ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


黄瀬和哉


ヨミ: キセカズチカ
掲示板をミル!
11カキコ!

黄瀬和哉とは、日本アニメーター監督である。

名前は「きせ・かずちか」と読む。よく勘違いされるが「かずや」ではない。


経歴


1965年3月6日大阪府生まれ。同じアニメーターである柳沢まさひで、小森高博らと同じ高校に通い、ペーパーアニメを自製作したこともある。高校卒業後、アニメ専門学校をすぐに辞めて「アニメアール」に入社。面接時、アール責任者だった谷口守泰が不在だったことから、アール第2スタジオを預かっていた村中博美が接見し、以降2スタのメンバーとして村中に師事した。

キャプテン翼」で原画、「赤い光弾ジリオン」で作画監督に昇格。アニメファンから最初に注されたのは、ヒット作となった「鎧伝サムライトルーパー」で、同作において優れた作画技量を示した四人のうちの一人(ほかの三人は逢坂浩司村瀬修巧、山田きさらか)だった。サムライトルーパーでは黄瀬は当初、大阪スタジオ仕事をしていたため設定資料の一部が間に合わず輪のセイジの武器を適当に描いたのだが、チェックをすり抜けてそのまま放映されてしまった、というエピソードがある。

逢坂村瀬山田らが以降もサンライズを中心に活動したのに対し、黄瀬アニメアール2スタが「スタジオ・ムー」として独立したなどの事情も絡み、他のアニメ制作会社の作品へ参加するようになる。「機動警察パトレイバー 劇場版」以降は、Production I.Gに移籍し、押井守監督作品において西尾鉄也やかつてアールの同僚だった沖浦啓之らとともに、押井アニメハイクォリティ作画を支えた。

ガイナックス作品には「ふしぎの海のナディア」で初参加(原画)しており、90年代アニメブームの中心となった「新世紀エヴァンゲリオン」では作画監督として13話、18話を担当。黄瀬キャラメカデザインを損うことなく、沖浦啓之のようなリアルな陰影をつけるという作画技術を持っており、特に18話においてはその表現を見せつつ、難しい構図もさらりと描きこなしている。18話の原画は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズで流用されたテレビシリーズの原画の中でも、あまり修正が入っていないもののひとつである。

そうした実と、押井アニメにおける軍事描写の経験を買われたためか「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」の、後半部分(いわゆる「REBIRTH」編、完結編における「Air」部分)の総作画監督を務め、続くエヴァの劇場作品「Air/まごころを 君に」「新劇場版:序」「新劇場版:破」にも、作画監督あるいは原画として参加した。

現在Production I.G取締役であり、攻殻機動隊の新シリーズ攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-」の監督に就任して注を集めている。

参加作品に関してはwikipedhiaの記事[外部]を参照


関連動画



■sm16469931[ニコ動]

■sm10177070[ニコ動]
■sm12642177[ニコ動]
■sm3254709[ニコ動]


関連商品


■azB0000BI15Q
■azB002KLKXTA
■azB00005EDGZ
■azB004G097OK
■azB000I2IQ1K
■azB002C3JVHG
■azB000CCGOQK
■azB001VNCVTI
■azB002HK3HWE


関連項目



最終更新日: 13/02/11 12:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ