ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


餓狼MOW


ヨミ: ガロウマークオブザウルブス
掲示板をミル!
108カキコ!

餓狼MOWとは、SNKの看作であった餓狼伝説シリーズの最新作にして最終作(?)である。
正式名称は「餓狼 MARK OF THE WOLVES」である。


歴史



稼動初期


発売は1999年。前作『リアルバウ餓狼伝説』から10年後の世界舞台となっている。主人公を従来のテリー・ボガードから、宿敵ギース・ハワード息子にしてテリーの養子であるロック・ハワードに変更。テリー以外のキャラクターも一新し、前作までの流れを断ち切った全新作として発表された。

当時は後に「格ゲー氷河期」と呼ばれる時期で、『餓狼MOW』はこれを打破するに足るビッグタイトルとしてプレイヤーから期待されていた。

しかし、それまでの硬な作から一転、新キャラのかなり同人受けを狙った設定やアニメ調のグラフィック、『餓狼伝説』の代名詞ともいえるラインシステムの撤など、旧来のファンには「最ではない」と酷評されてしまう。
記念すべきアルカディアムック1号、第4回GCN杯の開催種として選ばれるなど、丁寧な作りとゲーム性への評価は高かったが、 旧作ファンからの絶対的な支持を得られなかった事がいたのか、爆発的なヒットには至らず。
SNK渾身の餓最新作は「知る人ぞ知る名作」「惜しむべき佳作」としての評価に留まる結果となった。

その後、格闘ゲームは転換期を迎える。
SNK倒産インターネットの普及による攻略コミュニティの変動、『ギルティギア』の台頭…
動の中でいつしか、『餓狼MOW』はその価を多くの者に知られないまま、ひっそりと表舞台から姿を消していったかに見えた。


HOWARD ARENA


NEOGEOゲームと言う事もあり、メインストリームに返り咲きはしないものの、『餓狼MOW』はプレイされ続けていた。ユーザーからは「良ゲー」「隠れた名作」と言うが多く、「地味にやってるがいるタイトル」として2chでもまったりとスレッドは続いていた。
そして、2002年頃からある攻略サイト話題となる。「HOWARD ARENAである。

既に「過疎ゲー」の域にあった『餓狼MOW』だが、「HOWARD ARENA」の攻略は全キャラ攻略コンボフレーム表は論、詳細なシステム解析まで網羅されており、まるで過疎ゲーであることを感じさせない濃密な内容だった。とりわけを引いたのはダイヤラムで、過去に「アルカディア」誌上で発表された物とは大きく異なっていた。このダイヤに関しても理由・要因についても説得ある解説がされており、稼動初期を知る者に大きな衝撃を与えた。

そして日記から管理人ヨシミズらが、環境に喘ぎながらも対戦を続けている事、未だ攻略進化の過程にある事、そして、「餓狼MOWはまだ終わっていない」事こそが、何よりも大きな衝撃だったと言える。

その後も彼らの地布教は続き、次第にプレイ人口はゆっくりだが、しかし確実に増加して行く事となる。

時は経ち、大久保αステーションを中心に、対戦会やランキングバトル催されるようになり、その対戦模様は「HOWARD ARENA」で大量の対戦動画としてアップされるようになっていた。
練り上げられた最先端の餓対戦動画は再び多くの者に衝撃を与え、より多くの者に『餓狼MOW』を知らしめた。ここに至り、『餓狼MOW』は「珠玉の対戦ツール」として広く認知される事となる。


既に稼動からは、6年もの時が過ぎていた…。


現在・ニコニコ


稼動から10年。YouTubeニコニコ動画の普及により、『餓狼MOW』の対戦動画は以前にべれば格段ににしやすくなった。長い年をかけ、ヨシミズらが作った環境基盤は僅かな世代交代を経て、現在も息づいている。

現在ニコニコ動画では中野TRFの大会動画が定期的にアップされ、初中級者大会やガチ撮り動画も好評を博している。特にコバ実況「知らない人でも理解できる実況ガチ勢も唸る詳細な内容の実況を両立させた稀有な例として数ある格ゲー実況の中でも有名となり、中野TRF動画人気を支える一因ともなっている。

最近では名勝負集が上がった他、コバらにより新たな試みとしてオーディオコメンタリーも行われている。
オーディオコメンタリーとは、ガチ撮りを第三者視点実況・解説ではなく、対戦者本人同士(+α)で解説して行く手法で、過去闘劇DVD内の企画やX-MANIAスパIIXの大会)のDVDなどで行われた事があるが、まだメジャーな手法ではない。
第三者では解らない駆け引きを知ることができる他、脱線したトークなども聞けるウェブラジオ的な面を持つ、非常にニコニコ向きで面い試みである。是非一度は見てみるとよいだろう。

2012年からはニコニココミュニティHaraheriwolves[外部]」にて大会のコメンタリーなども行われている。

他には現在よりもガチ臭がしく、レジェンド勢満載な過去大久保αステーションのランバト動画関東とは違ったプレイスタイル、雰囲気、職人芸を見る事ができるソフテム(大阪)の対戦動画などがアップされている。

アーケード格闘ゲーム自体が下火となった感のある現状で、『餓狼MOW』は10年以上前のゲームと言う事もあって、どこでも対戦できるゲームではない。しかし現在も各地で対戦が繰り広げられており、2009年6月24日にはXBLAで配信されるようになった。

2017年現在ではXbox oneでも360版(XBLA配信)がプレイであり、またPS3にてPS2アーカイブ版がプレイとなっている。また、スマートフォン向けにも移植されている。

そしてついにPS4版・PS Vita版・Steam版の移植版3種が配信された。

Steam版は高いPCスペックが要されるので、それに自信のい方はPS4版かPS Vita版の購入をオススメする。また、PS4版やPS Vita版ではニコ生実況較的サクッと出来るぞ。

最後に、動画や生配信を観て興味を持った人は、是非『餓狼MOW』をプレイしてみてほしい。


主な定期稼動店舗(2017年現在)


が付いた店舗は定期的なイベントの開催有り。他にも定期稼働している店舗があれば是非追記を。


登場キャラクター




ロック・ハワード


[画像を見る]『餓狼MOW』の主人公にしてギース・ハワード息子(初出は『餓狼伝説3』テリーED)。
ギースの死後、ギースであるテリーに養育を受けた為、ギース烈風拳やレイジングストーム真空投げなどの技と、テリーのライジンタックル等、両方の技を使う事が出来る。クラックシュートカウンターアレンジしたクラックカウンター等、独自にアレンジした技も多く持つ。
また、インストに記載されていない隠し超必殺技として、デッドリーレイブ・ネオが存在する。

貌が同社作品『月華の剣士』の覚醒後の「」に似ていることがよくネタにされる(身長・体重・年齢も大体同じ)。
ちなみに、両作品ともイラストレーターは同じTONKO(現:せんのあき)である。

飛び道具、対技、突進技、移動技、当身コマ投げと多種多様な技を持ってはいるのだが、そのどれもが痒い所に手の届かない性という典器用貧乏キャラ。通常技の性もいまいちで、主人公にしてはしく3弱とまで言われる。
その微妙さは必にも及び、3つある内実戦で使えるのはシャインナックルのみ。レイジングストームとデッドリーレイブはどちらも使いたい人が使う程度のものでしかない。しかしシャインナックルは発生0F技で威にも優れ、いかにしてシャインを当てていくかが問われる、ロックの代名詞になっている。

プレイヤーとしては「わた」が有名。牽制の立ち小K単発ヒット確認シャインナックルや真空投げブレーキング追撃を使いこなす氏のロックはもはや投げキャラ、隠しキャラといわれる事も。


テリー・ボガード[画像]


前作までの主人公で、旧作から一参戦。衣装髪型を一新しながらちゃんとテリーとして認識できるあたりにドット絵師職人芸が垣間見える。またボイスも一新され、それまで叫んでいた技名をほとんど叫ばなくなり、年相応の渋さが増している。

年齢を経たせいか通常技、必殺技の性は低くなっており、地上戦は死んでいるとまで言われる。反面、キャンセルフェイントを絡めたラッシュが強で総じて差し合いではなくワンチャンスからのラッシュで押していくキャラ。一度触ってからの攻めの強さと、馬鹿には出来ないコンボ火力が武器となる。特にノーゲージでの火力は全キャラでも上の方、ゲージがあればあればでバスターウルフによる火力底上げ、発生7fだが発生保付きで割り込みに重宝するパワーゲイザーなど更に強くなる。

プレイヤーとしては「れでん」、「」が有名。


キム・ドンファン


キム・カッファン長男。性格、顔、全てが親に似ておらず、「こいつ本当にキムの息子か?」という意見も。
でも密かにを尊敬していたりと、内面は結構だったりする。
また、思いな一面もあり、ジェイフンを手助けしようとKOFに出場したり、過ぎて思いつめてしまうジェイフンをフォローしたりしている。
はしないが強い、いわゆる天才肌の男。父親のカッファンには出来ない、電撃った蹴りを使う。

と違い必殺技の性が良いため、ゲージ溜めにはさほど苦労しない。そして必のスーパードンファン脚は発生0フレの為、極めればJD後や相手のちょっとした隙に差し込むことが可。このスパドンのおかげでゲージ1本溜まっている時のドンファンバッタ戦術は相手に相当のプレッシャーを与える(発生0fなので何か振った時点でほぼスパドン確定)。
近立Dキャンセルフェイント昇りAスーパードンファン脚×2なんて世紀末な連続技も出来る。 画面端なら更に強も入るぞ!

プレイヤーとしては「彼女☆募集中」が有名。


キム・ジェイフン



次へ»
最終更新日: 17/05/29 04:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ