ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鴨川つばめ


ヨミ: カモガワツバメ
掲示板をミル!
1カキコ!
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:情報量の不足
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。

鴨川つばめとは、日本漫画家である。


概要


1957年まれの福岡県大牟田市出身の漫画家。性別は男性
ギャグ漫画家として知られている。
一時期「東京ひよこ」の別名義で漫画を執筆していたことも。

鴨川つばめの名を一躍有名にした作品が、1977年から1979年週刊少年チャンピオンで連載された
ギャグ漫画マカロニほうれん荘」。
1970年代週刊少年チャンピオンは、黄金期を迎えていた。
手塚治虫の「ブラック・ジャック」、水島新司の「ドカベン」、山上たつひこの「がきデカ」、
石ノ森章太郎の「番長惑星」、永井豪の「キューティーハニー」……大人気作品ばかりである。
そんなそうそうたる顔ぶれの中で「マカロニほうれん荘」の連載を開始したのが、
まだ20歳だった鴨川つばめである。
マカロニほうれん荘」は、新なギャグや独特のコマ割り、パロディ要素など、
それまでのギャグマンガとは一線を画すもので、少年チャンピオンの中でも異を放ち大ヒット
鴨川つばめは一躍人気漫画家仲間入りをはたした。

しかしその人気とは裏に、若手の原稿料は低く抑える、という当時の編集部の方針で生活は苦しく、
さらに人気漫画の連載を続けていくことへのプレッシャーも重なり、1979年にははやくも連載終了を迎える。

その後は、「マカロニほうれん荘」の続編「マカロニ2」など、いくつかの漫画を連載したが、
なかなかヒット作品はうまれず。近年、立った活動は見られてない。

マカロニほうれん荘」は伝説ギャグ漫画として今でもカルト的な人気を誇っており、
2018年5月19日からは、東京中野ブロードウェイで初の生原画展示会が開催されることが決まっている。


関連動画



■sm16959089[ニコ動]

■sm27648505[ニコ動]


最終更新日: 18/09/07 16:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ