ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


魔法少女


ヨミ: マホウショウジョ
掲示板をミル!
1223カキコ!

魔法少女とは、魔法を使うことのできる少女やそのような人物を役として創作された作品ジャンルのことである。1990年代以降は戦闘少女とごちゃ混ぜ、わけわからん


概要


漫画アニメゲームなどのサブカルチャーにおいて重要なジャンルの一つとなっている。萌え要素の一つとされている。

魔女っ子などとも言われるが、東映魔女っ子シリーズ最終作「魔法少女ララベル東映動画1980年)あたりから取られたと思われる。その後の青年向け魔法少女リリカルなのは2004年)のヒットの影が大きい。その後は砂沙美☆魔法少女クラブ2006年)や魔法少女まどか☆マギカ2011年)と「魔法少女」との言葉が出てくる著名作品が続く上に「魔法少女モノ」の呂がいいからと推測できる。

男子向けの仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズと並ぶ子供向け作品では人気ジャンルの一つである上に変身を採用する作品が人気が高いために変身ジャンルの印が強いが必ずしも変身は必須ではないので変身ジャンルとは言えない。

元々戦闘もする必要性がないので戦闘少女ジャンルでもない。

女子の憧れの職業である女性アイドル歌手分野との親和性も高く、パロディネタも含めてアイドルストーリーを採用することが多いが純アイドルジャンルとは別のジャンルアイドルジャンルは概ね自助や共助の美しさを表現しているが(スポーツ根性ジャンルの一種)、魔法少女は神様レベルではないものの元々がある者であったり、ゼロでも魔法はもちろん使い魔アイテムなどに他助される立場で基本努はしなくてもよい傾向があるところが理由である。


初期の魔法少女


魔法少女の流とされるのがアメリカコメディ映画テレビドラマである「奥様は魔女」「奥さまは魔女」をヒントに作られた魔法使いサリー横山光輝1966年東映動画)とひみつのアッコちゃん赤塚不二夫1969年東映動画)であるサリー」は現在一般的によく知られているテレビドラマ版の「奥さまは魔女」、「アッコちゃん」はテレビドラマ版の前に作られた映画版の「奥様は魔女」をヒントに作られている。この両作は設定やストーリーが全く異なるが、映画版を原点にしてテレビドラマ版が作られたという間接的な繋がりがある。

学術研究者の須氏によるとこの2作品が魔法少女(作品)のプロトタイプで、前者をサリー後者アッコと分類している(後述)。

当初は女の子の憧れの存在という印が強い少女限定ジャンルとの空気であった。

1970年代に入ると特撮において石ノ森章太郎原作少女向け特撮で学園コメディ&変身ヒロイン「好き! すき!! 魔女先生1971年東映)が制作される。初期は当時の魔法少女アニメ特撮化がテーマで設定では異世界からきた魔女ヒロインであるが、途中からは変身ブーム(第二次怪獣ブーム)にヒントを得て敵と戦うアクションシーンが加わった。後に同氏が手掛ける日本初の本格魔法少女特撮透明ドリちゃん1978年東映)、東映不思議コメディシリーズ魔法少女ちゅうかなぱいぱい!1989年東映に繋がったと思われる。


東映や東映動画以外の制作プロダクション参入


1980年代になると魔法のプリンセスミンキーモモ1982年プロダクション)に続きスタジオぴえろの魔法少女シリーズぴえろ魔法少女シリーズ」〈魔法の天使クリィミーマミ1983年)、魔法の妖精ペルシャ1984年)、魔法のスターマジカルエミ1985年)、魔法のアイドルパステルユーミ1986年)、魔法のステージファンシーララ1987年)〉といった東映東映動画以外の制作プロダクション制作された作品群ミンキーモモ」は葦プロダクション、「クリィミーマミ」~「ファンシーララ」はスタジオぴえろ制作制作会社は異なるが広告代理店側のプロデューサーが同一人物という共通点があったこともあり、モモマミが共演する短編作品が制作されている。

大人の事情ると広告代理店読売広告社、テレビネットワーク日本テレビ系またはテレビ東京系が共通点。スタジオぴえろは元々スウェーデンの児童文学「ニルスの不思議な」(1980年)の日本語アニメ制作する的で設立された。プロダクション竜の子プロダクションからの独立組。

この時代の背景により男性マニア層(いわゆる大きなお友達)の視聴がしやすい作品が登場したと思われる。背景には女性社会進出する社会潮があり、1986年には男女雇用機会均等法が施行されたことも大きい。男女平等が進んだからとされる。

ただ中森明夫コラム「『おたく』の研究」(1983年)がきっかけになりせっかく立ち上がったファン活動の現場で暗が立ち込める。同コラム連載2回でわざわざミンキーモモや魔法少女ではなく超能力モノであるがななこSOS1983年)の作品名をあげて「そういうのが好きな二次元コンプレックス男は気持ち悪くないか、思期以降の男だろ現実女性興味持てよ、モテるような言動と容姿をしろよ」と男性ファンを非難したからコミュニティとしてはたまったものではなかった。

また、にわかに「魔法少女限界説(表現の倫理問題等)」が浮上するようになる。大人の事情ヒロイン事故死させてしまったり、ヒロインスッポンポン事故を起こした。次の世代でも善されずヒロイン役が疲れ果てて逃亡、ヒロインの大半が死亡少女みんなのトラウマ


戦闘少女=戦うヒロイン化


1989-1990年東映不思議コメディシリーズ特撮ヒロイン作品(魔法少女ちゅうかなぱいぱい!魔法少女ちゅうかないぱねま!美少女仮面ポワトリン)といった作品群にコメディ要素を抑えてスーパー戦隊要素が追加されたアニメ美少女戦士セーラームーン1992年)の世界ヒットにより以降は戦闘少女へ大きく変化した。この1980年代1990年代前半までの転換期の中で、女性はもちろん男性ファン層の拡大も起こり、抵抗なく親しまれるようになった。制作側もそれにこたえるよういわゆるOVA深夜アニメマニア層も意識した作品を制作するようになり人気ジャンルとして成立した。

世界での人気の原動は欧音楽界で、当時欧にてガールシンガーがパワフル女性像を歌う曲が人気を集め、同じ女性像を持つセーラームーンと重なった結果とされる。欧人からみた日本ポップカルチャーはマリオシリーズドラゴンボールシリーズセーラームーンポケモンであり、その後生まれた日本ポップカルチャーには興味が薄い傾向である。見たが幼い、弱い女性像が多く描かれる傾向が一気に離れる原因の一つであろう。


少女向け作品の終焉


1990年代後半には変身せず代わりに魔法少女コスプレといった魔法少女ファン活動要素を導入したカードキャプターさくら1996年)や魔法少女モノの勃に大きく貢献した東映アニメーションオリジナル作品として投入した正統派魔法少女モノのおジャ魔女どれみ1999年)が発表されたが、これらの作品が2020年現在少女ターゲットとした日本最後の魔法少女作品といえよう。


マニア層のスピンオフ、パロディ作品


2000年代以降はマニア向け作品となり、美少女ゲーム男性向けアダルトゲームスピンオフ魔法少女リリカルなのは2004年)、本家パロディ商業作品である邪道魔法少女も含めて一大勢として安定したようにみえた。


少女向けは戦闘少女へ


本来のターゲット層向けは魔法要素を排除し、ドラゴンボールシリーズ戦闘手法を加え純戦闘少女作品に転換したプリキュアシリーズ2004年~)が中心になる。なお、紛らわしいが同シリーズには魔法モチーフにした「魔法使いプリキュア!」があるがあくまでも戦闘少女であり魔法少女作品とは言えない。特撮作品であるガールズ×戦士シリーズ2017年~)の「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」(2018年)も魔法モチーフ程度でベース戦闘少女である。

キャラクター設定

ファンの分析によると魔法少女は、人間界に来た者」人間界出身」というに分けることができ、日常生活している世界と異なる世界が1つないしは複数存在しているケースが多い。また当該人物が魔法少女になる過程においても、元々魔法を自在に操ることのできる者と、物語の序盤などで魔法少女になるきっかけを手に入れる者の2通りに大きく分けることができる。この辺りの分類について大学研究では、サリーとアッコに分類されている。氏によるとサリー魔法少女とは「魔法使いサリー」に代表される異世界からきてすでに魔法が使えるタイプアッコ魔法少女は「ひみつのアッコちゃん」に代表される普通少女が良いおこないをしたご褒美として魔法を与えられるタイプとしている。Wikipediaではサリー魔法少女を先天型魔法少女、アッコ魔法少女を後天型魔法少女と独自の用で表現している。

この作品ジャンルはあくまでも少女向けに作られていることから魔法少女はターゲットとほぼ同じかちょっとだけ年上の小学校低学年~10代である。ただし、パロディ作品などの理由で高い年齢の場合もあるので一概には言えない。

必ずしも善良とも言えず、ダークサイド設定もされる場合もある。闇堕ち魔法少女堕ち魔法少女と呼べばいいのか分からないが…。魔法魔術)には魔術黒魔術があるからこのような設定も違和感がなく消化される点は魔法少女世界の懐の深さがうかがえる。

参考:戦闘美少女との言葉について

戦闘美少女」との言葉については精医学者の斎藤環氏自身の趣味の知識を元に精医学を使ってオタク(表記はひらがなおたく」)の心理を分析した2000年4月出版、2006年文庫化再出版の「戦闘美少女の精分析」が初出とみられ、それを元にWikipediaに安易にページが作られたものと考えられる。結果として当時の同人誌即売会参加者を誹謗中傷することになった中森明夫氏の80年代ロリコン向け雑誌のコラム「『おたく』の研究」(1983年)よりまともな内容であるが、90年代の感覚に基づいて書かれているために否定的なニュアンスを匂わせる古くさい部分が散見できる。また90年代後半以降の「美少女」はアダルトゲーム婉曲表現も含まれるがゆえ、あまりが良くないので言葉の使用に注意を要すると思われる。同書では少女が戦う」との表現もあり単に戦闘少女とした方が適切と思う。

参考:他ジャンルの戦闘少女化

ヒロインキャラ戦闘少女化の動きはAR/VR系やメカ少女などにもみられ、その例として「ソードアート・オンライン」(2008年~)、「ストライクウィッチーズ」(2005年~)、「艦隊これくしょん」(2013年~)などが当たると思われる。


次へ»
最終更新日: 21/02/12 19:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ