ニコニコ大百科モバイル

フィーチャーフォン向けニコニコ大百科は11月30日で終了します。長きにわたりご利用ありがとうございました!


首領蜂


ヨミ: ドンパチ
掲示板をミル!
26カキコ!

首領蜂とは、1995年稼働のシューティングゲームである。開発はcave、販売はアトラス

1996年セガサターン移植版がアトラスから、プレイステーション移植版がSPSから販売された。


ストーリー


最強の軍隊を作り出すための大規模な軍事演習
その内容は敵異軍団を装った仮想敵を設け、その正体を味方に隠したまま実戦形式で戦わせるという荒唐稽なものだった。
プレイヤーは首領の命により、この仮想敵側の戦闘機を操り、味方の軍を底的に叩きのめす事が任務になった・・・・


ストーリー(PS移植版)


「諸君、今回もよく集まってくれた…」
首領(ドン)の第一は、必ずこれだ。
「任務は言うまでもない。従来通り底的にやってもらいたい。
何度も言うようだが、この任務は全てが軍隊のためなのだ。
この任務のおかげで、が軍隊は幾度となく実戦経験を積み、
更なる軍備の強化がなされてきた。この強な軍隊があるのも君達のおかげなのだ。」
人の名を借りた襲撃。そう、オレたちの任務とは、が軍隊を襲撃するというものだ。
確かに軍備はその都度強化され、優秀な兵隊達が残るようになっていった。
結果として軍隊そのものは、襲撃される度により強な軍隊へと変化していったのである。
「首領、々よりも軍隊の方が、戦的に上回ってしまうことはないのですか?」
「それは、ありえん。君達はが軍隊の中から極秘に選ばれた戦闘エキスパートなのだ。
しかも、君達自身、襲撃のたびに腕を上げているではないか。何も気にすることはない。」
しかし、この軍隊はいずれオレたちの想像をはるかに越えるものになりはしないだろうか?
「今回もが軍隊の壊滅を願って…よろしく頼む。」
この任務に終わりはあるのだろうか。終わりがあるとすれば、々の死なのか…。
「出撃!が軍隊を壊滅せよ!が軍隊のために!」
「彼らの存在が脅威に変わるとき、が軍隊の価が問われるのかもしれん…」


概要


記念すべきシリーズ第一弾、CAVE処女作。弾幕シューティングの始祖の一つと言われる作品。
当時CAVEを設立した要社員がシューティングの一時代を築き1994年倒産した元東亜プランであった事から、
この作品は東亜プランを受け継いだかのようなシューティングになっており、ここ近年の怒首領蜂シリーズのようないわゆる「弾幕シューティング」といった要素はあまりい。
後のシリーズべると当たり判定は案外大きく、敵弾は量が少ない代わりにスピードが速い等の大きな違いはあるが、コンボボムアイテム等のボーナスアイテムといったゲームシステム部分、自機の機体やストーリーの設定等は形を変えつつも後のシリーズに受け継がれている。

ちなみに、「弾幕シューティング」のを築いたのは続編にあたる怒首領蜂である。

全5ステージ×2周の計10面だが二週に入るのに怒首領蜂と違い条件はく、強制的に二週させられる。4、5面が非常に長い。また一週の後に初代首領らしき方が現れる。・・・それは君たち次第だ。

2週に入ると打ち返し弾がのように出たりと難易度は上昇する。弾消しという甘えは許されないのだ。

また本作からボスが出てきているがかなりメカメカしい

熱くて格好いいおじさんのオペレターボイスも特徴。


機体とシステム


Aボタンショット、押しっぱなしでレーザーになる。Bボタンボンバー、Aを押しながらBでやるとすんごいレーザーになる。また首領蜂シリーズ染みコンボシステムもある。ボンバーストックというボムを溜めておけば高得点が得られるというシステムもある。

機体

A()・・・お染み。基本的に一点集中性、機動にすぐれているが、広範囲の攻撃が出来ないため、このゲームでは一番弱いというか扱いが難しい機体

B()・・・ヘリコプター。広範囲で攻撃も中々、機動もあるので中級者向けと言えるかも。

C()・・・分散ショットで攻撃範囲も広いし攻撃もあるが機動が弱い。が初心者にはこれがお勧めといわれる。


余談



関連動画



■sm4173269[ニコ動]

■sm4175979[ニコ動]


関連商品


■%E9%A6%96%E9%A0%98%E8%9C%82(%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%81)


関連項目



最終更新日: 15/06/16 01:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ