ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高校生クイズ


ヨミ: コウコウセイクイズ
掲示板をミル!
520カキコ!

高校生クイズとは、日本テレビ系で毎年放送される高校生役の大クイズ番組である。正式名称は「全国高等学校クイズ選手権」


概要


元々は出場資格18歳以上(高校生除く)だった『アメリカ横断ウルトラクイズ』に寄せられた「高校生でもウルトラクイズに出場したい」という要望をヒントに、ウルトラクイズ高校生バージョンとして始まったのがこの番組である。 

1983年大晦日に第1回が放送され、1985年までの年2回開催だったが、1986年以降はのみの開催となり現在に至っている。メインスポンサーとして洗剤・歯磨き用品の大手メーカーライオン」が番組開始当初から付いている。
ちなみに、『アメリカ横断ウルトラクイズ』のスポンサーライオンライバルメーカーである「花王」。

同じ高校に通う生徒2人(第33回までは3人)が1チームとなり、「知・体チームワークを重視したクイズで全一をす。クイズファンの間ではクイズ甲子園という異名で呼ばれ、ギネスブック世界一参加人数の多いクイズ番組」として認定されている(第1回大会のデータより)。

クイズ形式は押しや知識量が問われる真剣味が問われる物から、即テーマに合った曲の歌詞を作る「クイズ!スター誕生」、推理が問われる「サスペンスクイズ」、さらには知ではなく料理が問われる「クッキングクイズ」などバラエティ豊かな形式が生まれた。

また、決勝の舞台富士山山頂や東京湾をクルーズするヴァンアン号の船上などになっており、第17回(1997年)では香港、第22回大会(2002年)では準々決勝からオーストラリア舞台にするなど海外でも行われた。


知力・学力重視へ


その後、第28回大会(2008年)からは日本テレビの多くの番組で視聴率のテコ入れを行ってきた五味一男を監修に迎え、これまでの方向性であった「知・体チームワークから「知学力重視」へと大きな方針転換を行った。

クイズ問題の難化や進学校に偏った構成、また、見届け人としてひなタレントを起用した演出に賛否両論あるものの、第30回(2010年)では15.5%を記録するなど高視聴率となった。

このスタイルは第32回(2012年)まで続き、現在大学に進学した同時期優勝者等を含めて年1回「頭王」として開催・放送されている。


原点回帰・ウルトラクイズ路線へ


32回にて知重視路線を「一定の役割を終えた」として、翌第33回からは再びバラエティ豊かな路線へと回帰。

地区予選ではクイズに加えアトラクションの成績やSPゲストのチャレンジ成否を予想するなど運が加味されたり、クイズ自体も解き系やファッションに関する問題が多く出題されるなど、再び「広く浅く」な知識が要されるようになった。

このことに関しては「女子チームびいき」「強校潰し」と批判するもある。ただし、これまでも「運大王クイズに負けても運だけで本戦準決勝まで進める)」など、決して今しがた強く非難するというものでもない。

本大会では再び海外舞台となり、第33回ではタイフランス舞台に行われ、第34回からは高校生クイズの大本である「アメリカ横断ウルトラクイズ」さながらに、日本での内予選を経てグアムからニューヨークスタイルとなった。

問題形式もウルトラクイズでおなじみ「ドロンコ〇×クイズ」「大声クイズ」「バラマキクイズ」などが復活。決勝では後期ウルトラクイズ決勝同様自由の女神バックに戦うようになった。

また、第34回からは少子化に伴う参加のしやすさを加味し、これまで伝統だった「3人1組」のチームから「2人1組」にめられた。


ニコニコ動画では


第27回大会(2007年)決勝戦の押しクイズで出題されたアニメ・ゲーム問題、及びそれを正解した高校メンバー素材にしたMADが時折作られている。もう許してやれよ


関連動画



■sm3880943[ニコ動]

■sm4533246[ニコ動]
■sm8139905[ニコ動]
■sm8598556[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/01/17 16:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ