ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


黒邪の機甲兵


ヨミ: ズワウス
掲示板をミル!
48カキコ!

黒邪の機甲兵とは、アニメ機甲界ガリアン」に登場するの機甲兵である。

※以下、機甲界ガリアンネタバレあり


概要


マーダル軍の要衝の1つ「重力」において発掘された機甲兵の1つ。最初に発掘された1機のみが確認されている。
甲冑をまとった騎士のような姿の他の機甲兵とは全く異なる、生物的・悪魔的な外見が最大の特徴。
背中と推進器のような装置により高速で飛行が可で、その飛行マーダル軍の飛甲兵ウィンガルはるか駕する。
さらにバリアのようなものを発生させることで長距離からの撃を効化し、重射兵モノコットの弾程度では傷一つつけることができない。そのうえ機体そのものも極めて堅で、多少の損傷であればたちどころに修復するまで備えている。
武装は長と左腕に固定されたで、飛び道具の類は備えていない。のみを武器とする機甲兵としては巨人ガリアンや機甲猟兵ザウエルなどがいるが、これらが機械的機によりに複数の機を持たせているのに対し、黒邪の機甲兵はオーラのようなものをわせることにより、より強撃を繰り出すことができる。

だがしかし、黒邪の機甲兵が他の機甲兵と一線を画している要素、それは自らの意志を持ち、搭乗者がおらずとも戦うことのできるである。
以上のようにマーダル軍の決戦兵器として発掘・研究が進められていた黒邪の機甲兵だが、老騎士アズベスと流浪の騎士アレックスが率いる反マーダレジスタンスの襲撃を受け、その混乱の中で暴走し、こともあろうにマーダル軍へと牙を向く。そして重力での戦いが終わるといずこともなく飛び去っていき、その後も反マーダルの旗手であるジョルディ王子助けている。

・・・などともっともらしく書いては見たものの、実際のところはゲームスーパーロボット大戦BX」において、別作品の機体がガリアン染んでいるという、スーパーロボット大戦シリーズでは較的よくある話である。


その正体


ゲームスーパーロボット大戦BX」の作中人物はこの機体を機甲兵だと考えていたが、視点から世界を見渡しているプレイヤーからは正体は一瞭然であった。
その正体は「聖戦士ダンバイン」のOVANew Story of Aura Battler DUNBINE」に登場するオーラバトラーズワウスである。
New Story of Aura Battler DUNBINE」はBXの発表当初から「機体のみの参戦」であることが明言されており、よもやこのような形でストーリーに関わると想像できたプレイヤーはそう多くなかっただろう。

なお、悪な見たに反して右手を持って味方NPCとして戦ってくれるのだが、圧倒的に高いHPにより誘のごとく敵を引き寄せ、絶大なパワーで次々返り討ちにしていくため、どこぞの忍者より悪質な経験値泥棒と化している。

また、「黒邪の機甲兵」に近いものとして「機甲界ガリアン」のOVA機甲界ガリアン の紋章」の「邪神」がいる。
こちらも自らの意志を持った悪魔的な外見の機甲兵で、作中ではハイシャルタット(CV速水奨)を操者として取り込み、巨人と死闘を繰り広げた。
これらの共通点により、「黒邪の機甲兵」はガリアン原作を知るものに対してのミスリードを誘う要素でもあると言える。


恐怖の正体


だが、これだけで終わらないのがスーパーロボット大戦クロスオーバー

時折現れるブライティクスの協者として振る舞っていた黒邪の機甲兵ズワウスだが、ある時突如騎士ガンダムに襲い掛かり、三種の神器のうち炎の剣を奪い、力の盾を破壊してしまう。
ズワウスに宿っていた意志の正体とは、かつて騎士ガンダムに倒されたサタンガンダムのものであり、ズワウスは原作における戦士ガンキャノンとしての役割も担っていたのである。

かくして、魂の器であるズワウス、生した体であるドラゴンベビーエネルギーである炎の剣ったことにより、サタンガンダムネオブラックドラゴンとして復活を遂げる。一方、になった器であるズワウスは復讐と化した黒騎士バーン・バニングス(CV速水奨)が新たな操者となり、君であるドレイク・ルフトの死後もジオン族に与してショウ・ザマを付け狙うことになる。

ちなみに、敵対時のグラフィックは単純な左右反転ではなく、こちらでも右手を持っていた。やはり人を見たで判断してはいけないのである。


関連動画



■sm26988481[ニコ動]


関連商品


■azB00XZR0PKK


関連商品



最終更新日: 15/09/01 20:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ