ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鮫島彩


ヨミ: サメシマアヤ
掲示板をミル!
3カキコ!

鮫島彩さめしま あや)は、日本女子サッカー選手である。サッカー女子日本代表なでしこジャパン)の一員。ポジションはDF(サイドバック)。

名前の読みは「サメジマ」ではなく「サメシマ」なので、そこんとこ注意。


来歴


 宮城県仙台市女子高、常盤木学園高等学校サッカー部の出身。この常盤木学園は、数少ないサッカー部を持つ女子高にして、2010年にはなでしこリーグ2部に参加して優勝する(あくまで部活動なので、優勝しても1部への昇格権はない)ほどの校であり、鮫島はそこで背番号10を背負っていた。当時のポジションは攻撃的MFサイドハーフ。なお、同じ常盤木学園出身の後輩には今回のなでしこJAPAN代表に選ばれた熊谷紗希がいる。

 2006年なでしこリーグ東京電力女子サッカー部(TEPCOマリーゼ)に加入。同年にマリーゼはなでしこ2部に降格してしまうが、2007年には2部のMVPに選ばれる大活躍で1年での1部復帰に貢献し、なでしこジャパンにも初めて選ばれた。2009年にはチーム事情からサイドバックにコンバートされ、以降は代表でもSBが本職となる。東京電力の社員選手であり、普段は福島第一原子力発電所に勤務して、備品の発注などの事務職をこなしていた。

 2011年東日本大震災による福島第一原発事故が発生。ホームグラウンドだった福島県のJヴィレッジは事故対策の前線基地となって全ての芝生が剥がされ、マリーゼは世論の「サッカーに使う東電にあるのか」という批判も相まってチーム解散に追い込まれた。チームも職場も失った鮫島は一時引退も考えたというが、関係者の尽もあって、アメリカ女子リーグボストン・ブレイカーズへ移籍、現役を続行。

 2011年7月に開催されたFIFA女子ワールドカップ2011では、不動の左サイドバックとして全6試合に先発フル出場し、日本の初優勝に大きく貢献した。マリーゼ所属の上に原発に勤務していたという経歴もあって、マスコミからは震災や事故関連の質問をしばしば受けたが、そのたびに取り乱すことなく摯に対応していた。


プレースタイル・人物


 り強い守備と高速ドリブルが持ち味のサイドバック。走り方が非常に特徴的で、背筋をピンと伸ばし、やたら速い内股の女の子走りで相手を抜き去るその様は「お買い物ドリブル」と形容される。

 佐々木則夫監督直々に「なでしこビジュアル担当」と呼ばれるほどの可らしいルックスの持ち。極端な天然ボケでもあり、

など、アホの子エピソードは数多い。

 彼女サインには、「ちゃん」の称通りにサメが描かれていたりする(参照[外部])。また、彼女ツイッターアカウントは「sharkaya(シャークアヤ)」。とことんサメ推しである。

 ワールドカップでの大活躍による知名度向上、女の子走りやビジュアル、性格の相乗効果もあって、人気は急上昇。男も惚れる澤兄貴は別格としても、多分男性からの人気なでしこナンバーワンの選手である。

 ちゃん可愛い


関連動画



■sm15047278[ニコ動]


関連コミュニティ


鮫島彩に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 11/07/25 19:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ