ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ヌエ
掲示板をミル!
55カキコ!

ぬえ・ヌエ)とは、日本に伝わる伝説上の妖怪、物の怪である。

この記事に曖昧さ回避ぬえの記事を参照。

曖昧さ回避

概要


古典物語』などに登場する妖怪の名称。
物語』によると、その姿顔はに似て、胴は、足は虎、尻尾、そして「鵺のようなで鳴いた」とする。『盛衰記』の記述では微妙に異なり、頭は、背は虎、尾は、足は、「音は鵺」とする。

ここで言う鵺とはトラグミのことであり、トラグミ不気味な鳴きをあげることで知られていた。つまり、この時点では「鵺のようなで鳴く正体不明の妖怪」というだけで名前は特にかったことになる。
元々は鵺といえばトラグミのことであったのだが、それがいつしか鵺=妖怪の名称として定着していき、その後の文献や各地の伝承等では鵺はもっぱら妖怪の名称として使われ現在に至る。今でも、正体不明の存在の事を「鵺」と表現するのはここからきている。

姿の見えないトラグミ不気味な鳴きと、原因不明の怪事が結びついて生まれたのが妖怪としての鵺であると考える事ができる。

近年でも妖怪を扱ったアニメ漫画や、各種ゲームにおいて鵺が登場する事は多い。

ヌエ[画像]


妖怪・生物としての鵺が出る作品



鵺退治のエピソード


近衛天皇の御世の出来事である。

がまだ幼い頃、の刻になると原因不明煙が沸き起こり、気味の悪いが内裏にき渡るという怪事が続いた。これに怯えたは病に伏し、高僧の祈祷や薬師の治療も効果がなかった。
そこで化物退治の討手として、氏の武将・頼政に白羽の矢が立つ。頼政は先祖であり、酒呑童子土蜘蛛を退治した以来受け継いだを携え、郎党を率いて内裏にて番をする事となった。

果たして半、にわかに立ち込めた煙の中に、頼政は怪しげな影を見出す。そこに向かって決死の矢を放つとの影は地に落ち、駆け寄った頼政の郎党・太(いのはやた)の太刀にて止めを刺された。その姿は上述のような化け物であった。

これを機にの病状は回復。この功績に対し、頼政に獅子王という名のを下賜したという。

退治された鵺のその後については、文献や伝承により異なりバリエーションが豊富である。「に流され流れ着いた先で葬られた」「京都清水寺に埋められた」とするものが有名。

また後崇院が記した『看聞日記』にも、鵺をすと見られる記録がある。応永23年(1416)4月25日の条によれば、

北野満宮に怪鳥が現れ、大竹を拉ぐほどの大で鳴き、神社も鳴動するほどであった。二又のの上に居て、参詣する人や通行人は非常に驚いていた。
そこで一人の宮で射落としたところその怪鳥の頭は、身体は、尾はのようであり、眼には大きながあるという希代の化生であった。

このことを将軍足利義持に連絡したところ、射落とした宮には褒美としての織り物一重と、一振りの太刀が贈られた。射落とされた怪鳥は河に流すようにとも下された。

と書かれており、伝えられる容姿に相違あるものの、で射落とされることや報酬として太刀が贈られることは共通している。

退治された鵺を葬ったと伝えられる「鵺塚」と呼ばれる塚が大阪兵庫京都などに実在し、今でも奉られている。

世阿弥作の『鵺』では、頼政に退治された鵺の亡霊が登場し、負けた側の悲哀がられている。

は名を流すうつほ舟に 押し入れられて
よどみつ流れつ行く末の 殿も同じの屋の
わの浮に流れ留まつて 朽ちながらうつほ舟の
日も見えず きより にぞ入りにける
に照せ 山の端の に照せ 山の端のと共に
海月も入りにけり 海月と共に入りにけり


関連動画


動画は見つからないので、トラグミ動画を紹介する。


■sm3208004[ニコ動]

■sm7218607[ニコ動]

 


関連商品


■az4827902232
■azB0002T1Z62


漢字として


Unicode
U+9D7A
JIS X 0213
1-83-12
部首
鳥部
画数
19画
𨿤
Unicode
U+28FE4
部首
画数
16画
意味
キジに似た日本語では、ぬえ
〔広韻〕に「の名なり。雉に似る」とある。〔山経・北山経〕には、単の山というところに鵺というがいることが紹介されている。「有り。其の、雉の如くして文首、足。名を鵺とふ」とある。
字形
符は
音訓
読みはヤ(音)、訓読みは、ぬえ
規格・区分
常用漢字でも人名用漢字でもない。JIS X 0213第二準。
参考
ぬえを表す字にはほかに鵼がある。

異体字



関連項目



最終更新日: 18/04/22 21:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ