ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


高畑京一郎


ヨミ: タカハタキョウイチロウ
掲示板をミル!
57カキコ!

高畑京一郎(たかはた きょういちろう)とは、日本ライトノベル作家である。たぶん、きっと。


概要


1993年、『クリスクロス 混沌の魔王』で第1回電撃ゲーム小説大賞賞〉を受賞しデビューデビュー作、第2作『タイムリープ あしたはきのう』、第3作『ダブルキャスト』まではハードカバーで出版され、のちに電撃文庫に収録された。現在は『Hyper Hybrid Organization』シリーズを執筆中。……のはず。

とにかく筆が遅い。現在は専業作家らしいが、とても専業作家とは思えないほど遅い。具体的に言うと10年以上新刊を出していない。2006年には「新刊を3冊出します」などという宣言をしたが、2006年138現在1冊も出ていない。そんな作家だが、新刊が出さえすれば品質は保されていることもあって、辛抱強く待ち続けるファンは多い。

2010年には8/25メディアワークス文庫での新刊の発売が告知されたが、12/25に延期され、その後当然のように予定から消滅した。高畑ファン2006年はまだまだ終わる気配どころか始まってすらいない。

デビュー作『クリスクロス 混沌の魔王』は設定や展開の類似性から、岡嶋二人クラインの壺』とよく較される。第2作『タイムリープ あしたはきのう』は、その緻密な構成から高く評価され、実写映画化も果たした(映画はわりと賛否両論)。現在進行中(のはず)の『HHO』は、「仮面ライダー人を殺された男が復讐のためにショッカーに入る」物語。果たして作者が死ぬまでに完結するのか(そもそも続きが出るのか)も定かではない。

2002年から電撃小説大賞の選考委員も務めている。お願いだから小説も書いてください。


余談


2002年電撃hpで連載していた『HHO』の原稿を高畑が落としたため、代原として掲載されたのが、第3回電撃hp短編小説二次選考落選作だった撲殺天使ドクロちゃんである。高畑が遅筆でなければ『ドクロちゃん』は世に出ていなかったのだ。そのため間接的にドクロちゃんの生みの親扱いされることがある。

一部では「おかゆまさき高畑別名義」説も囁かれていた(もちろんネタとして)。


関連動画



■sm804096[ニコ動]

■sm881941[ニコ動]

関連商品


■az407305662X
■az4840205582
■az4840205590
■az4840214158
■az4840214166
■az4840217106
■az484022028X
■az4840224145
■az4840226946
■az4840228361
■az4840232083

関連項目



最終更新日: 17/06/13 23:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ