ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高松市


ヨミ: タカマツシ
掲示板をミル!
13カキコ!
[画像を見る]
香川県

高松市は、四国香川県にある自治体である。

同県の県庁所在地であり、中核定されている。

市名の由来

高松」の地名の由来は諸説あるが、最も古いものは平安時代前期の「和名類聚抄」に出てくる当時の地名である「多加(たかつ)の郷」というのが転じて「高松」になったとする説である。また、「高松郷にを突くような大きながあったから」とする説などもある。
ここで言われている「高松郷」とは現在の高松市古高松地区であり、生駒親正1588年に高松郷の西にある香東篦原(のはらの)玉藻に建てたを「高松」と命名した(同時に高松郷を古高松と命名した)。やがて高松下町全体が「高松」と呼ばれるようになり、現在に至る名にも使われるようになった。
現在高松港周辺は当時小さな漁港であり、現在も玉藻の東側にある東漁港として残っている。


概要


四国北東部に位置する香川県県庁所在地であり、同県の経済行政の中心となっている。

人口は約42万人であり、四国地方では松山市に次ぎ2位である。

人口こそ四国2位ではあるが、四国電力JR四国といった四国を代表する企業の本社、東京大阪などの大企業四国支社・支店、四国を管轄する多くの出先機関高松高等裁判所などの機関が集積し、実質的に四国の中枢都市として機している。

な拠点性を有し、更にアクセスが良いため、郊外や近隣都市だけでなく県内全域や隣県からも通勤通学客が通っており、都市雇用圏人口は約84万人と香川県内の大半を占め四国最大の規模を誇る。

高松市のオタク事情

地方では数少ないテレビ東京系列の放送局が視聴できる都市である。そのため深夜アニメの本数は地方都市にしては較的多い方である・・・が、アニメ文化はあまり根付いておらずアニメショップも最近まで瓦町に近い南新町アニメイトしかなかった。2015年になってようやく瓦町FLAGアニメガが出店している。
かつてはゲーマーズも出店していたが(地元書店のフランチャイズ)、繁から離れたところに出店していたこともあり撤退してしまった(商店に出店していれば・・・)。一時期は商店メイド喫茶が数店舗出店していたが、こちらも現在では全て撤退してしまっている。

書籍に関しては、宮脇書店という地元の書店チェーン内だけで23店舗(県内全域では51店舗にのぼる)を展開しており、郊外などでも較的楽に購入することが出来る(ただし中小規模の店舗がほとんどのため品えの少なさは不満の対になることもある。また、宮脇書店がその店舗網でガッチリと地盤を固めているので、県外の大手書店チェーンが進出しづらい状況になっている)。県民性なのか宮脇書店の店舗網の影なのかは分からないが、香川県の一人当たりの書籍購入額は全でもトップクラスである。

ビデオレンタルに関しては、TSUTAYAゲオなどが内に点在しているためそれなりに楽に利用することができるが、中心部に店舗がいため(かつては商店にあったが閉店してしまった)、中心部に住んでいる人は郊外まで出かけないと利用できないという状況が続いている。かつて中国四国地区のゲオ運営していた会社が高松にあったため(その後本社に吸収された)、高松市内および香川県内ではTSUTAYAよりゲオの方が店舗数が多い(ちなみに四国TSUTAYA運営している会社は高知愛媛にある)。

最近では中央商店の常磐においてコスプレイベントを開催するなど、の活性化にアニメ文化も活用していく方針のようだ。

高松市とニコニコ動画

ニコニコ動画における高松市関連の動画で最も有名なものは、高松市に本社を置く高松琴平電鉄(通称:ことでん)関連の動画であろう。ことでん路線の前面展望動画ことでん歴史を扱った動画まで、幅広いジャンル動画が多数投稿されている。開通当時から破格の高規格であったことや、数々のな投資活動や魔改造鉄道ファンには人気だったが利用者からは批判の的だった「動く博物館」と呼ばれるほどの旧設備、さらに2000年代に入ってからの倒産と執念の復活といった動の歴史を歩んでいるためネタ的にも豊富なようだ。

また、四国を代表する幹線道路である国道11号国道32号、岡山県とを結ぶ国道である国道30号、香川県の沿沿いを走るさぬき浜街道などが内を通っているため、そういった道路車載動画も多く投稿されている。

讃岐うどんの本場でこそいが内には著名なうどん店がいくつか存在するため、うどん屋巡りの動画に登場することも多々あるようだ。

基礎データ

[画像を見る]
高松市役所

 

 

 

 


地理


香川県内の中央部から少し東側に位置し、北は瀬戸内、南は徳島県との県に接する。

讃岐平野の一部となっており、平野部の割合が高い。そのため地や商業地などもほぼ内全域に広がっている。

北部の高松港を起点として放射状に地が形成されている。

としては瀬戸内区に属し、降量は少なく日照時間は長くなっている。そのため度々不足になっており、だけでなく県全体としていろいろな対策がなされている。


交通


公共交通機関

鉄道
[画像を見る] [画像を見る]
JR四国ターミナル駅である高松駅 ことでんターミナル駅である瓦町駅
岡山県百貨店である満屋が入居していたが、
現在閉店しており、瓦町FLAGになっている。
バス

道路

アクセス

市内及び近郊アクセス
公共交通機関

鉄道は、内においては路線数・数・本数どれもが少なく、あまり利便性が高いとは言えない。ただし近隣都市からのアクセスの場合、高松駅~多度津駅間はJR四国の中でも特に重要路線とされており他路線にべ整備されているため(JR四国一の複線化区間でもある)、本数もそれなりに多い。

JR主要駅から高松駅までの所要時間
ことでん主要駅から瓦町駅までの所要時間
道路

道路は、香川県(讃岐平野)全体で較的道路網が整備されており、県内の多くの都市から楽に訪れることができる。
近隣都市とを繋ぐ道路はほとんどが4線以上で整備されており、特に坂出市方面とを結ぶ国道11号線および郊外の大動脈である高松バイパスに至っては6線とかなり利便性が高い。

自動車での高松市中心部への所要時間は、道路の混雑状況や速度にもよるが、志度から約20分、坂出駅から約40分、丸宇多津駅からは約1時間程度である(ぶっ飛ばした場合、概ね10分程度短くなる)。

広域アクセス

他県からのアクセスとしては、JR四国要路線がほぼ全て乗り入れる高松駅があるため四国3県及び岡山県からは較的楽に訪れることが出来る。
また、高速道路内中央部を横切っているためICが4つ存在し、岡山県関西方面の高速道路と直結しているためでのアクセスも良い。ただし神戸淡路鳴門自動車道を利用して訪れる場合、鳴門IC高松ICの手前までは暫定2線の対面通行となっているため注意が必要である(将来的には4線化が計画されているが、現時点で着工時期は未定である)。
さらに、本州から鉄道またはを使用して訪れる場合は瀬戸大橋明石海峡大橋などを通らなくてはならないため、銭的には割高になってしまう。
他県から高松市を訪れる手段としては、鉄道フェリー飛行機、自高速バスなどがある。

隣県主要都市等から高松市までのアクセス(高速道路での所要時間は法定速度を遵守した場合である)
(※高速道路を使用した場合の利用料金は、上限制やETC割引、時間帯割引などがあって不規則なため省略)

岡山市・・・鉄道(岡山駅高松駅):約1時間、1,470
       高速道路(岡山IC高松西IC):約1時間

徳島市・・・鉄道(徳島駅高松駅):約1時間(特急列車)、3,070円(乗車券:1,410円、特別料:1,660円)
       高速道路(鳴門IC高松中央IC):約50分(徳島ICから高松へ向かうことは出来ないため鳴門ICで代用)

松山市・・・鉄道(松山駅高松駅):約2時間30分(特急列車)、6,010円(乗車券:3,400円、特別料:2,610円)
       高速道路(松山IC高松西IC):約1時間30

高知市・・・鉄道(高知駅高松駅):約2時間10分(特急列車)、5,270円(乗車券:2,660円、特別料:2,610円)
       高速道路(高知IC高松西IC):約1時間20


次へ»
最終更新日: 16/06/27 08:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ