ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


魚雷


ヨミ: ギョライ
掲示板をミル!
71カキコ!

魚雷(魚型水雷)とは、水中を進み着弾すると爆発を起こし船舶を破壊する兵器である。の一種。


概要


爆発物を水中爆発させることで艦船を破壊する「」は、まず静止、すなわち機として発達した。次に出現したのが「外装」で、長い棒の先に火薬缶を取り付け、ボートで敵艦に近づいて喫線下に突っ込んで爆発させたり、艇の後方に爆薬航して敵艦のわきをすり抜けつつ爆発させる、といった方法が取られたが対策が行われて19世紀末にはれた。オーストリアのルピス少佐は別の兵士官の人外艇の構想図を見て興味を抱き、独自にボートを作って実験したが、採用には至らなかった。ルピスの相談を受けたホワイトヘッドはこれは人潜航艇にすべきと考え、独自に魚雷を完成させた。その後良を加えたものがオーストリア軍によって試験され、1868年に採用された。「魚雷の発達史」世界の艦船 1976年11月

魚雷の登場は20世紀の戦に大きな影を及ぼした。陸軍の歩兵連隊と軍の戦艦は、それぞれ千数名の兵員で構成される戦闘単位である。しかし歩兵小隊歩兵連隊を一撃で全滅させる武器など考えられないのに対し、20世紀の戦艦には、潜水艦艇、飛行機が放つ、たった1発の魚雷で沈んでしまう可性が生じたのである。日本軍兵備再考」兵頭二十八/宗像和広 銀河出版 1995 p.112

初期はろくな安定か装置もなかったため射程や進路の安定性が悪くお世辞にも使い勝手のよい兵器ではなかったが、第一次世界大戦の頃になるとジャイロによる姿勢安定が可になり進路の安定性がかなり善された。しかし信管の不具合に起因する爆や不発は第二次大戦の後期まで各軍で多発しており、信頼性のある兵器とは言えなかった(特にアメリカのMk.14魚雷は酷かった)。誘導は第二次世界大戦末期まで実用化せず、それまで魚雷はっ直ぐ進むことしかできなかった。そのため扇状に複数本発射するのが普通だった。

第二次世界大戦後、レーダーミサイルの発達により速度と射程に劣る魚雷は潜水艦兵装、そして水上艦艇の対潜兵器としてのを歩むようになった。


区分


魚雷はまず大きく分けて短魚雷と長魚雷にわかれる。ただしサイズや時代でまちまちである。


推進システム


初期は圧縮空気アルコール圧縮空気セットヴァルター機関などが動として使われていたが、現在では蒸気タービン、ガスタービン、電池、化学反応によるクローズサイクル機関などが動として使用されている。この中でも日本的に有名なのは第二次世界大戦中の燃料の化剤に純酸素を利用する酸素魚雷であろう。推進機は現代ではスクリューだけにとどまらずウォータジェットも利用されている。

速度もまた高速化をたどっており、第二次世界大戦酸素魚雷(93酸素魚雷1)で大体速度は36~48ktとされているが、現在の魚雷速度軍事機密により中々明らかにされていないが、英国のスピアフィッシュ魚雷で80kt(150km)とされているが偽のほどは定かではない。最近の魚雷の航続距離は種類、用途によって異なるが大体30kmオーバーとされている。

さらには泡での抗を減らすスーパーキャビテーション現を利用し、先端から発生させた泡で魚雷を覆い、ロケットで推進することにより200ノット(時速370km)以上で爆走するロシアのシクヴァルという魚雷もある。もっとも、こんな速度で運用するわけでまともな誘導は期待できず、核弾頭の搭載が検討されていた(つまり命中なんて度外視で核爆発…)。ついでに射程距離も12km相当とされており、かなり使いが限定されるシロモノである。


誘導装置と対抗手段


魚雷の誘導方法は潜水艦などと同じく音響誘導であり、魚雷に内蔵されたアクティブ/パッシブソナーが誘導装置として利用されている。中には有線誘導可な魚雷もあり、その場合は射程などとの引き換えに母艦の強なソナーを誘導に利用できる、ダミーを母艦の操作要因が判別できる、離れた場所に対する母艦として利用できるなどの利点がある。

誘導の場合、高速航行のためソナーの探知範囲が前方にかなり制限される。そのため航空機用の短魚雷は探索のためその場をぐるぐる回る行動をとるなど、事前プログラミングによるパターン行動が可となる。変わり種としては水上艦艇が航行する際に発生する航跡(ウェーキ)で生じる気泡を追跡して艦を探す、ウェーキホーミングがある。

なお最もく配備された誘導式魚雷は、ナチスドイツのパッシブホーミング魚雷G7esシリーズであり、アクティブホーミング魚雷や有線誘導も配備は間に合わなかったものの開発が行われていた。この魚雷が配備された際、連合軍はすでにスパイなどから情報を得ており中で雑音を発生させるダミーでこれに対処した。しかしこれに対しナチスドイツはダミーを判別しかく乱されないを配備するなどここだけなにやら次元の違う魚雷戦が行われている。ナチスの科学は世界一チイイイイ!!

最終的にドイツ以外で第二次世界大戦中に誘導魚雷を配備できたのはアメリカだけだった。

魚雷に対する対抗手段(カウンターメジャー)の代表例としてはデコイと呼ばれる音響を攪乱するノイズメーカーマスカーと呼ばれる微小な泡で船体をつつみ音響反射を防ぐ、あるいは雑音を出さないといった方法のほかに、母艦同様の音響を発信する囮魚雷といった方法がある。また、敵の発射した魚雷に対し迎撃することを念頭に置いた魚雷(対魚雷魚雷…ATT)も近年は存在するのだが、高速小の魚雷を追尾することの困難性はいうまでもない。ロシア系列の軍ではいまだに対潜(対魚雷にも使えるとされる)ロケット弾が装備されているのだが、有効性はどうだろうか…。


破壊力


基本的に今も昔も一撃必殺級である。

魚雷は水中爆発し、その爆発の際に発生するバブルパルスと衝撃で船体を破壊する。このとき喰らった艦艇は水中部分にぽっかりと大穴が開く上に、衝撃により船の背といえるにすら大きなダメージが及ぶことも多い。被弾してが浸入しようものなら運良く沈まなくてもその運動性は大きく減じられる。おまけに最近は命中直前に深度を深めにとり、艦底爆発を行う魚雷まで流になってきている。

対抗策としては船体部分を小さな部屋で区切って浸を最小限に抑えるなどの方法があるが、これも限界がある。しかも水中という特殊環境ゆえに、対艦ミサイルと違って対抗手段が限られてくる。これが現在でも潜水艦が魚雷を兵装とする理由の一つである。

弾頭は水中バブルパルスを発生するのに適した炸となっている。現代では複殻化した潜水艦に対抗するためHEAT弾頭を積んだモデルもある。

なお余談だが、昔々のひんがしの一撃必殺級であるはずの魚雷を20本近く(他にも爆弾17発)喰らってようやく沈んだお船があるとかないとか。


その他


CAPTOR

Mk46魚雷をカプセルに入れて海底に設置できるようにしたもの。搭載した音響センサは水上艦艇と潜水艦を識別でき、潜水艦を探知すると魚雷が自動的に発射され、最大10kmまで追跡する。理論上は半径約10km以内の潜水艦を撃破できるので、戦争が起きた場合はソ連潜水艦が通過する峡や狭い路に設置することで短時間に「機原」を敷設できる。艦船や潜水艦からも敷設できるが、B-52なら18発、P-3A-6A-7はそれぞれ6発搭載できる。「第8章 対戦略潜水艦作戦オーエンウィルクス 世界週報 臨時増刊号 1979


関連動画



■sm616726[ニコ動]

■sm32981[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/06/25 23:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ