ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


香港特別行政区


ヨミ: ホンコントクベツギョウセイク
掲示板をミル!
572カキコ!
基礎データ
正式名称 中華人民共和国 香港特別行政区
中華人民共和 香港特別行政
Hong Kong
Special Administrative Region
of the People’s Republic of China
区旗
バウヒニア・ブレイケアナ
区歌 なし(中華人民共和国国歌を使用)
公用語 中国語英語
中西
面積 1,104km2
人口 7,026,400人
通貨 香港ドル(HKD)
時間帯 UTC+8(HKT)

中華人民共和国 香港特別行政区(中国語:中華人民共和 香港特別行政英語:Hong Kong Special Administrative Region of the People’s Republic of China)とは、香港をはじめとした236、九半島中国本土南部と接する新界から成る地域の総称。中華人民共和国行政区画の1つ。世界有数の自由貿易港・都市である。元清国イギリス領(1941~1945年日本領)。 1997年より中華人民共和国領となったが、資本主義を維持し独立に近い地位と高度な自治権を持つ。なお、「香港」とは狭義には香港のことをす。

概要

中国大陸での中国共産党一党支配とは異なり、香港政府による香港基本法に基づいた独自の政治が行われている。約150年続いたイギリス領時代の状態を維持するとし、中国本土との間には事実上の境線が引かれ、中国とは異なる政治法、経済、税制、教育、思想、義、文化などの独立した社会体系を持つ。一応中国領土であるが、この特別行政区(香港・澳門)では社会制度が異なる。
これを二制度という。

中国政府は、返還後50年(2046年まで)は内政に干渉しないという約束(一応)がある。そのため、中華人民共和国の政策(ネット検閲情報統制、言論統制一人っ子政策、文字革、言政策など)の対からも外れる。要は、軍隊と外交権を持たない点を除けば中国とは別のも同然であり際的な扱いもそんな感じの地域。

人口約700万人、面積東京都の約半分(うち70%は山)。公用語は広東英語通貨は香港ドル(USドルペッグ制)、ドメインは「.hk」。法体制は英法(コモン・ロー)のままで、日本で言う最高裁判所にあたる香港終審法院にはイギリス裁判官が招聘されている。よって死刑制度はい。交通はイギリス同様左通行右ハンドル中国は右通行左ハンドルだが左ハンドルの走行は法律で禁止)。

イギリス領時代より伝統的なレッセフェール(自由放任政策)にし、資本主義の砦として驚異的発展を遂げてきた。2011年現在でも経済自由数は17年連続で世界1位となっている(ちなみに中国135位)。基本的にゼロ関税での輸出入が可というフリーポートで、買い物において税というものがい。観光客も香港のどこで買い物をしようと関税消費税(付加価値税)も掛からないのである。

中華人民共和国との関係

香港は昔から現在にかけても、共産中国に対する不信感が根強く残っている。要因として、イギリス領だったために共産党政権の影を受けてこなかったこと、共内戦や文化大革命共産主義政策から逃れてきた人々と共に発展した世界有数の自由貿易港であること、天安門事件の存在などがある。

それにより、多くの香港人は返還を前にして中国による自由人権の侵を恐れた。返還が決定した1985年より、カナダオーストラリアなどのイギリス連邦アメリカなどへの移民が大量に流出していくこととなる。

六四天安門事件

1989年6月4日中華人民共和国北京安門広場にて中国共産党民主デモを武弾圧し、多数の死者を出した事件。

近くに返還を控える香港はこれに対しどのよりも先に反応し、大々的に報道した。ほぼ全ての学校企業政府機関では公式に譴責・哀悼が行われ、事件への抗議デモの参加者は100万人にも上り、香港人の怒りと不安を大いに掻き立て、結果的に香港人の海外移住を爆発的に増加させる事件となった。

香港にとって半ばトラウマと化している面もあり、現在でも中国によるチベット弾圧などの非民主的行為にはいちく反応し、報道している。また、毎年6月4日には香港のヴィクトリア公園にて追悼集会が開かれている(なお2010年の参加者は15万人)。

香港返還と一国二制度

前述したことに加え、香港と中国本土の間には非常に大きな経済的格差や生活準、思想、文化の違いなどが存在していたため、いきなり統一してしまうと大陸移民が香港に殺到し大混乱になることが懸念された。

これに対し中国側は社会(というか英)の承認を得るためにも「一二制度」を提唱し、「五十年不(返還後50年は現状を維持する)」や「港人治港(香港は香港人が治める)」などを約束するとして、香港などに対し念入りに安全を言い聞かせた。しかしながら香港のクリストファー・パッテン総督は返還を前に香港の民主化を加速させたため、中国との関係は緊した。世界メディアも「香港は中国に飲み込まれる」と信じ、香港の繁栄は終わると論じた。

そして香港返還は予定通りの1997年7月1日歴史に見舞われる中で行われた。この日は返還記念日として香港の祝日となっているが、毎年大規模な民主化(反中共産党・香港政府デモが行われる日でもある。

区境とパスポート、中国本土人と香港人

中国人自由に香港に出入りできるようになれば、治安の悪化(実際に区を挟んですぐ隣の深セン治安が悪い)は不可避である。また、「英領香港」パスポートは世界でも較的有利な扱いを受けていたが、「中華人民共和国」パスポートは信用度が低く、世界中を飛び回って商売をしていた香港人にとってパスポートが後者に代わってしまうことは致命的だった。そこで、返還後も引き続き香港人を優遇してもらえるよう世界中に働きかけたが、そのためには「中国土人」と「香港人」を明確に分ける、つまり「」を設けて別々のパスポートを発行する必要があった。

よって、香港と中国本土の間には事実上の境線と出入管理所が存在する。中国と香港では税制も異なるため当然、税関もある。中国土人観光などで香港に入る場合はパスポートと通行ビザのようなもの)が必要で、通行政府に申請して審に通れば発行してもらえる。また外同様、勝手に住み着けば不法滞在逮捕される。なお、香港人が中国本土に入る場合、制限はい。ちなみに外国人の場合でも、出入管理の法律自体が異なるため、香港に入するのと中国に入するのでは条件が異なる。

したがって、中国本土と香港の間の電話電話飛行機際線扱いとなり、コードも異なる。

そして現在、香港のパスポートには、イギリスの置き土産である(中国政府は存在を認めてない)「海外在住イギリス民(BNO)」パスポートと「香港特別行政区(HKSAR)」パスポートがある。中国パスポートにはるかに信頼性が高く、日本へもビザしで入することができる。

このようなことに加えイデオロギーの問題もあるので、香港人に対し「中国人」と言うと訂正されたり、あるいは怒りを買うこともある。大陸観光客のマナーの悪さや「野蛮」といったイメージから、香港では中国土人を蔑視し差別する傾向にあるのも大きな理由の一つである。香港人の前で「中国ってさ~」などと言うのも控えたい。

その他中国本土との関係に関すること

香港の言葉

中国本土と台湾では政策として北京語日本で言う「中国語」)を標準に定めており、テレビや授業、音楽などの場では北京語が使用され広く普及しているのに対し、香港の標準は広東(粤)である。なお北京語と広東は音学的には別言で、2言間の会話は不可。ただ字体は違うが、漢字での意思疎通は可である。

学校英語で授業をする英語学校と広東に2種類、テレビも同様で、音楽映画は広東。返還前後から北京語の勉強も義務化されたためサッパリと言う人は減ったものの、現在英語べると通用度は低く、もし話せてもネイティブでも聞き取れないほど訛りが酷い場合が多い。しかしながら、広東英語北京語のトリリガルしくはない。

文字

繁体字と呼ばれる、画数の多い伝統的な漢字日本で言う旧字体)。台湾と同じと言われるが、香港のほうがより古いためにやや画数が多かったり、微妙な差はある。

更に、広東を表記するために香港が作った独自の漢字も多数存在する。例えば日本でも有名な広東問題(モウマタイ)」は本来香港では「冇問題」と表記するが、「冇」は香港独自の漢字日本には存在しないため、「」を当てている(香港でも「」の字は使われるし意味も同じだが、用法と調が異なる)。

公式な文書やテレビ字幕などでは北京語と同様の文語が用いられるが、広告ネット掲示板漫画など砕けた表現を用いる場では広東で表記(広東は口なので厳密に言えば当て字)されることが多い。

広東の文は中国語に対し、方言字(口偏のついた字が多い)の使用や、分かりやすいところでは「是」が「係」、「不」が「唔」に置き換わっていることなどで見分けられる。

広東語

現代中国語普通話)の調が4種類なのに対し、広東は9種類。古中国語の発音や彙、文法を最もよく保存している言と言われる。きとしては現代中国語よりもタイ語ベトナム語、チワンなどと類似しており、共通する特徴も見られるため、元はタイ語系の言に古中国語が被さったクレオール言であったと考えられている。感覚的な特徴としては、発音するとのトーンが全体的に低くなる。文末気助詞(語尾に付いて感情を表す。日本語の「~だぞ」「~かな」的なもの)は漢語の中でも最多で、100種類以上が常用されている。なお普通話のピン音のような決まった発音表記法はく、学習者泣かせでもある。

余談だが、返事が「はい」であることから日本語の「はい」は広東に由来するという説がある。

香港の広東の特徴としては、英語からの借用が多数ある(例:タクシー→的士)などが挙げられる。というか10ぐらい英語である。

香港広東フレーズ
「私は日本人です」:「日本人 ンゴーハイヤップンヤン」
「こんにちは」:「Hello」が一般的。「你好 レイホウ」はごく稀。
ありがとう」:「多謝 ドージェ」
「どうも+すみません」:「唔該 ンゴイ」
すみません」:「唔好意思 ンホウイーシー」、「Sorry」
ごめんなさい」:「唔住 ドインジュー」
「おいしい」:「好食 ホウセッ」
「さようなら」:「 バイバイ」が一般的。「再見 ジョイギン」はやや堅苦しい。

広東語ポップス

広東調が複雑なので、歌詞調に合った曲を作るか、曲のメロディーに合った調の歌詞をつける必要があり、作詞作曲にあたって広東への深い知識が必要とされる。また、外国語の曲をカバーする際にはどうしても歌詞の意味を変えざるをえない。このような言は他に、ベトナム語などがある。

香港音楽界では1970年代に登場したサミュエル・ホイがほぼ初めて全な広東で歌ったとされる。それまでの香港では、広東での作曲が困難なことから英語もしくは台湾からの北京語の歌が流であった。


次へ»
最終更新日: 19/12/07 21:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ