ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高梨将弘


ヨミ: タカナシマサヒロ
掲示板をミル!
1カキコ!

高梨将弘とは、DDTプロレスリング所属の日本プロレスラーであり、自称『汁レスラー』である。ニックネームは『ちゃんぴろん』など。本名同じ。


概要


1983年1月22日生まれ。千葉県市川市出身。

2002年に闘門(現DRAGONGATE)の第9期生として入門し、練習生としてプエルトリコ遠征に参加するものの、デビュー前に退団。このときの同期には現NOAHの石太二、バラモン・シュウバラモン・ケイらが居る。

2003年6月DDTプロレスリングに入団し、同年9月に本名でデビュー2005年1月にはリングネームをマサ高梨にめるものの、その後リングネームギミックはその時々の会社の状況などに応じてコロコロ変わることとなる。
2006年には諸橋也とのタッグで初KO-Dタッグ王者、2008年にはDDTエクストリーム級王者にく。更には男色ディーノと共に世界中のプロレスのベルトの0.1を独占することを的としたユニット「ベルトハンター×ハンター」を結成し、このユニット佐藤光留ヨシヒコ、矢郷良明、石井慧介らを巻き込みDDT内の一大勢となった。
そして2010年には次期KO-D差別級王者挑戦者決定戦バトルロイヤルに優勝し、関本大介の持つKO-D差別級のベルトに初挑戦。敗れはしたものの25分をえる闘は人々の感動を呼び、もが高梨明るい未来予感したはずだった。が、好事魔多し。その試合の翌練習中に右膝前十字靭帯断裂、内側靭帯損傷、膝関節亜脱臼という重傷を負い、長期欠場に追い込まれてしまった。
その後1年以上の長いリハビリを経て、翌年6月に復帰。同年11月には選抜じゃんけん大会で優勝してKUDOの持つKO-D差別級王者に再び挑戦するものの、またも25分を越える闘に末に敗れた。
2012年3月にはKO-D差別級王者男色ディーノ名を受け、高木三四郎社長とのKO-D差別級王者挑戦者決定戦に出場するが、敗れる。これで彼のKO-D差別級王者への路は絶たれたかに思われた。が、その男色ディーノ高木三四郎の防衛戦が行われる行内で、「KO-D差別級王者へのいつでもどこでも挑戦権」をDJニラと共に獲得すると、その行のメインイベント高木三四郎男色ディーノからKO-D差別級王者を奪った間に挑戦権を行使。相手は直前に敗れているとは言え、20分近くタイトルマッチを戦った相手だけあって、わずか2分で勝利し初のKO-D差別級王者にいた。
その後、翌にK-DOJOの火野裕士にKO-D差別級王者のベルトは奪われたものの、江戸川区で自行を開催したり、DDT以外にも元アイスリボンさくらえみがした舞に定期参戦するなど精的な活動を続けている。

その後はファミリア酒呑童子の各ユニットでスポークマン的な立場でユニット抗争の前面に立つ。2016年1月にはタッグマッチとはいえHARASHIMAから璧な3カウントを奪ったことが鶴見亜門GMに評価され、勝った方が両国国技館で行われるDDT19周年記念行のメインイベントKO-D差別級王者として立つという状況で時の王者木髙イサミに挑むものの敗れる。
7月にはリングネームをマサ高梨から本名の高梨将弘に戻した。

2018年10月30日DDTドラマティック総選挙ユニット部門を酒呑童子として1位、個人部門で1位を獲得し2冠を達成した。そして11月25日KO-D無差別級王座への挑戦が決定。王者が佐々木大輔というのも何かの縁だろうか。


所属ユニット


ここでは3人以上で構成される、DDTプロレスリングユニット並びにSTYLE-E時代のユニットについて記す。


得意技


そんなに体のバネはないのを自覚しているため、軽量級でありながらも手な飛び技は使わない。しかし、あちこちのリングで身につけたグラウンドレスリングの技術には定評がある


エピソード



関連動画



■1335918615[ニコ動]

■sm8895359[ニコ動]

■1342764261[ニコ動]
■sm10977781[ニコ動]
■1380884424[ニコ動]
■1360746794[ニコ動]
■1389950138[ニコ動]
■1402476877[ニコ動]
■1356400689[ニコ動]
■1435327470[ニコ動]


関連商品


■az4778310950
■azB008PEFDU0
■azB009M1FNP0


関連コミュニティ


■ch541


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/11/03 21:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ