ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


120mm迫撃砲 rt


ヨミ: ヒャクニジュウジュウハク

 120mm迫撃砲 rtとはフランストムソンブラートン社の開発した、牽引式の重迫撃である。従来の105mm級榴弾に匹敵する射程、威四輪駆動で牽引可な軽便さ、身に刻まれたライフリングによる迫撃としては高い命中精度から、このクラスの重迫としてはベストセラーとなっている。以下においては陸上自衛隊での概要を記述する。


概要


 第二次世界大戦世代のM2107mm迫撃の後継として、平成4年度より豊和工業ライセンス製造する形で配備が開始された。な配備先は普通科連隊所属の重迫撃中隊/小隊で、第1空挺団では従来の105mmりゅうに代わる装備として挺特科大隊が装備している。

 通常弾で8100m、ロケット推進補助弾で13000mと長大な射程。上に述べたとおり105mmりゅう弾並みの威を持ち、高機動車1台で牽引できる簡便さもあいまって、普通科部隊が有する最も大きな支援火力として用されている。同の射程、精度、発射速度を機甲師団でも有効活用すべく、日立製作所により本体後部に搭載した96式自走120ミリ迫撃も開発され、第7師団第11普通科連隊などに配備された。

 現在も一部普通科連隊の重迫小隊から中隊への拡大に伴い、製造と調達は継続されている。そしてTRDIなどが中心となって現在弾道修正弾」という、一種の誘導弾が155ミリりゅう120ミリ迫撃用に開発されており、将来的には本迫撃は前線部隊の要請に応じ、ピンポイントの精密射撃も可となる見込みである。

 このように今後も活躍が期待されるRT迫撃だが、弾道修正弾を用いずとも一部の変態部隊。例えば師団重迫撃射撃競技会で優勝するような重迫中隊は、従来通りの射法と弾を用いつつも、職人技に近い高い技量で誤差メートルに収めることも多いといわれる。本来そういう運用をする兵器じゃないんですが、それは…


関連動画



■sm19035251?ref=search_tag_video[ニコ動]

■sm19354949[ニコ動]


関連商品


■az4769826761

RT重迫を直接扱ってはいないが、旧軍も陸自も迫撃用しており、その開発と運用を知る良書である。


関連コミュニティ


120mm迫撃砲 rtに関するニコニコミュニティ紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/12/19 17:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ