ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


麻枝准


ヨミ: マエダジュン
掲示板をミル!
1138カキコ!

麻枝准とは、key所属のシナリオライター作詞作曲音楽プロデューサーである。

株式会社ビジュアルアーツ取締役


概要


1975年1月3日生まれ。三重県伊勢市出身。本名は表記違いで前田純。通称「だーまえ」。血液型O型

シナリオライター以外にも作詞作曲もこなす多才な人物であり、ビジュアルアーツ馬場社長が言うには「何でもこなす天才」。

好物は納豆カレーカップヌードルカレー味にもかける)、松屋カレーカレーを考案した人を尊敬している)、ケンタッキーフライドチキンジャイアンコーン油そば皿うどんなどと本人がいうが、かなりの偏食でありハマると毎日同じものを食べ続けるという。

京アニ版『kanon』のオーディオコメンタリーでは、沢渡真琴シナリオが自分の中で特別なものであり、今後これ以上のシナリオは書けないのではないだろうか、自分のゲームで泣くシナリオライターが他に居るのかはわからないが、ドリームキャスト版『kanon』を遊んでシナリオで号泣したとりつつも、作品に関係のない皿うどんの話を延々と続け、話題本編に移ったと見せかけて「じゃあ、皿うどんの話に戻ります」というほどハマっていた。皿うどんパリパリの麺がお菓子感覚で好きで、餡とよく混ぜて麺をふやかして食べる人には強い反感を抱いた。正月の間中、コンビニ唐揚げ弁当を食べ続けた逸話もある。

ところがアニメ神様になった日』の制作に入ってからは、アニプレックスから健康的でな食事を提供されている模様。ジャンクフードカレーへの回帰が望まれる。

ちなみに能美クドリャフカ抱き枕を使っている。


略歴


大学時代、仕事ゲーム音楽を手掛けることを志し、日本ファルコムカプコンなど数社の選考を受けるも、全て不採用となった。就職先が決まらないまま夏休みを迎え、急遽シナリオライター志望に転向することを決意。一般ゲームの会社はライターでも就職は難しそうなのでアダルトゲーム制作会社を狙い、母親に就職に繋がることをやっているのかと訝しまれながら、隠れてエロシナリオを書いていた。

美少女ゲーム業界最大手のアリスソフトにも合格を貰っていたが、大手では競争に生き残れないと感じ、あえて社員として育ててくれそうに感じた、当時マイナーメーカーであったscoopに就職するも、開発環境への不満と社に合わないことを感じ『カオスクィーン子』で担当シナリオを仕上げると、2ヶで退職。その後、当時scoopよりもさらにマイナーソフトハウスであったネクストンに入社。ネクストンでは同社のブランドタクティクスで『MOON.』『ONE ~輝く季節へ~』の企画・原案・脚本を担当。高い評価を得た。

しかし『ONE~輝く季節へ~』の制作時、半年以内でゲーム完成させるという社の方針を破ってしまい、スタッフたちは苦に立たされる。

理想の開発環境めて共にゲームの開発に携わった久弥直樹樋上いたるみらくる☆みきぽんしのり~折戸伸治らを引き連れタクテクスを退職、自分たちを雇ってくれる会社を探し、やがて以前ビジュアルアーツの社員であった樋上いたる紹介で、ビジュアルアーツに入社しKeyを立ち上げた。

Keyに活動を移してからも大ヒット作を世に送り続け、ゲームクリエーターとしてとその名を高める事となる。

key処女作『kanon』を作り終えたあとは、ビジュアルアーツ内で自身の新ブランドの立ち上げを試みるも、タッグを組む予定の絵師とは疎遠となってしまい、久弥直樹の退社の意向の表明、馬場社長からの後進のシナリオライターを育ててくれとの説得や、keyスタッフたちの希望で麻枝はkeyに一時的に残留することになった。こうして作られたのが『AIR』であった。

麻枝は『AIR』に続くkeyの第三作となる企画には、一切口を挟まないつもりであったが、他から出される企画に不甲斐ないものを感じ、個性的で人によっては入りにくい作品となった『AIR』よりも、多くのkeyファンに受け入れられるエンターテイメント作をし『CLANNAD』の制作を開始する。だが同作の制作は非常に難航し、key開発チーム内での人間関係の悪化や発売延期が繰り返される事態となった。『CLANNAD』の開発中、麻枝はファンタジー漫画ヒビキノマホウ』(画:依澄れい)の原作を担当。これには疲れ切った心を癒やされる。

CLANNAD』は4年近くの開発期間を経て2004年4月28日PC版が発売された。同作は圧倒的な人気を得てビジュアルノベルゲームとなった。

次の企画リトルバスターズ!』は、新人のシナリオライター都乃河勇人の育成も兼ねて企画された。『CLANNAD』よりもさらに娯楽性を追求し、面さで上回る作品をした。

麻枝は同時に『CLANNAD』の開発終了後のいた時間に、個人的な趣向を全面的に反映させた作品である『智代アフターIt's a Wonderful Life〜』を手掛ける。同作は2005年11月25日PC版が発売された。これが麻枝が自身で声優デレクションを行った初の作品となり。全年齢対であった前作『CLANNAD』では描けず不満のあったアダルトシーンを盛り込み、それ単体でも十分商品レベルとなるようなシュミレーションRPGが付いた意欲作であった。同作の反と麻枝の反応は、下記の項に詳しい。

2007年7月27日に『リトルバスターズ!』が発売。翌年その18禁版作である『リトルバスターズ!エクスタシー』が発売された。

シナリオライターとしては『リトルバスターズ!エクスタシー』で一区切りとした上で『Rewrite』では、QCクオリティコントロール/制作監督)と、音楽のみを担当した。これからは後進のシナリオライターを育て、Keyを裏方として支えていく旨を表明し、京都アニメーション版『kanon』のオーディオコメンタリーでは、ゲーム制作において最も難しいのはQCである。企画者はシナリオを書いてはいけないとまっていた。

だがこれらの発言が、ファンの間で引退との喧伝がされたことに驚き、次はかに任せますくらいの気持ちでったつもりであり、ゲームシナリオライターとしても引退したつもりはい旨を本人はっている。

2010年、『Angel Beats!』で初のアニメ原作・脚本に挑戦した。2010年11月京都大学で行われた講演会では『Angel Beats!』のゲーム化を宣言し、2016年ゲームAngel Beats! -1st beat-』発売。全6作で完結するシリーズでの発売としたが、コミックAngel Beats! Heaven's Door』11巻の後書きで、『2nd』の発売の処が全く立っていないことを表。「思いはそのコミック(『Angel Beats! -The Last Operation-』)に託す」とした。

2015年、自身のオリジナルアニメとして第二作となる『Charlotte』を発表。

2016年、かねてから体調不良を訴えていたが、2月29日Twitter(旧アカウント削除済み)で入院する旨をツイート。難病の特発性拡心筋症を患っており、その後、第一種身体障心臓一級となったことを表するとともに、心臓移植が不可避の状態にあることを明らかにした。同時に、元来のうつ病で、仕事以外への関心が薄いため、仕事に復帰することが望ましいと診断されたこともった。 その後も自身の状態を精神病デパート、自神経が狂いまくっていると述べ、健康状態はけっして良くないことを明らかにしている。

入院の前から熊木杏里からオファーがありオリジナルアルバム制作を開始、入退院を挟みながら完成させ、2017年7月、『Long Long Love Song』を発売する。keyの新作『Summer Pockets』にて原案と音楽を担当。サウンドユニットSatsubatsu Kids」を結成。コミックマーケット93にてアルバム『Hikikomori Songs』を発表、2018年5月に一般流通盤『Hikikomori Songs』を発売する。

2019年11月28日原作メインシナリオを手掛ける全新作となるゲームスマートフォンゲームRPG)『Heaven Burns Red』が発表された。

2020年10月10日より放送のアニメ『神様になった日』で原作・脚本を担当している。[外部]


■so37633933[ニコ動]


シナリオライターとして


シナリオで泣かせるという事に注しており、久弥直樹と共に『ONE 〜輝く季節へ〜』など、泣きゲーといわれる作品を生み出し、後のADVに大きなを与えた。

泣き要素として、麻枝が手掛けたシナリオには必ずと言っていいほど死が題材とされる。とはいえキャラを安易に死なせてしまうことに関しては、本人も気にしている様子である。要人物がはじめから死亡しているという手法も使っている。

テーマとして「人と人との」を取り上げる事が多い。特に家族愛については最初期の作品から描かれている。その反面、いわゆる美少女ゲームと呼ばれる作品であっても、性的描写に重点を置く事はどない。

過酷な現実の中でも負けずに何が何でも立ち向かい、生きていかねばならないというポリシーがあり、作品にも反映されている。『ONE 〜輝く季節へ〜』において、トラウマを抱えた主人公が、やがて消えゆく先として「永遠の世界」という設定を置いたが、それも永遠などではなく1年足らずで終わり、後年の『リトルバスターズ!』でも現実逃避永遠に続かないことを描いている。

小説家村上春樹から強いを受けており、特に高校生の頃『世界の終りとハードボイルドワンダランド』を読んだことによりその後人生が変わり、自身の作にも大きなを与えたとっている。

美少女ゲームは蛭田人や菅野ひろゆきの作品を遊んでいた。Leafの『』『』『To Heart』を研究したという。一般ゲームRPGを遊ぶことを非常に好んでおり、自分でもRPG作ってみたいと長年の間希望していた。『MOON.』『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』では本編おまけRPG制作している。

創作の傾向としては『リトルバスターズ!』で主人公直枝理樹にも言わせているように、全く関係のないものを組み合わせてみようというものがある。要するに理不尽さ、ナンセンスさの追求である。それがギャグ方面に向かうと唐突かつハイテンションな展開となり、シリアス方面に向かうと怒涛の急展開による感動シーンとなる。意外性を出すためなら、全く話の伏線らないということすら気で行う。当然、読む人を選び、特に『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』での急展開はこれぞ麻枝の頂と崇めた者と、唐突でであると、こき下ろした者のっ二つにわかれた。『AIR』でも従来のkeyユーザーを突き放す作品を意図したが、こちらは多くに受け入れられた。

麻枝いわく、自身のシナリオは泣かせるスイッチがひとつだけだと、作動しなかったときが怖いので伏線をいくつも用意しておく、『Kanon』のシナリオなどがそうであるように、質より量で攻めるイメージで、悲しいシーンを長くすることでユーザーに感情移入してもらうようにしている旨もっている。

智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』でのこき下ろしは、麻枝はユーザーから批判されることはあえて承知で、ストレート家族と上記にあるポリシーに沿ったストーリーを描き、また作品の尺が短か過ぎたためプレイヤーの多くが感情移入出来ず、バッドエンドとも思われる結末にしい非難が殺到したものであった。麻枝はこの結果にショックを受け2ヶ間の休職に追い込まれたが、CS化に際し同作が加筆修正され一般的な評価が高まったことで、概ね満足したようである。

キャラ造形においては、モデルにしたキャラと全く別のキャラを作ってしまうことも知られている。アスカ・ラングレーから沢渡真琴を作り、セーラーマーズから川澄舞を作り、藤林杏のようなツンデレを作ろうとして棗鈴朱鷺戸沙耶ができてしまい、天城雪子からゆりっぺを作り、両儀式から天使ちゃんを作るという、いずれも、どんな工程を踏めばそんなものができてしまうのかと、ファンは理解に苦しむものがある。

またシナリオライターとして久弥直樹の事を大変尊敬しており、『kanon』や『Angel Beats!』に関する雑誌やテレビインタビューでも度々、久弥についてっている。「自分にとって天才的存在」とまで発言しており、久弥がkeyを退職して数年経った後も「自分は一生keyファンには認められない。彼をえる事は一生できない」とプレッシャーを抱えながら努と勉強の毎日だったらしい。元々keyというブランドは久弥と樋上いたるファンが付いたブランドだと感じていたが、逃げることなくkeyゲーム制作打ち込み長年プレッシャーと戦い続けていた。


次へ»
最終更新日: 20/10/11 04:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ