ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


魔法のプリンセスミンキーモモ


ヨミ: マホウノプリンセスミンキーモモ
掲示板をミル!
64カキコ!

魔法のプリンセスミンキーモモとは


葦プロダクション(現:プロダクションリード製作オリジナルアニメーション企画魔法少女モノ。

に浮かぶ魔法・フェナリナーサの王女ミンキーモモは、地球の人々も忘れ去られようとしているを取り戻させる為、地球、トリ、サルの三匹のお供を連れて地球へと立ってゆく。そこでの人の触れ合いと心の交流をほのぼのと描く反面、スピーディーなパロディー満載ドタバタギャグが展開していく。

アニメーションは、大きくテレビ東京系で放映(1982年)された第一作(全63話)と、日本テレビ系で放映(1991年)された第二作(全62話+未放映3話)に分けられる。いずれも総監督湯山邦彦シリーズ構成首藤剛志が担当、葦プロ制作している。

第一作は諸事情により46話での打ち切りが決まってしまうが(当初は52話を予定)、ファンから打ち切り反対の強いが寄せられたことで、2話の総集編を挟んで新シリーズ制作されるという異例の展開を見せる。また、その46話では、ヒロインのミンキーモモが交通事故によりその命を落とし、その後普通少女として生まれ変わるという、これまた当時の魔法少女ものとしては異例な展開が話題を呼んだ。

第二作はいわゆるリメイク作でありながら、第一作の続編として制作され、ヒロイン・ミンキーモモもの中にある魔法マリンナーサの王女として登場する。また、普通少女となった前作のモモ39話で登場、単に新旧ヒロインが顔を合わせるだけにとどまらず、後に物語キーマンとしてミンキーモモにかかわるという、旧作ファンシーンも用意された。

それぞれの出身から第一作をモモ、第二作をモモと呼んで分けられることが多い。また、第一作のモモ小山茉美、第二作のモモ林原めぐみ声優も変わっている。


影響


この作品はそれまで東映動画(現:東映アニメーション)のみしか製作していなかった魔法少女アニメに初めて他社が参入した第1作である。
それまで全に幼女向けの色が濃かった魔法少女アニメに、大きなお友達が食いつき人気となった。
これに刺されてスタジオぴえろが「魔法の天使クリィミーマミ」を1983年に発表。後に「ぴえろ魔法少女シリーズ」と呼ばれる一連の作品を生み出した。
「ミンキーモモ」と「ぴえろ魔法少女シリーズ」が現在魔法少女アニメの直接のルーツとなったとされる。後にOVAとして独立した設定でも製作された。

更にモモ31話に登場したロボット、ミンキナーサが後に「戦国魔神ゴーショーグン」とのクロスオーバー漫画に登場したり、スパロボシリーズ関連作の「スーパーロボット大戦X-Ω」に参戦するなど、2020年現在でも魔法少女モノ以外の場所で活動したりしている。


分類


魔法少女分類ではサリー魔法少女先天型魔法少女)になる。


次作


葦プロの次の作品は魔法のエンジェルスイートミント1990年-1991年テレビ東京系)で、サリー魔法少女先天型魔法少女)の設定、魔法王女で最初から魔法が使える部分が引き継がれている。


関連動画



■sm37798[ニコ動]

■sm7141750[ニコ動]


関連商品


■azB00005HM4Y
■azB00005HPK5
■azB00005HW7Q
■azB0000AZSOZ
■azB001D8NHAI
■azB001HVWN42
■azB001QSW9EK


関連項目



最終更新日: 20/12/09 03:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ