ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


魔界転生


ヨミ: マカイテンショウ
掲示板をミル!
262カキコ!

魔界転生」(まかいてんしょう)とは、山田風太郎小説作品である。

1964年から大阪新聞に連載され、1967年に単行本化。
連載当時のタイトルおぼろだったが、1978年角川文庫に収録された際に法魔界転生』題される。
さらに1981年映画化に伴い、現在『魔界転生』というタイトルに落ち着いた。

柳生十兵衛役とした「十兵衛三部作」の中編にあたる。
山田風太郎の代表作の一つであり、ファンの間では最高傑作の呼びも高い。

その人気から、複数回のメディアミックスが行われている。詳細は後述。


あらすじ


前作『柳生』で快乱麻の活躍をした十兵衛
彼を苦しめる今作の敵は、いずれも名の知れた魔界から甦りし大剣たち。

下の転覆を狙う怪人宗意軒が操る秘術『魔界転生』。それは日本と西洋の魔術の秘密と義を組み合わせて完成させた、恐るべき術であった。
並外れたの技量の持ちが、死の間際において生に強い執着を持っている状態でのみ発動できる。死の直前に交わった女の体を素として、からが孵るように、全盛期体と技を得た「転生衆」として甦らせるというものであった。

生前の知識こそ持っているものの、彼らの人格は全く別物になる。
と呼ばれるにふさわしかった高潔な人格者が、血縁者ばかりか辜の民をもり捨て、捕らえたを楽しみの為に犯し殺す、悪羅刹へと生まれ変わるのである。
彼ら転生衆は宗意軒の意のままに動く手駒となり、八人の転生衆として狙われる柳生十兵衛に向かってくるのであった。

それぞれの執着から、現世に復活した七人の魔人
宮本武蔵、田宮坊太郎柳生宗矩柳生如雲斎荒木又右衛門、宝蔵院胤舜天草四郎時貞。
はたして十兵衛は彼らを退けて、その裏にある宗意軒の企みを防ぐことが出来るのか。


概要


昨今の創作作品ではしくない、過去の武芸者が甦り対戦を繰り広げる設定の作品。

特筆すべきはこれが50年近くも前に書かれたものだという点だろう。今読んでも古臭さを感じさせず、まさに夢の対決を描いた少年バトル漫画の原点とでもいうべき作品である。

後の創作作品に対しても、この作品が与えた影は大きいと考えられる。
例えばTYPE-MOONFateシリーズはこの作品がモチーフとなっている。

作中の描写にを向けると、戦闘描写そのものは実のところあっさり決着がつくものが多い。長々とを打ち合ったりすることく、剣豪同士の対決らしくほとんどは一合のもとに決まっている。
また十兵衛が自分のみの勝利を得る事が少なく、仲間の手助けを受けたり、何らかの策にはめたりして敵を倒していることがほとんど。
しかし単純な勝負に頼らない戦闘描写こそ、バトルの元祖とも言われる山田風太郎らしさを表した見所であると言えよう。

大まかな関係を表すと以下のようになる。

転生衆(強)≧十兵衛≧転生衆(並)>>>>>越えられない壁>>>>>根来組>>>>柳生十人衆>>>>>>>>>>>>一般兵士


登場人物



主人公


柳生十兵衛
世に名の知れた隻眼剣豪柳生宗矩の嫡男。30代半ば。
飄々とした性格で一見すると軽薄そうだが、その実仲間思いで頭の切れる傑物。
その実から宗意軒にをつけられ、転生衆になるべく誘われるが、対決するを選んだ。
転生衆によりさらわれた柳生達を救うべく、また転生衆の野望を打ち砕くべく立ち上がる。

転生衆


田宮坊太郎
術の開祖・田宮の若き美士。ちなみに彼だけは実在の人物ではなく、講釈に基づいた創作の人物である。十兵衛とも交流を持ち、短い間ではあったが師のような関係にあった。
討ちを成し遂げたが、病を得て余命幾ばくもない。ただ復讐げた己の人生を後悔し、想い人と添い遂げたいという願いを利用されて転生。最初の刺客として十兵衛と戦う。
すれ違いざまに首と胴をほぼ同時に刎ねるという神速の抜術を見せるが、石段の上から飛びかかったところを十兵衛によって迎え撃たれ、跳躍の勢いに任せて両断されて死亡。転生衆最初の脱落者となった。
宝蔵院胤舜
の宝蔵院」の異名を持つ宝蔵院流二代
すぐ近くに美女・佐奈を置きながら、禁欲を貫く事で己を高めていた。禁欲が最高潮に達する時、で突いた面がしばしその形をとどめる程の神技を誇る。自他ともに認めるの使い手だったが、正体を隠して近づいた天草敗北して心を折られる。
懊悩の果て、遂には自らの技をより高める為、佐奈を犯して五十六年守り通して来た童貞を捨てて自害、転生衆となる。第二の刺客として三段突。
最初の一合で左足を切り落とされ、子供を人質にそこからの離脱を図るも十兵衛の追撃の一撃を受け中に沈む。
柳生
江戸柳生の別流、尾柳生の初代。柳生宗矩柳生厳勝の息子。尾の入の異名を取る。
柳生こそが新陰流であると自負しており、江戸柳生に対するしい敵愾心を抱いていた。その妄執に付け込まれ、転生衆となった。
最初の対峙で右を切られ失明。その後女を人質にその場を離れ、再度十兵衛との対決の場を設ける。十兵衛を鍔迫り合いで押し込むも、仲間であったはずのくノ一お品の裏切りによって残った左を負傷。盲目状態になったところを十兵衛に切り込まれから落下して死亡
天草四郎時貞
原の乱の首領。転生衆の中では一人剣豪ではないが、本作では恐るべき威を持った「切丸」の使い手である。凄絶な美貌と残な性格。最初の転生衆であり、宗意軒の子。
メディアミックスでは、宗意軒の代わりに魔界転生の使い手としておおむねボス扱いされている。和洋折衷の手な装束は、後に対戦格闘尾ゲームサムライスピリッツ」に登場する天草四郎時貞のモデルにもなった。
斎がお品の裏切りによって打ち倒されたことを看破し彼女を捕らえる。そして自らの術の糧として彼女を犯し十兵衛と対峙するが、お品が自らの命と引き換えに図った策によって術が不発。十兵衛に顔面を割られ、さらに仲間から止めを刺され死亡
柳生宗矩
江戸柳生将軍剣術師範。十兵衛
転生衆となった如斎により、跡継の(十兵衛)が惨敗した為に大いなる屈辱を覚える。同時に将軍剣術師範の地位と録に甘んじていた老の身を憂い、士としての本懐を遂げたいという恐るべき執着により転生する。変わり果てたの姿は、十兵衛に大きな衝撃を与えた。
柳生石舟斎が残した秘伝の書を餌に呼び出され、十兵衛一騎打ちを行う。しかし秘伝の書は十兵衛が用意した偽物だった。十兵衛を交えるまさにその間、十兵衛が放り投げた秘伝の書(偽)がの通りに落下。宗矩は咄嗟にを止めたが、十兵衛はその書ごと宗矩を両断した。
荒木又右衛門
柳生流の士で、十兵衛兄弟子に当たる。「鍵屋決闘」で知られる剣豪
決闘でその名を挙げたが、裏にあった複雑な政治事情の為に一転して厄介者扱いされる。士官もままならぬ不遇の身を憂い、一士として一切のしがらみから解き放たれる為に転生を果たした。
荒木又右衛門を装った十兵衛の奸計により、自身を十兵衛と誤認され生き残りの根来組と共に仲間の紀州の射撃にさらされる。根来組は全滅するが又右衛門は間一地に伏せて生存、十兵衛と対峙。十兵衛の先をとり一合を交わすが、切り下ろしたはずの又右衛門のが折れ敗れた。十兵衛の推測によれば射撃によって部に傷を負っていたことが勝因。
宮本武蔵
言わずと知れた大剣二刀流「二天一流」の使い手。
豊前小倉御軍監として参戦した原の乱の後、宗意軒によって天草四郎時貞・荒木又右衛門が転生する現場に遭遇する。その場では手出しをする事なく立ち去るが、岩戸山での数年の座の果て、士としての生を今ふたたびやり直すことを決意。かつて愛した女の姪を犠牲として転生を果たした。
操り人形であるはずの転生衆でありながら宗意軒に反旗を図り、彼を殺暴走。最後の転生衆として彼にとっての因縁の地・船)で十兵衛決闘。長大な木を用いて十兵衛を追い詰める。
しかし上段からの振り下ろしを地の影から測った十兵衛の見切りにより木ごと縦にられ、最後ので二を振るうがかわされ絶命する。他者の助けや謀を挟まない逆にしい対決。

森宗意軒とその部下


宗意軒
幕府転覆を謀る怪老人。由と手を結び、紀州大納言頼宣に助すると見せかけて、紀州徳と幕府の共倒れを画策するなど、どこまでも徳憎しで動いている。
関ヶ原の戦いで処刑された小西行長に仕えたキリシタンで、原の乱を生き抜いた妖怪。素体となる美貌のくのいちを従え、法「魔界転生」によって名だたる剣豪を復活させ、配下として操る。
この法の完成には素体となる女の他に彼のを切り落として用いる(具体的には子宮に仕込む)事が必須であり、先述の七人に加えて柳生十兵衛、紀州大納言頼宣、そして宗意軒自身を転生させようとしていた。
兵衛仲間に引き入れようとするが敵対され、最終的に束縛を嫌い反旗を翻した宮本武蔵により殺された。
フランチェスカ
宗意軒配下のくのいち柳生の里を訪れて十兵衛に接触し、転生衆にしようと試みた。
不穏を知った十兵衛により返り討ちに合い死亡
クララお品
宗意軒配下のくのいち。狂女を装い十兵衛一行に加わり、内偵を続ける。
最終的に宗意軒を裏切って十兵衛に加勢。天草四郎時貞によって命を落とすが、最後の最後でその技を封じて十兵衛勝利に貢献した。
ベアトリスお銭
宗意軒配下のくのいちの許を離れず、魔界転生に用いる達の監視を続ける。
紀州大納言頼宣を魔界転生させようと準備していた所を、武蔵に化けて近づいた十兵衛によって唐割りにされ死亡

その他


紀州大納言頼宣
紀州徳初代にして、下を望む野心。「南海」の異名で知られる。
野心に従い、宗意軒以下転生衆を紀州に招き入れた。
後に宗意軒に謀られて陰謀が幕閣に知れる所となり、追い詰められて魔界転生する事を決意する。しかし直前で介入した十兵衛により儀式阻止され、また制御を離れて暴走していく武蔵を止める為に、十兵衛武蔵を討ち果たすように依頼する。
牧野兵庫
紀州徳家老。魔界転生の素体となる女を見出す為に御がかりで若い達を集めさせた。この時眼鏡ったは監禁され、そうでないは転生衆の世話係兼なぶり者にされている。
慶安の役(由の乱)の首謀者。原の乱の後、転生を果たした天草四郎時貞をにして宗意軒と手を結び、幕府転覆を画策する。
根来組
牧野兵庫頭によって呼ばれた法僧。強いのだが、転生衆や十兵衛相手には巻藁以下のザコ弥太郎にやり込められてカンカンになるなど、何処となく抜けた描写も。
おひろ・お縫・お
士・宮平兵衛関口柔心木村助九郎血縁者。剣術を心得ており、多少の事では動じない気丈な達。
がかりでに上がるが、その気質を見込まれて魔界転生の素体として選ばれてしまう。その後、田宮達の命がけの手引きで柳生の里へと逃げ、討ちのに同する。
関口弥太郎
関口柔心の息子、おひろのを打つ為、十兵衛一行と共にをする。
まだ七歳だが端と機転がきき、野を手なずけて根来組を翻弄するなど、なかなかの活躍。十兵衛のことを「先生」と呼んでおり、明るい性格で可がられる。
後に柔術として大成するが、それは別の物語

映画版オリジナル


ここでは1981年映画に登場したオリジナルの魔界衆を紹介。

細川ガラシャ
関ヶ原の戦いの前、夫・細川忠興に見捨てられる形で焼死。恨みを抱いてさまよう魂となっていたが、天草四郎時貞の秘術によって復活した。
巫女として四代将軍・綱のに留まって召し抱えられ、側室「お玉の方」となる。その美貌と体で将軍を籠絡し、暗君に作り替えていく。
終盤でかつての夫・忠の名を口にした事から綱に咎められ、逃げる内に台を倒し、明の大火を引き起こしてしまう。更に忠にもらった打掛が燃えるのを見て錯乱、忠と思い込んだ綱を連れに炎に飛び込んで理心中した。
賀の
甲賀衆に裏切られて里を滅ぼされ、殺された賀のび。かつては十兵衛と交流があったが、転生後は天草四郎時貞の忠実な下として働く。
劇中では真田広之演じる丸と沢田研二演じる天草四郎時貞のキスシーンがあり、一部の女子に大変喜ばれ非常に話題を呼んだ。なおこシーン、二人を見た深作監督の思いつきだったそうな。御美事にございまする。
一人の少女と心を通わせるうち、魔界衆である事に疑問を抱く。遂に人としての心を取り戻して十兵衛天草四郎時貞こそが首であると告げるが、裏切りを知った天草四郎時貞の手に落ち、絞殺された。

柳生十人衆


兵衛に付き従う柳生の里の士たち。
柳生の中ではかなりの使い手たちではあるが、人ぞろいの転生衆相手には雑魚同然の扱いであり、根来組とも大きなの差が有る。
捨て身の活躍によって十兵衛を助けるも、一人また一人と倒れていく。


次へ»
最終更新日: 17/12/30 21:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ