるが、新しすぎて使いが良くわからない。
武器投げ(BC)>ラインアタックスーパーラインアタック含む)』『大ジャンプラインアタック武器投げ』の図式は成り立っているので、これを覚えておくとライン間攻防が熱くなる…かもしれない。
ステップラインアタックは中段性なので、不意に仕掛けると有効。
通常ラインアタック武器投げやスーパーラインアタックに潰されるため、ほぼ回避としての使用に留まるだろう。

CPU戦では1度ボーナスステージ以降、CPUアルゴリズムライン移動を伴ったものが増加する傾向にあり、牽制のどがラインアタックで回避される⇒こちらがラインアタックを仕掛けると追尾効果が付属した飛び道具で各種ラインアタックを潰されるという循環に陥りやすい。こうなってしまっては何をするでもなく打つ手がくなり、打開策が取れずに理不尽な負けに繋がる…というパターンが非常に多くなる。
タイムオーバー寸前にラインアタック逃げ続けるサムいプレイにペナルティ何も無い辺り、ぶっちゃけシステム的にクソゲーと呼ばれても仕方ない部分はある。
特にガードが存在しない本作において追尾効果付きの飛び道具は非常に強で、一度画面外に脱出してから攻撃を仕掛けるという、仕切り直しにもってこいな大ジャンプラインアタックすらも潰してしまう事がある(ハヤテの念動飛棍など)。

また、一部のステージには特殊なギミックダメージを追うものや特殊な仕掛け)がある。以下

何れも非常にクセがあり、特にイーグルチュンステージギミックはそのまま戦略に結びついているので、この仕様を理解しておかなければいい様にやられてしまう。
ロープ上に配置されたオブジェは攻撃を当てる事で落下するのだが、これがガード不能な上に落下軌が下ラインの相手の立ち位置へ自動修正、さらにオブジェ自体が複数配置…とどう考えてもバランスを破壊する要因となっている。大ジャンプラインアタックでの対抗も通常のラインアタック逃げやすく、武器投げで対応しようにもオブジェへの攻撃動作が短いので競り負けしてしまうという有様。この2者のステージは前述の逃げプレイに発展しがち。

メズウステージも前者は落下位置を予測し辛く、ロックの技の発動中でも問答用でヒットして
攻撃を中断させられるためにこれまた理不尽なダメージを負いやすい。
後者ピラニアが出てきた段階で行動不能となり、襲撃ダメージが確定する。
…まぁピラニア発生条件がライン中央の池の前で一定時ニュートラル維持という普通にプレイしていればまずおにかかれないものなのでお遊びに等しいが。

「全てのキャラクターシステムレベル飛び道具を使える」という特徴があるが、性の差はしい。また仰け反りの前半は無敵という仕様がある。
この仕様のため、各キャラ火力の面で連続技を成立させるのが非常に難しい(入タイミングがズレるため、仰け反り距離と合わさって連続技が全く安定しない)。
前述のガードい事を踏まえ、ダメージソースは大方が対迎撃となる。

簡単に言おうにも、新しすぎて説明が難しい。
強いて言うならば、固めを重点に置いた『餓狼伝説スペシャル』『ワールドヒーローズ2』を足して2で割ったようなゲームというのが一番近いだろうか…。


キャラ



ショー・疾風



おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!


このタイトル主人公にして色物、一途な熱くるしさを放つ風雲快男児。
実戦空手道ブーメランを組み合わせた全く新しい格闘技風雲拳の使い手。

色物主人公にしては使いやすい性の持ち。  
小足から始動する逆転技義!無双乱舞」と、EDで父親に「何事だ、ハヤテよ」と実の身内であるにも関わらず苗字で呼ばれている事は一部で有名。
次回作の『風雲スーパータッグバトル』では褄合わせの為か風雲拳を極めていないことにされ、無双乱舞の演出も地味になった。
また、何故か身長11cm縮んでいる(他のキャラも数値がかなり変更された)。

タイトルタイトルだけに(このゲームの全キャラが)外部出演には恵まれないままであったのが、『サムライスピリッツ』にて千両狂死郎のEDに『謎の男』として出演(SNK格ゲー時系列からして生まれてすらいないだし、そこはご嬌)。
歌舞伎融合による『全く新しい歌舞伎』を完成させた狂死郎と対決する。
下一客伝』においても、同じく狂死郎のEDに登場。彼く、狂死郎は『らいばる』だそうな。

そして、『KOF11』にジャズゥ共々晴れゲスト参戦。
相変わらずアツく、清々しい快男児っぷり(と、悪なバグ)を見せ付けてくれた。
タイトルでは人妻ボクサーキャラヴァネッサから上半身の胸当てについて「肝心のボディがガラきなんだけど」と突っ込まれているが、常に進歩し続ける風雲拳の前では細な事である。
余談だが、KOF11ゲスト参戦キャラクターラインナップを見るに、元々はネオジオバトルコロシアムに参戦する予定だったのではないかと憶測されている。

ネオジオポケットでのCAPCOMとのクロスライセンスタイトルカードファイターズシリーズでは、ブーメラン繋がりという事でチャムチャムから、またハチマキ繋がりでCAPCOMサイドアレックスへの援護が出来る。
ハチマキ繋がりでもトシリーズリュウが援護してくれないのは何故だ。

念動飛棍の追尾性、幻影飛棍の広大な攻撃判定によるライン間攻防が強く、立ち回りの面で上位に位置する使い勝手の良いキャラ


キャロル・スタンザック


合気道新体操を組み合わせた「ジムナムアーツ」の使い手の女の子

獅子王から結婚を申し込まれたが、それを断るため参戦。
続編の『スーパータッグバトル』には世界観の雰囲気にそぐわない為か、参戦していない。
ドット絵かわいいが、勝利画面のバストアップ絵が気持ち悪い
この顔でラインアタックがやたらと遅いヒップアタックなのだからたまったものではない。
その言動も妙に頭の悪いものが多く、ニコラと共に色んな意味で負けるとムカつくキャラである。
更に、同タイトル内で脱衣KOに未対応。
何かもう新し過ぎるだろ…

的にはぼちぼち扱いやすく、異常めくりを持つJ強Bに加えて発生のスワンダイビング、別ラインへ強制的に吹っ飛ばす飛び道具ルーボールメイン
他、ボールを上に投げる>ステップして中段と見せかけ、下段攻撃を放つというわかっていても対応が難しいクソ技スピニングトップを持つ。
困ったことにCPUはこれの使い方が非常に上手い。
逆転技はガード不能と高性だが、コマンドが→←↓↑Aと妙に難しい。

ジャンプ頂点限定にて発動可必殺技ドリームアングルポーズスト3エレナ勝利ポーズに酷似(むしろあちらがキャロルのこの技に似ていると言う方が正しい)しているのはあまり知られていない。

外部作では 『ネオジオバトルコロシアム』、『KOF2002UM』の背景、及びネオジオポケットDSの『カードファイターズ』3作にもキャラカードとして出演。
カードファイター2とDSキャロル設定どおりの美少女として描かれているので安心(?)。
2ではボール繋がりでCAPCOMサイドからジャスティス学園シリーズが援護してくれる。


マックス・イーグル


今作のライバルキャラにあたると思われる。プロレスを組み合わせた全く(以下略)。

人気・実共に高いという設定のサワヤカベビーフェイスザラゾフコルトを足して2で割ってインパクトが弱いから何か殺傷の高い武器でも持たせようか、みたいな
獅子王に似ていると確信し参戦。攻撃は高めだが隙が大きい。格闘技とあるが、そもそもを投げたら普通の人はガードしたら死ぬとか突っ込んではならない。


次へ»
最終更新日: 21/02/25 06:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ