ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


黒澤元治


ヨミ: クロサワモトハル
掲示板をミル!
18カキコ!

黒澤元治(くろさわもとはる)とは、元レーシングドライバーチーム監督自動車評論家である。ニックネームは「ガンさん」。


概要


1940年8月6日生まれ。茨城県日立市出身。
1960年代から1970年代にかけてレーシングドライバーとして活躍した。1965年ホンダ系2輪チームライダーから4輪の日産ワークスに転身。

ワークス所属時には、高橋北野元とともに、追ワークス三羽ガラスと称された。

活躍したのち独立してプライベーターとなるが、1974年富士スピードウェイにて行われたGCマシンレースで多重クラッシュ戸裕、鈴木一の命を奪った原因を作ったとされマスコミに糾弾された。

当初JAFからは5年間のライセンス停止、のちに1年3ヶに短縮されたが、黒澤は自らライセンスを返上し、再取得の後にレースに復帰する。
しかし復帰後は思うようにレースが出来ず、レースの表舞台から退く。

以降はレース活動と行して従事していたブリヂストンスポーツタイヤの開発テスターとして活躍。現在ポルシェ認のタイヤスターのひとりでもある。

レーサー引退後、友人である作家・五木寛之の薦めで始めたモータージャーナリスト活動では、レーシングドライバーとして、タイヤスターとして磨いた洞察を活かして現在も活躍中。 特定メーカーにとらわれず、に衣着せぬ辛口な自動車評論と還暦を越えても未だ衰えぬスピードマシンコントロールには定評があり、ファンが多い。として1990年以来ホンダNSXを乗り継いでいる。また、ポルシェカレラGTも購入している。 3人の息子弥、治)もレーシングドライバーとしての経歴を持っている(弥はチームルマン監督も務めは雑誌「LEON」の編集者も兼任している)。

2013年に、次男である治が所属するSUPER GTGT300クラスに参戦した、LEON RACING監督に就任、28年ぶりにレースの現場に復帰した。また、LEON編集者で三男の鈴鹿1000kmでサードドライバーを務め、翌年の第2戦からは正式に治パートナーとなり、事実上の黒澤ファミリーチームとなった。


関連動画



■sm814942[ニコ動]

■sm2023614[ニコ動]


関連商品


■az432665242X


関連項目



最終更新日: 18/01/26 20:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ