ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


鹿島(艦これ)


ヨミ: カシマ
掲示板をミル!
468カキコ!
■im5350738(静画)

「懐かしいですね。南洋の日々・・・」

鹿島(かしま)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場するキャラクター艦娘)である。
モデル日本海軍香取練習巡洋艦鹿島>。CV茅野愛衣。担当イラストレーターはパセリ氏。


練習巡洋艦を甘く見ないで!


2015年11月18日開始のイベント突入!海上輸送作戦」第3域突破報酬として実装された艦娘。同年2月イベント迎撃!トラック泊地強襲」で実装された香取に続いての登場となった。
香取同様の練習艦であり、基本ステータスは同様(ただし、鹿島終戦時残存艦なので運が「20」とやや高くなっている)。そして、その運用は他の巡洋艦とは大きく異なるものとなる。

香取明らかな「お姉さんキャラで、しかもおあつらえ向きに眼鏡を着用し教を手に持ち、タイトなミニスカート穿いているなど、一部の提督を狙い撃ちにするかのようなキャラクターであったが、鹿島はそこまでお姉さんではなく同年代~やや年下のイメージも持てるような外見と、素直に提督に甘えてくる仕も見せるボイスなど、幅広くあざとい多くの提督ハートを射抜くキャラクターであった。

キャラクター性はともかくとして、練習巡洋艦ゲーム内では香取実装からこれまでは「弱い4スロかつ対潜攻撃可なので対潜要員としてはむしろ強い方だが、それ以外の戦闘においては特筆すべきを持たずステータスも低め。もっとも、練習艦であり実戦のために作られた艦ではない以上当然の事ではある」「旗艦に置かないと意味が通常、旗艦補正の経験値1.5倍を受けるため、育てたい艦を旗艦に置くのがセオリーである」「経験値増効果が大したこと香取自身のレベルによって効果が変動するが、99まで育ててもたったの8」の3拍子で、実用性としてはすぐに空気のような存在にされてしまっていた。
しかし鹿島実装に伴いこれに大きなテコ入れがなされる。まず旗艦に置かなくても(効果は若干下がるものの)取得経験値増効果を得られるようになったこと、香取と合わせて練習巡洋艦が2隻になった事で「併用」ができるようになったこと、倍率そのものも引き揚げられレベル99で最大20もの効果を得られる(ケッコンして100以上になればさらに)ようになった事から、決して空気ではなくなった。

そこに上述のような魅的(すぎる)なキャラクターデザインが合わさり、実装してそう経たないうちに爆発的に知名度と人気が高まり、鹿島抜きにされる提督が巷に溢れかえることとなったのだった。
pixivニコニコ静画ではとてつもないペースイラスト数が増加。艦これに追加実装された艦娘イラスト増加数では過去最速ペースであった(実装からわずか1ヶpixivでは1500件以上、ニコニコ静画でも500件以上。彼女の登場から3年以上たつが、これを越えるペース艦娘は未だに登場していない)。
機を見るに敏な同人界がそんな魅的なキャラクターを放置するわけもなく、登場から年末恒例の有明海戦の勃発まで僅か1ヶ強しかなかったのに猛威を振るい、付いた二つ名が「有明の女王」である。

そして2016年2月実装されてからまだ3ヶ程度の新顔であるにも関わらず、figmaねんどろいどが両方とも製作決定する(現在は発売済)という快挙。さらにはコンビニエンスストアローソン」とのコラボ企画商品の1つで、ローソン制服を着た鹿島オリジナルイラストまで描き下ろされるという大抜を受ける。

ゲーム本編でも実装直後である2015年12月24日くもサンタさんコスチュームに着てクラッカーを持った限定グラフィック実装2016年2月14日15:00よりバレンタインデーに合わせてエプロン姿の限定グラフィック実装。しかも他の艦娘アップデートに合わせての前倒しともえる実装に対して、鹿島「それぞれの行事(イベント)の当日」実装という特別扱いである。

[画像][外部][画像][外部]

左:クリスマス鹿島 右:バレンタイン鹿島

2017年9月には艦これ三越コラボ第三弾キャラクターに抜され、新グラフィック実装された。色々とけしからんと好評であった。

[画像][外部]


私の経歴を、先に確認なさいます?


ジェダイ軍士官次代の軍士官を育てるため1938年のマル3計画追加分で建造が承認された、香取練習巡洋艦の二番艦が<鹿島>である。由来は茨城県鹿島町(現・鹿)に所在する官幣大社鹿島宮。なお香取宮にはJR鹿島線利根さん渡って一本である。菜の花の色の電車が君を待っている。そして香椎宮はとても遠い。なんせ福岡である。

1938年10月起工、翌年6月し、翌1940年5月工。建造的通り練習艦隊へ編入され、8月には遠洋航に出発したが、日中戦争化などにより9月には中止され本土・寺島に帰着と同時に特別役務艦になる。翌1941年12月に勃発した太平洋戦争に際してはトラック泊地へと派遣194311月までのあいだ南洋方面を所管する第四艦隊の旗艦を務め、井上成美中将長官に迎える。

ただし、本来戦闘的としていないこともあってか後方での揮が中心であり、実戦にはほとんど参加していない。また第四艦隊と連合艦隊部との連携が良いとは到底言いがたい状況も多く、珊瑚戦での空母祥鳳>の損失や、本来揮下にあった第24航空戦隊も取り上げられるなど、(嶼防衛の軽視やミッドウェー海戦に繋がる慢心が既にこの時からあったとはいえ)井上提督と<鹿島>にとって不遇の時は続いた。

1943に本土へ帰投して以降は、悪化する戦況の中で船団護衛任務などを担当。1945年2月上護衛総隊に編入されなお船団護衛に奮闘して終戦を迎える。終戦後は復員輸送にあたり、1947年解体。


なお、「鹿島」の名は2代目で、初代はイギリスアームストロング社で建造された香取戦艦2番艦<鹿島先代でも香取姉妹
そして現在海上自衛隊練習艦隊の旗艦として練習艦<かしま>1995年から若きジェダイ次代の幹部自衛官の育成と日本の代表として海外に漕ぎ出しているが、こちらは老朽化した練習艦<かとり>の後継艦として生まれた。当代では<香取>とは親子?になるかもしれない。


そうですね、自己紹介は、とっても大事です!


香取同様、礼装軍服装との肩章をつけた正装姿で、タイトスカートネクタイ姿のに対してプリーツスカートと胸のリボン立つ相違点である。より若干色素の薄い銀色ツインテールに留めている。装は香取と同形で手に双眼鏡を持っている(詳しくは後述)。

落ち着いた雰囲気の香取べ、提督に対して「もうっ提督さん!」と膨れたり青葉に弄ばれるなど感情表現が豊か。「うふふっ♪」と微笑みを絶やさず、三食洋食提供し、の執務中にはコーヒーを用意してくれるなど提督を補佐する優秀な秘書艦である一方で、実戦経験に乏しいからか戦闘に際しては動揺を見せることもある。
ほぼすべてのボイス提督へ好意的な反応を見せているため、提督LOVE勢としても数えられる。

その他、南洋での活動が長かったことからその思い出をったり、揮下にあった第六戦隊の面々や第四艦隊官として長く<鹿島>に座乗した井上成美中将について言及している。井上提督軍兵学校卒業時の好成績から「恩賜の双眼鏡戦前軍兵学校や陸軍士官学校帝国大学等で上位5名前後の成績優秀な卒業生に渡されたもの。双眼鏡以外だと軍懐中時計などがある。井上提督179人中2番だった」を下賜された。彼女が持っている双眼鏡はこの井上提督由縁のものと思われる。


鹿島と井上提督のこと、覚えていてくださいね


教官とえる鹿島とは切っても切れない関係とえる井上成美(いのうえしげよし)提督軍きっての論客・軍政、そして教育である。

鹿島〉に乗艦していた第四艦隊長官の後に軍兵学校校長に着任。当初は乗り気ではなかったが・・・

等、戦争中であっても世情に流されず世界に通用する人材を育成するという教育者の立場を貫き、軍の多方面からの催促(半ば強要)からも孤軍奮闘を続けた。
この事は戦後卒業した補生たちが敗戦を責める民から差別される中(GHQにより補生の大学への復学に制限があり、就職においても不利だった)であっても、帝国大学以上の学問を受けた事実は大きな拠り所になっており、その後の高度経済成長期において様々な業種で活躍した。井上提督がいかに教育を大切にしていたかが垣間見える。

戦後、地元神奈川県長井子供たちや、かつて軍御用達だった横須賀の料亭「小松」の給仕などへ(進駐軍相手にやっていけるように)英語を教えていたが、周囲からの大学大企業の相談役などへの推薦を断り、慎ましい隠居生活を送っていた。

なお、上記の料亭「小松」は当時の佇まいのまま21世紀になっても営業を続け、予約利用者であれば寄贈された多数の軍の遺産を見る事が出来たのだが、2016年5月に火災により全焼、残念ながら重な資料も焼失してしまっている。


余談


2015年イベント開始時においては、メンテナンス終了の告知前にフライングログインした不埒な提督が、信じて送り出した呂500練習巡洋艦になって帰ってくるというろーちゃんバグに迎えられることとなった。
告知を知らなかったなどの理由でログインした人も多かったが、まさかの展開に一部から「ろーちゃんがこんなに成長するなんて…」と驚くがあった。

[画像][外部]

先述の2016年2月ローソンとの企画における鹿島品はタペストリーなのだが、これがなんと各店舗12個限定と言う、明らか戦になるのが分かっている個数設定であり、しかもタペストリーを狙うのに購入しなければならない商品は栄養ドリンクユンケル」。速「鹿島ユンケルしましょ」等と言う新しい日本語を創造する輩まで現れる始末で、ついには「ユンケルを半日で12万本売った女ほとんどのローソンで半日でタペストリーくなってしまったことから。2016年当時のローソン内総店舗数は約12,000件であり、このうち1万店舗でユンケルが売り切れていたとすれば12万本売れた計算になる。」という二つ名まで付けられる有様であった。
ダンケ」「地中海的」などのワードは既に検索結果が汚染されてしまっているが、現在のところ商品画像やタモリイチローで埋まっている「ユンケル」も侵食が始まるのだろうか?→流石に一過性のイベントだったためか、浸食というほどのことはいが、画像検索するとイチローなみに鹿島が出てくる模様である。

[画像][外部]


次へ»
最終更新日: 19/03/17 20:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ