ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


250セーブ


ヨミ: ニヒャクゴジュウセーブ
掲示板をミル!
22カキコ!

250セーブとは、日本プロ野球名球会入会条件のひとつ。リリーフ投手入会条件。


概要


当初、名球会入会条件は200勝2000本安打だけだったが、投手分業制の浸透でリリーフ投手の評価が上がったことにより条件が定され導入された。他の条件と同様、日通算でも入会

導入されたのが較的最近で達成者が少ないため、200勝2000本安打ほどには知られていない。

200勝2000本安打ともにまず15年以上は一線で活躍し続けることが必要な数字であるのに対し、抑え投手の年間セーブ数はおよそ20~30セーブ台、多ければ40前後まで届くため、250セーブに必要な年数はおおよそ10年前後といえる。しかし、必要な年数が少ないから簡単というわけでは決してない。むしろ、達成難易度200勝に匹敵する難しさかもしれない。

何しろ抑えを任されセーブ数を稼げる投手というのは通常チームに1人である。つまり、チーム内で最高のリリーフ投手という立場を10年守り続けなければならないのだ。一度でも怪や不調でクローザーの地位を剥奪され、その間に他のクローザーが台頭した場合、復帰しても元の地位に返り咲くのは困難である。しかも年間50試合以上の登板を続けるリリーフは負担が大きいため通常先発投手よりも寿命が短い。酷使に耐え続ける、大きな故障をしないタフな身体と精必要不可欠である。若くしてクローザーに抜されれば達成する可性が高いかというとそうでもなく、若く有望な投手の場合はチーム事情や負担への考慮などにより先発に配置転換されることも多い。現代野球においてクローザー1本で10年続けるというのは並大抵のことではない。

なお、先発と抑えを兼任した投手の場合、勝利数とセーブ数は合算されない。そのため、大野豊148138セーブ)、佐々岡真司138106セーブ)、斉藤明夫128133セーブ)、上原浩治134128セーブ)などの「100100セーブ」達成者は206勝の江夏豊を除いて名球会入りの資格を得られていない。


250セーブ達成者(達成順)


2019年終了時点)
太字
は現役選手

  1. 佐々木主浩381セーブ) - 日通算。252セーブMLB129セーブ
  2. 高津臣吾313セーブ) - 日通算。286セーブMLB27セーブ
  3. 岩瀬仁紀407セーブ) - NPBのみ。

通算150セーブ以上の現役選手


2019年終了時点)


関連動画



■sm9990620[ニコ動]

■sm2541938[ニコ動]
■sm19147345[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/01/02 16:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ