ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鬼畜王ランス


ヨミ: キチクオウランス
掲示板をミル!
73カキコ!

鬼畜王ランスとは、ランスシリーズIFストーリーであるPCゲームである。
アリスソフトの「フリー配布宣言」により無料での入手が可ソフト
対応はWindows9X系及びNT系であり、VISTAや7や8にも対応しているが、
インストラーが9x系用とNT系用で異なっており標準で起動するインストラーはあくまで9x系用のため要注意。
ちなみにあくまでNT系以降のOSへの対応は、開発環境NTであったから出来ただけのオマケ要素なのである。 

発売当初は、ランスシリーズ世界観(および、まだまだ出番が先になりそうなキャラ達)の顔見せ総集編お祭りソフト的位置づけであったが、その後の設定やデザインの変更もあって、現在ではランスシリーズ本編には含まれず、あくまでIF設定による外伝という扱いになっている。
(ただし鬼畜王が初出であるキャラルーベランがランス・クエスト正史シリーズで初登場した際の様に、鬼畜王ランスでの内容が小ネタとして飛び出すことはある) 


概要


鬼畜王ランスは、9611月に発売された鬼畜戦士ランス主人公とするエロゲランスシリーズ」の外伝でもある地域制圧SLGであり後年アリスソフトの代名詞となった地域制圧SLGの元祖でもある。
後の戦国ランスと共にランスシリーズの認知度を大きく高めたシリーズの代表作。 

Windows95発売から間もなく移植版のRanceIVと共にWindows対応第一作として発売された本作は、発売から数年にわたってエロゲ雑誌の人気ランキングに残り続けたという日本エロゲ史に残る傑作の一つであり、そのイベント数の膨大さはまさに史上前であり、「全てのイベント全なデバッグ不可能であった」という逸話が有る程。
現在においても、これをえる規模のイベント数のソフトはそうは存在しないと考えられる。
通常これだけ古いとグラフィック的に古くささを感じることも多いが、イベントCGを除けばドット絵中心ながら現在でも十分通用する内容となっている。
さらに、その発売時期に関わらず9X系とNT系の両対応(ただしNT系でのインストールはオマケな為、多少面倒)であり、数年前からアリスソフトの「フリー配布宣言」により、無料で入手可であることや、(インストールで多少特殊な操作こそ必要なものの)現行OSでもエミュレーター等を使う事プレイ出来ることもあって、是非一度はプレイしておくべきソフトと言える。

ちなみに上記の無料配布はCD-ROMイメージtorrentで配布している事が多い。


 伝説


本作は名作と呼ばれると同時に数々の伝説を持つエロゲである。ここではその伝説の一端を紹介する。


あらすじ


毎度のことでが尽きて山賊退治の依頼を受けたランスであったが、気の向くままに山賊を支配下に置き、周辺の都市奴隷のシイルの反対を押し切り、盗賊団の長となって荒らし回っていた。
そう言うことをしていれば、当然を付けられるワケで、派遣されたヘルマン帝国の討伐軍に壊滅させられ、シイル達も敵に捕縛。命からがら逃げ出したランスは、リーザスの忍者見当かなみに拾われ、ランスに思いを寄せるリーザス女王リアの元に運ばれる。

覚めた後もヘルマンに対する不満を漏らすランスに、リアは「私と結婚してくれたらもれなくリーザスが付いてくる」とそそのかし、ランスはリーザス王として即位することに。

かくして夢はでっかく世界征服とばかりに、ランスの覇が始まる。


登場キャラ


基本的には『ランスシリーズ主要キャラ』の項にあるソレと同一であるが、本作発表後の正史作品である5D以降の登場キャラに関しては、キャラクターデザインを含めて一部ないし全面的にに設定が異なる。

一例

また、本作中のランスの行動はいささかに余る物も多いが、SLGと言うことで選択肢には「いくらランスでもその選択はしない」という物も数多く紛れ込んでおり、公式でもその事が(スタッフ対談などで)アナウンスされたこともある位な為、本作はランスの性格を知るという的には向いていない。
シリーズ前期の性格を知るのに理想的なのはシイル危機マジになったランスが描かれたIV+シイル不在のときのランスを描いた4.x

 まあ、5D以降のシリーズ後期ではランス自身の性格のキャラ付けも時代に合わせてかなり代わった感は有るが。 


インストール手順


本作はアリスソフトフリー配布宣言によって自由無料配布可となっているが、現行のNT系OSでは起動までが多少厄介なのでここで手順を説明する。

  1. Bitcomet等のtorrentソフトアリスソフトアーカイブス[外部]等の配布サイトからCDROMイメージDLする。
     
  2. あらかじめ仮想ディスクソフトインストールしておいてソレDLしたCD-ROM内のイメージファイル読み込む。 
    昨今は本作がきちんと収まる700MBの記録が可CD-Rも多いので、CD-Rに焼くのも可。
     
  3. CD-ROMイメージ読み込んだ際に自動プレイがONになっていると自動でインストラーが立ち上がるが、そちらは標準版である9X系OS専用インストラーなので一回閉じて、マイコンピューターから[ 鬼畜王ランス]のCD-ROMが入っているドライブを選択してクリックして開き、中の『SETUPNT.EXE』をダブルクリックして、NT系OSインストラーを起動させ、インストラーダイアログから『ゲームの登録』を選択する。
     
  4. スタートメニューの「アリスソフト>鬼畜王ランス」からゲームスタート。開始画面がきちんと映り、音楽が鳴っていればインストールは成功。画面がであったり音楽が鳴らない場合は間違って9x系用の標準インストラーインストールしている為、標準インストラーで一度アンインストールしてから再インストールする必要がある。
    また、実際にCD-Rに焼いてインストールした場合は、インストールに使用したのと同じドライブに鬼畜王ランスのCDセットしておかないと、インストールに成功していても上記と同様の症状が出る。
    (というかそれが当時のPCゲーのBGM流方式であったCD-DAというものである)
      
  5. プレイに際してであるが、古いゲームなのでウィンドウ表示だと画面サイズが小さいのだが、ワイド及びフルHDモニタを使用している場合、全画面だと縦横の率が狂うので、ゲームウィンドウの上部にある「設定(S)」から「画面サイズ」を選択し、そこにある中から選択すると、画面が小さすぎたり縦横が狂うこと事もなく、快適にプレイが可となる。
    また、CD-ROM内にはゲームバランスを弄った版のシナリオファイルやら色々なオマケも入っているので、readme.txt等を参照してみるのもイイと思われる。 
おまけ:有志制作パッチ

VISTA以降のOSではPCの構成によってはエンディングにおいてBGMループが止まるケースも有るが、それらの不都合と元からのバグを修正するパッチが有志によって作成されて配布されている。
(最新OSへの対応の為の改造フリー配布宣言上OKだったはずなので)

気になる場合はその導入も考慮するのが良いかも知れない。

配布場所[外部]

また、アリスソフト公式サポートにおいては、System3.6への差し替えによる同問題の対応方法が紹介されているので、ソチラもチェックしてみるのが良いと思われる。

またVISTAや7以降のOS音楽がうまく鳴らない問題に関しては_immm.dll[外部]を使った方法でも解決可な模様。


ブラウザ上でのプレイ


有志のサイト鬼畜王 on Web[外部]』を使用することでブラウザから実行できるようになった。

これにより、スマートフォン等からの実行も可となったが、
画面サイズ等の関係上、パソコンからのプレイを推奨したい。


リメイクについて


ランス・クエスト マグナムパーフェクトガイブックインタビュー記事で、
シナリオライターのヨイドレ・ドラゴン氏と、原画担当の織氏が、ランス10完成後に「鬼畜王ランス」を作りたいと述べている。

正式発表されている訳ではないため、今後どうなるかは不明。


関連動画



■sm5885329[ニコ動]

■sm3682325[ニコ動]
■sm8726295[ニコ動]
■sm33620700[ニコ動]


関連商品


■azB0033UTCLC
■az4797302100


関連コミュニティ


■co1011381


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/01/06 13:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ