ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鳥人大系


ヨミ: チョウジンタイケイ

鳥人大系とは、手塚治虫により1971年3月から1975年2月まで『S-Fマガジン』にて連載された漫画及びそれらが収録された文庫全集である。


概要


進化したが、やがて人間を支配するという架未来を描いたSFです。

ある日、地球鳥類が急に知を持ち始め、人間を襲って、地球の支配者になってしまいました。

それは実は、はるか宇宙鳥類に属する高等な宇宙人による策略でした。

たちは人類を畜としてあつかい、人類の文明を引き継いで、国家法律貨幣制度、階級を持つ高度な文明を作っていきますが、それは人類の歩いたを再びなぞることでもあったのです。

やがてたちの間に、を食べる種族と、や穀物を食べる種族の対立が生まれ、争いの絶えない社会になっていきました。

そのころ宇宙では、再び地球の支配者を別の生物に変えようという議論が始まりました。そして選ばれた新たな支配者となる生物とは……。

TEZUKA OSAMU OFFICIAL

全19章からなる鳥類軸としたSFサスペンスホラー

一話一話は短い短編集のような形式だが19章すべてが繋がっていてブラックユーモア溢れた壮大なストーリーを奏でる。

フランスアメリカなど海外読者からも反が大きかった作品でそれに呼応して表現がいつもよりバタ臭い欧となっている。


あらすじ



第1章 ウロロンカ・ドメスティカ・イグニス


1975年6月、とある農家放火と見られる出火からの一家焼死事件が起こった。
同年7月、先述の事件の現場から300mほど離れたで再び出火。人の撃によれば小鳥マッチを咥えて放火したという。


第2章 ラルス・フスクス・イグニス


太ったアレルギーの男はおもむろに難破により船客の男と若いグラマラスな女と三人で漂流し、が大勢いるにたどり着いた時の話をし始める……。


第3章 パイロマニアック・マグピー


かつ長すぎる名前ニュース解説者にカササギの一種がソ連人間焼き鳥状態にして食しているという緊急速報が入る。


第4章 むかしむかし……めでたし めでたし


アルトコロデ一ワノスズメニコツカレテタオジイサントオバアサンノオハナシ。


第5章 オーベロンと私


若き鳥類学者のニームは大統領秘書官の招待により、およそ七万羽のによる焼土作戦で焼け野原となったワシントンへ赴き、かつて飼育していたペルー産コンドル、オーベロンの暗殺を命じられる。


第6章 トゥルドス・メルラ・サピエンス(ブラック・バード)


スイスのある村で、たちによる人間への挽歌が奏でられる。


第7章 ローデシアにて


白人地区と黒人地区に分断された南ア連邦でのたちの人種観察。


第8章 スポークスマン


と年間ドル契約した御用作家の憂


第9章 ドゥブルゥドの査定委員会への要請


ドゥブルゥ長はゾラ系第三伴んだ進化を是正するよう熱弁を披露する。


第10章 うずらが丘


ルコーは食部族であるギノンの強い提案により社交スポーツである闘群に挑戦することとなる。
勝つためにが飼っているキルを借り闘群に挑むがその裏ではキルとギノンに飼われているジャグによるへの反逆が計画されていた。


第11章 クロパティア・ピティアルム


鳥人達にとってのイエス・キリスト的存在であるポロロが生まれる際の話。


第12章 ポロロ伝


偏食のたちは正常なが産めなくなっていた。
ポロロは今こそ人間の模倣をやめ、らしく生きようと説く。


第13章 ミュータント


突然変異で現れた優秀な人間たちのには魔としか形容することが出来ない武器を発明していた。
その人間山猫と言う名を与えもてなし観察するのだが……。


第14章 ファルコ・チンヌンクルス・モルツス


殺し屋ベグラーの元にとある考古学者から古代文明の眠った遺跡を守る人間殺しの依頼が届く。
当初はあまり任務に乗り気ではないベグラーだったが三匹の人間はいずれも“ニンジャ”であり遺跡に残った文明の中にはとんでもない代物も混じっていた。


第15章 赤嘴党


嘴党という巧妙な手口でを入手する残な食部族の秘密組織が勢を伸ばしていた。
「同胞食いなど人ザルにも劣る」そう口にし党の撲滅に奔走するモッズ警部もまた発作的な食欲求に苦しむ食部族なのであった。


第16章 カモメのジョンガラサン


カモメたちは足をにひたさずに味を手に入れた。
彼らは太り飛ぶことすら面倒くさがり話題と言えば毛並みや羽毛のツヤの競い合いがほとんどであった。
だがジョンガラという名のカモメだけは違っていた。


第17章 ブルー・ヒューマン


真夜中にを覚ました小鳥を閉めようと起き上がると庭園に二人の人間子供幽霊が降り立っていた。


第18章 ラップとウィルダのバラード


沼地に住む被差別階級であるスキルアード族のラップと育ちのいい族のウィルダのラブストーリー


第19章 ドゥブルゥドへの査定委員会懲罰動議


かつてドゥブルゥド首長が提案したゾラ系第三惑星(通称:地球)についての件で重大な誤りが発見されたためウルペレスト四級委員はドゥブルゥドに対し懲罰動議を提出する。
ウルペストによると鳥人族出身の首長は身内可さと利権のために権を乱用して提案を通したと摘するが……。


関連動画



■so30449071[ニコ動]


関連商品


■az4063738485


関連項目



最終更新日: 20/12/06 10:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ