ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


香風智乃


ヨミ: カフウチノ
掲示板をミル!
356カキコ!

香風智乃について語るスレ#15

香風智乃(かふう ちの)とは、Koiによる日本四コマ漫画、「ご注文はうさぎですか?」に登場するキャラクターである。誕生日12月4日血液型AB型称は「チノ」。名前の由来は「カプチーノ」。
アニメ版での声優水瀬いのり


概要



立場、容姿など


作中で物語の中心となっている喫茶店、「ラビットハウス」の一人。作品のもう一人の主人公であり、メインヒロインと言えるポジションである。作品のシンボルともいえるキャラクターであり、キャラクターソングの数も作中もっとも多い。原作初期及びテレビアニメ1期のときは中学2年生。原作4巻及びテレビアニメ2期からは中学3年生。原作9巻からは高校1年生

容姿としては、今時のアニメキャラにはしい小さくて控えめな口に水色ロングヘアと、「×」髪留めが特徴的。 装や状況によって髪型を変えることがあり、お団子だったり、小さめツインテールだったりすることもある。

また、よく頭の上にティッピーを乗せているが、リゼく「意外とバランスとりにくい」とのこと(リゼの身体を考えると、実は結構凄いことをしているのかもしれない)。

身長144cm。なお、この身長小学六年生女子身長よりも若干低い。また、親友であるマヤはその4cm低く(140cm)、メグは1cm高い(145cm)。なんにせよ、全員身長を下回っている(論、あくまで現実的に考えた場合の話である)。


性格


年齢は13歳(途中から14歳15歳)。その割には大人びた言動が立ち、クールな印を与えている。自称であるココアの言動に、呆れたりバッサリ切り捨てたりすることも多く、どっちが年上なのか分からないこともしばしばである。

ただ、コ-ヒーに砂糖ミルクが必須だったり、「酵母菌」を「攻歩菌」と言う危険な菌と勘違いしたり、身長スタイルについて悩んだり、明らかに正体がバレバレな怖い話で一生懸命怖がらせようとしたり、映画で感動して泣きそうになったりと、子供らしく、また可らしい一面もたくさん持ち合わせている。

そんなクールで可らしい彼女だが、作中では全くと言って良いほど笑っているシーンがない。しかし、怒ったり、拗ねたり、驚いたり、泣きそうになったりと、それ以外の表情は案外豊かであり(といっても、やはり真顔であることが多いのだが)、単にココアが確認していないだけで、他のメインキャラ達の前では、何度か笑顔見せたことがあるようである。

そんな事情もあってか、2巻の第1話はそのことを題材にした話となっており、最後のコマで、コーヒーに映っているという形だが、ようやくその笑顔読者に見せてくれた(一応、その前に、口元だけと、ココア妄想で見せてはいるのだが、明確且つ本物の笑顔はこのシーンが初である)。ちなみに、この話の中では、何とかして自分を笑わせようとするココアに対し、「見下すような嘲笑」を見せていた。 どうやら、母親(もしくは祖母)譲りであるようで、祖もよく笑われていたらしい。

に対しても敬語で話すのは、周りがお客さんや年上ばかりだったため、癖が直らない……というのが理由。理に話そうとするともぢもぢしてしまう模様(そしてトイレ慢していると勘違いされてしまった)。なお、顔を隠せば積極的になれるようで、文化祭のときにはティッピーの被り物を被ったことでアグレッシブココアたちのクラスの店を宣伝し、ちゃっかりラビットハウスの宣伝までしていた。

ココアとの出会いをきっかけに引っ込み思案だった性格に変化が見られるようになり、本人もその変化を自覚し、受け入れるようになっている。これまでは動物に懐かれない体質だったが、ココアと出会って1年後のには野良うさぎに懐かれるようになる。この頃から、やんちゃな一面も見られるようになり、頭にワイルドギースを乗せた「グレチノちゃん」となり周囲を驚かせたこともある。一方でココアポンコツな部分までもが伝染しているようである。


他キャラとの繋がり


親友が2人(メグマヤ)、メインキャラの4人(ココアリゼ千夜シャロ)、そして青山ブルーマウンテン青山さん)と繋がりがある。

[画像を見る][画像を見る][画像を見る]

本人はあまり人と接するのが得意ではないようであり、メグマヤの関係に対しても、「あの二人が積極的に話しかけてくれなかったら、友達になっていなかった」 とのこと。

他の交流も、ラビットハウスに縁があったリゼはともかく、千夜シャロに関しては、ココアとの繋がりがなければ、まず知り合うことはなかったと言え、リゼとも、最初の頃は「軍学校のようだった」らしい。

ただ、ココアと知り合ってから、かと話す機会が多くなったこともあり、少しづつ他人と話すことへの苦手意識がされつつあるようである。「お爺ちゃんとしか話そうとしない自分を思う必要は、もうない」と言っている辺り、昔とべれば大分成長しているようである。自分よりも幼い子供に対しても積極的に話しかけて、「おちゃんらしさ」を見せるようにもなる。また、これまで木組みの街から出たことがなかったが、4巻11話でみんなと山遊びに出掛けたことで初めてから出ている。また、7巻ではココアたち一同を外のセカイ大都会)への卒業旅行に誘っている。


ココアに対する想い


自称され、迷惑がったり、呆れたりする描写が多い。しかし、ココアから「姉妹みたいだね」と言われたことに対し、小で「ココアちゃん…ですね」と言ったり、なかなか覚めないココアに対して、これまた小で「…おちゃんの ねぼすけ」と言ったこともある。どちらもココアにしっかり聞かれ、後者に関しては、明らか覚ましより小さいなのに飛び起きたりした。

また、3巻の11話でブランデー入りのチョコで酔った際には、見なしとは言えココアのことをはっきり「おちゃん」と呼んだりした。更に、お互いにニンジンを残してリゼに咎められた際には、「お母さんに見て?」「おちゃんの言う通りです」と、ネタ的とは言え、姉妹らしく振る舞ったりも。

他にも、ココアのためにメグマヤと共にスコーンを焼いてプレゼントしたり、ココアが不在の際、気付いたらミルクココアを作りまくって深刻なココアシックに陥ったり、熱を出した際には必死に看病したりと、その仲や想いは日に日に深まっているようだ。作中のキャラクターの中でもっともココアからの影を受けており、大人しい性格に変わりはないが、ツッコミをすることで次第にり上げることが増え、周囲からはココア化していることが摘されるようになる。また、ココアのことを自然に「」と呼ぶことも見られるようになる。

ちなみに、彼女が昔作った写真立てをココアが褒めようとし、上手くいかなかった後、「お前母親と、褒め方が同じじゃ」とティッピーが述べ、それに対して「ぜんぜん違いますよ…」と否定しながらも、微笑みを浮かべたこともある(先述にもあるが、これは彼女が作中で初めて笑顔を見せたシーンである)。

中学3年生になり卒業後の進路に悩んでいたが、ココアの通う学校文化祭に招待され、ココアの楽しそうな学校生活を見たこと、文化祭の雰囲気が気に入ったこと、そして色々な人を知りたいと思ったことを理由にココアと同じ学校に進学することを決意する。親友であるマヤメグとは離れ離れになることになったが、かつての引っ込み思案だったチノが1人で決めたという大きな成長が表現されたエピソードであり、やはりココアとの出会いがもたらした変化でもある。


将来の夢と才能


仕事を継ぎ、立バリスタになることがバリスタであった祖を尊敬し、またよく遊んでもらったこともあって、自他ともに認めるお爺ちゃんっ子だったようである。

そんな祖コーヒー占いカフェ・ド・マンシー)は、「当たり過ぎて怖い」ほどだったらしく、彼女カプチーノなら「良く当たる」と評判になるくらいの腕前を見せている。他にも、香りだけでコーヒーの銘柄が分かったりと、バリスタとしての才は十分に持っているようだ。

事全般はこなすことができ、裁縫もできる。一方、運動神経は低く、体もあまりない。泳ぎも苦手としており、かきで2mほどというレベル。体育系のイベントがあるときはリゼに特訓をお願いしている。

その他の素質としては、某巨匠の如くの画力が挙げられ、彼女の絵に「1億出す」との申し出がされた逸話まである(1巻カバー裏参照)。だが、迷惑なので本人は追い払ったとのこと。 なお、本人自身はあまり自分の画力を快く思っていなかったが、青山さんの言葉もあり、個性として昇。「時代を変える強い絵」と評された(ただ、趣旨は違ったために、点数は低かった)。

また、趣味チェスを嗜んでおり、その実初心者とはいえ将棋を嗜んでいた年上の千夜に勝つほどである。同い年のフユに負けるまでは、同年代に負けたことがなかった。趣味関連では、他にもパズルやボトルシップも嗜んでおり、シャロく「老後も安心の趣味」とのこと。


キャラクターソング一覧



次へ»
最終更新日: 21/03/13 23:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ