ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


黒一


ヨミ: クロイチ

黒一とは、ホラーゲーム実況プレイをしている男性実況プレーヤーの一人である。


概要


2008年7月2日に『バイオハザード4 実況吹き替えその他もろもろプレイ(PRO)[動]』にて正式なデビューを飾る。

数あるバイオハザード4実況プレイ動画の中でも、彼ほど付けられたコメントを大事にする実況者はいないだろう。一度の収録の度に、全てのコメントに対しての返信をほとんど欠かさない帳面さに、中に陥った視聴者もいるとかいないとか。その帳面さだけでなく、吹き替えに関しても彼の内なる人格(?)である「耀大人お姉さんキャラ)」と「一歌(勝気な妹キャラ)」を駆使して好評を博す。両名の名前の由来は「黒一」を分解したものである。プレイに関してもやり込みは半端なものではなく、参考となるプレイを心がけている。やり込みに関しては、何も技量的なものだけではなく、ヒロインキャラのいわゆるパンチラシーン、通称パンツァーポイント(命名:新感覚冷やし系魔法少女ヒャド)探しにも血を上げ、その甲斐あってか彼の会心の技が決まったチャプター3-1(4/6)[動]の再生数は抜きん出ている。動画中でも実況プレイ以外にも「その他もろもろ」の部分として、持ち前の演技を生かし定されたキャラを演じるミニコーナー、冒頭の早口言葉視聴者の楽しみとなっていた。

続く実況シリーズは友人から貸与された「SIREN」。そのゲームの敷居の高さ(ループを繰り返す、ゲーム中のヒントの少なさ)から初見実況動画として完結が危ぶまれたが、コメント返信さえもこなし事にシリーズ終了に至る。例えどんなゲームでも、よさを見つけ楽しむその姿勢を視聴者に見せ付けてくれた。

実況三作として「バイオハザード5」を。ひょんなことからオフラインco-opプレイを試みるが、その相棒である「たわし氏」に視聴者の反応が集中し、実況者として心中複雑なものがあったとか。

最近は生放送も盛んに放送しており、生放送では実況プレイバイオホラーゲームデモンズソウルなど)のほかにも有りあわせの画像を編集して壁紙を作ったりなどしている。 

東方プロジェクトにも広く深い知識を有し、動画中でも何度もネタとする。その影シリーズ興味を示す視聴者も複数確認され、布教活動は一応の成功を収めたといえよう。

誕生日11月1日。同じ誕生日の人物として、政治家亀井静香アイドル小倉優子卓球選手の福原愛東北楽天ゴールデンイーグルス田中将大等が挙げられる。

中学生時代はGHQ部。高校生時代は非公式新聞部に所属していたというが、これは「D.C. ~ダ・カーポ~」へのオマージュと思われ、それ系のゲームも嗜むことを言外にしている。結局のところ高校生時代もGHQ部である。
(ちなみに、GHQは略さずに言うと「Go Home Quickly」の略で要するに帰宅部である。)


S気味について


そのゲームプレイスタイルから、動画中で「ドS」だと称されることが多い。これに対して、彼は実況動画の師であるビリー・K・H氏の影からか「どちらかといえばS」であると応えるようにしているようだ。師のようにノーマルしないのは彼なりの良心からだろうか。「ドSな黒一さん」に対して、そういう別人がいるのだろうと頑なに拒絶したこともある。「どちらかといえばS」を略して「ドS」と抗弁するも、「どう見てもS」だのと返される姿は涙を誘うとか誘わないとか。

ただ彼が選ぶゲームの性質上、上手いプレイを心掛ければ敵を一方的にやり込める展開になり、それがドS疑惑に繋がった経緯は同情に値するだろう。


ニコニコ生放送


実況動画制作の他にもニコニコ生放送にBOやモバマス配信をしている。最近は動画制作よりもこちらのほうが頻度が高い。


マイリスト/ 現行シリーズと新しいシリーズ


■mylist/35466917
 ■mylist/44612052

■mylist/39314638
 ■mylist/37368156
  

 


外部リンク


Twitter[外部]        黒一氏のツイッター


関連コミュニティ


 

■co41079

 


関連項目



最終更新日: 14/06/11 18:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ