ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高山箕犀


ヨミ: タカヤマキサイ
掲示板をミル!
10カキコ!

高山箕犀(たかやま きさい)とは、フリーイラストレーターゲームデザイナーである。


概要


大学卒業後にビッツラボラトリーに入社し、恋愛シミュレーションゲームトゥルーラブストーリーシリーズグラフィックを担当。
シリーズ制作に特化したGameCRABに所属した後、シリーズ最終作に当たる『True Love Story -Summer Days, and yet...』でキャラクターデザインを担当したことで、高山の名が知られるようになる。
その後フリーとなり、エンターブレインより発売された、トゥルーラブストーリーの流れをむ『キミキス』『アマガミ』の両作品でキャラクターデザインを担当。こちらはシナリオ部分にも大きく関わっている。
PS2アマガミの発売から約7年後の2016年オリジナルTVアニメセイレン』において、キャラクターデザインとともに、全12話の脚本を務めることが発表された。

担当した作品には紳士的要素が多分に含まれており、「会話イベントエッチ話題が選べる」「エロゲーと見紛う過イベント」「主人公変態」であることが多い。
一方で純愛をとても大切にしている節があり、ヒロインを同時攻略しようとすると、高確率主人公ヒロインプレイヤー全員の心に傷を負う展開になる。
アマガミにおいて、ソエン状態となったヒロインは部活や仕事で成功するようになるが、これは「ヒロインの成功する未来を犠牲にしても結婚する覚悟を持って欲しい[外部]」という高山の考えからきている。

また、キミキス以降の高山担当作品は世界観が同じであり、アマガミゲーム本編キミキス小ネタがあるだけではなく、コミッククリア連載の漫画アマガミLS~はるかAnother』(漫画santa、原作:高山箕犀)には、キミキスキャラクター日南高校が登場したり、セイレンが発表されたPVではヒロインの1人と思われるがキャラクターアマガミ輝日東高校制服を着ているなど、積極的に過去作品のキャラクター舞台を登場させている。

トゥルーラブストーリー1~3のキャラクターデザイン・原画を担当した松田浩二から絵的な面で大きな影を受けている、とインタビューったことがある。これはビッツラボラトリーに所属していた頃に松田の絵に似せる練習をしていたためで、松田に見せるとちゃんと添削をしてもらえたとのこと。

ちなみにレトロゲーマーであり、大のMSXSEGA好きで、ツイッターでもよく話題にあげたり、リツイートしたりしている。中学生時代には、MSXの『沙羅曼蛇』を丸2日寝ずにプレイしていたところゲームパッドが滑るので、電気をつけてみたら親の皮がむけて血まみれになっていた……といったエピソードもあったという。これまでプレイしたゲーム名作を1つ挙げるとすればSEGAの『スペースハリアー』とのこと(2006年1月開のインタビューでの回答)。


代表作品



関連動画



■sm29837229[ニコ動]


関連商品


■azB00009N2JT
■azB000Z1TOYM
■azB00G9W0PX0


関連項目



関連リンク



最終更新日: 16/10/22 21:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ