ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


魔道士(ファイアーエムブレム)


ヨミ: マージ
掲示板をミル!
78カキコ!

魔道士(ファイアーエムブレム)とは、魔法を操り敵を攻撃する者である。
魔法の系統は作品によってばらつきがあるが、ここではいわゆる「普通の魔法使い」について、他の魔法系と較しながら扱う。


概要


魔法で攻撃する者であり、物理攻撃系のクラスとは一味違った性を持つ。
原則として直間両用のユニットであり、やや打たれ弱い事が多い。

ファイアーエムブレムシリーズにおける重要なユニットの一つで、直間両用の魔法によって近接系には遠くから、アーチャーなら接近して有利に戦う事ができる。
また、魔法による攻撃は「守備」ではなく「魔防」によって決定されるため、頑丈な敵へも攻撃が通りやすく、特に守備が高いドラゴンナイト、アーマーナイト、マムクートに対して非常に有効。

同じように間接攻撃できるアーチャー系や「手」「手」が競合相手となり、作品毎の戦士系の魔防の伸びの影を受けるものの、その特異性からいないと困るのは確かで、メンバーに一人か二人は欲しい所である。

初期のころは魔道士だけであったが、聖戦の系譜から魔法属性による区分が付き、まず「炎」「」「」で三すくみとし、・闇はこの3属性に対し有利になる。GBAシリーズ以降では炎、などをめて「理」とし、「理」「光」「闇」で三すくみができている。

上級職は、以前は回復魔法を使うシスター僧侶と統合されても使える「祭」になっていたが、魔の使い手と職者が全く同じというのはやはりおかしいと思ったのか、こちらも作品が進むと分化し現在は「賢者」となりが使えるようになるのが一般的である。このが使えるという事は前衛職の使用武器が増えるのとはやや意味合いが異なり、「手がいたら回復役ができるようになる」という重要な意味がある。

男性のマージはなぜか太もも要員であることが多い。

また、作品によっては精霊加護などの理由でダークマージ系や僧侶系の魔法職と共に飛行系以外で砂漠で移動が落ちないという特性を持つ(ただしマージナイトなどに乗る職は対外)。特に砂漠マップは各作品のどこかしらで必ず出るほど定番となっているため、いるといないとでは行軍速度や範囲に大きな違いが出る。


強さの変遷


いないと困る、とにかく困る。けど、魔道士ばっかりでも困る。
バランスが大事。


暗黒竜と光の剣


下級 CC 上級
まどうし(魔法) しさい(魔法)

今作において魔法幸運の値で回避が決まり、素さや地形効果は影しない。そのため門や玉座に居座るボス相手にはかなり有効。また、魔法防御は基本的に成長せず、威魔道書依存である。そのため魔防のドーピングをしてしまうとダメージが通らなくなるため魔道士相手には無双が可。また同様に幸運のパラメータをカンストさせると回避100パーセントとなるためこれまた無双。よって味方に優しく敵には厳しいクラス

以下の5人が仲間になる。


外伝


見習い Lv3 下級 Lv12 上級
村人(剣) 魔道士(黒魔法) 賢者(黒魔法・魔法)
官(黒魔法・魔法)

他の作品とは異なり、魔法自分のHPを消費して攻撃する仕様である。そのため残りHPが少ないと発動できないことがなる。なお、他作品ではに相当する魔法ザイアを除いて全てHPを消費する
クラスチェンジは少々特殊で、男性賢者女性官にクラスチェンジ主人公であるセリカのみさらにそこからプリンセスクラスチェンジ
また、キャラクターによって覚える魔法や使える魔法が異なるのも特徴。魔道士賢者官は「ファイアー」(賢者官にクラスチェンジで「リカバー」も追加)、シスター女は「リザイア」を全員共通で使えるが、それ以外は覚える魔法も習得するレベルもてんでバラバラ

アルム軍にはリュートデューテセリカ軍にはメイボーイソニアノーマが加入する。

敵専用クラスとして回復や専用魔法を使う「妖術師」や、モンスターを召喚する「祈祷師」も登場する。


紋章の謎


下級 CC 上級
魔道士(魔法) 祭(魔法)

門に待ち構える防御が高いアーマーナイトやジェネラルに対して、安全な位置から攻撃するというシリーズの基本的な役割を持つ。また、魔道書バリエーションが増え、マムクートドラゴンに対しても魔道書を切り替えることにより弱点を突いた特効で常に有利に闘える。ただし、その分防御HPは低く、特にドラゴンに対してはやっつけ負けに気をつけなくてはならない。冒頭で記述したように砂漠ではなぜか他のクラスべて圧倒的な機動を誇る。敵として登場した場合は遠距離攻撃魔法を使ってくることも多い。

第一部では魔道士としてマリクリンダが、祭としてウェンデルとボアが仲間になる。

第二部では魔道士としてリンダ・ユベロ・マリクエルレーンが、祭としてウェンデルが加わる。


聖戦の系譜


下級 CC 上級
マージ(炎C・C・C)
ファイアーマージ(炎B)
サンダーマージ(B)
ウインドマージ(B)

マージナイト(炎B・B・B・B)
マージファイター(女)(炎B・B・B・B・C スキル「連続」)
マージファイター(男)(炎B・B・B・C スキル「連続」)
バード(炎C・C・C・C) セイジ(炎B・B・B・B・B スキル「連続」)
クイーン(炎A・A・A・A スキルカリスマ」) ※敵専用

この作品からクラスによって使用できる魔道書属性が制限されるようになった。マージは3属性すべてが使えるが下級レベル魔道書しか扱えず、専業の魔道士たちは一属性魔道書しか扱えないが中級レベル魔道書を扱える。バードは3属性のほかにが扱える。

ただし、仲間になるのはマージとサンダーマージとバードのみ(子世代の代替ユニットとしてウィンドマージ)。
敵としてはファイアマージやウインドマージの登場が多く、遠距離攻撃魔法を放ってくることも多い。

前半では序章でアゼルが、2章でレヴィンが、3章でティルテュが仲間になる。

味方以外ではヴェルトマアルヴィス(セイジ:ファラ直系)などが登場。アルヴィスは序章でいきなり器「炎魔法ファラフレイム」の圧倒的な破壊を見せてくれる。

後半では6章にてティルテュの息子アーサー、7章で同じくティルテュのティニー、8章でフュリー息子セティ仲間になる。
上記の子供たちがいないときの代替ユニットではアーサーの代わりにアミッド、ティニーの代わりにリンダ(注:暗・紋章のリンダとは別人)、セティの代わりにホーク仲間になる。子世代のユニットの強さは父親によっても変わる。

敵としてはフリージのイシュトー(マージファイタートード傍系)・イシュタル(セイジ:トード直系)兄妹や彼らのヒルダ(クイーンファラ傍系)などが登場。特にイシュタルの振るう器「魔法トールハンマー」は驚異的な威と命中率を誇る。こちらも器で対抗したい。


次へ»
最終更新日: 19/08/15 22:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ