ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


313系


ヨミ: サンイチサンケイ
掲示板をミル!
120カキコ!
[画像を見る][画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る][画像を見る]
JR東海313系電車
JRCentral 313 Series Train 

 313系とは、JR東海(東海旅客鉄道)の直流近郊電車である。


概要


 1999年(平成11年)に登場。103系113系115系123系165系などの国鉄車両を置き換えた。
 2両・3両・4両・6両編成が存在、JR東海管内の電化区間で運行されている。

 VVVFインバーター制御(IGBT素子)で設計最高速度は130km/hだが、130km/h運転は「セントラルライナー」のみ実施されたものであり(2013年3月止)、「特別快速」などでは120km/hにとどまっている。警空気のみ。
 様々な仕様の差異に応じて細かな番台区分が設定されている。

 ローカル区間のワンマン運用から名古屋地区の新快速列車まで幅広い運用に就いている。
  211系213系311系との併結も可で、その際には313系が併結相手の性に加速率などを合わせる設計となっている。

 また、1999年にグッドデザイン賞を受賞している。

 ちなみに、愛環2000系あおなみ線1000形は、この形式を参考にして製造されている。


電動車、制御車などの区分



クハ312


全編成の制御付随米原名古屋寄りに連結内設備の他にコンプレッサー(CP)容量で番台区分がなされている。

トイレ付き。


モハ313


3両編成以上の編成に連結されている中間電動。3両編成の場合熱中津川寄りの台車のみが電動台車米原名古屋寄りの台車は付随と同じ台車を履いている。

4連以上の編成ではパンタグラフ搭載。3連は非搭載で3次以降はCPも搭載する。


サハ313


4連以上の編成に連結されている中間付随。313系の中で最も在籍の少ない区分である。


クモハ313


全編成の制御電動。熱松本寄りに連結

1300、1700、2350、3000番台パンタグラフを2基搭載、その他の車両は1基搭載している。


 番台区分(1次車)



0番台


転換クロスシート(ドア付近固定)で端部も固定クロスシートを装備、クハ312のCPは大容量のものを装備している。立席スペースを確保するため間配置は311系より1列少ない5列となり、シートピッチ910mmから35mm狭い875mmに詰められているが、シートの背もたれを中折れ式にすることで視覚的な狭さを感じにくい工夫がなされている。

編成単位では4両編成がすべて大垣車両区に配置されており、東海道線浜松米原間で、快速列車普通列車を中心投入された。ほかにも1000番台1500番台のクハが共通仕様になることからクハ312-0を名乗っている。なおクハが(先に登場したとはいえ)何故か1000番台から先に符番していき6まで使用されてしまったため、0番台編成のクハは7から始まっている。なので編成内で番がずれるというしいことが発生している。

CP容量の統一などもあり3次以降では0番台仕様の増備が一切登場していない。

2015年3月ダイヤ正から武豊線での運行を開始した。


300番台


0番台の2連版でクハのCP容量は0番台の半分。大垣車両区に配置。飯田線美濃赤坂支線でも使用されていたが、2016年3月時点では0・1100・5000番台の増結用や2編成連結した4両編成として大垣米原間など一部の普通列車で運用されている。

3次以降ではCPが300番台のものに統一されたため1000番台のクハが0番台に代わり当番台が+100400番台として連結、大増殖した。


1000番台


0番台中央西線用で端部はロングシートになっている。クハは0番台なのでクハ312-1000(1500)は存在しない。

すべて車両区に配置されており、中央線名古屋中津川)の間で、よく211系連結され快速列車普通列車に使用されている。3次以降では後述の1100番台に移行している。


1500番台


1000番台の3連版。車両区に配置、3次以降では1600番台に移行。


 3000番台


車両区と静岡車両区に配置され、中央線篠ノ井線中津川松本間、関西線御殿場線身延線ワンマン運転を行うために投入された。ワンマン列車のため、2両編成で、ボックスシートのセミクロス仕様となっている。これ以外にも東海道線静岡間で使用されたり、中央線名古屋中津川間で、211系等と連結して使用されることがあった。

車両区所属は全編成が大垣車両区へ転属しており、飯田線美濃赤坂支線ワンマン運用に入っている。東海道線豊橋米原間でも2編成連結した4両編成で普通列車などに充当されていたこともあったが、2016年3月ダイヤ正時点では入出区を兼ねたごく一部の列車に限られている。ただし、ダイヤ乱れなどで3005300番台の代走に就くことがある。


 8000番台


すべて車両区に配置されており、に優等列車セントラルライナー」で使用されていた。転換クロスシート端部は固定クロスシートで、「セミコンパートメント」と言うらしい。(ただしテーブルが付いているだけである。)他の番台よりグレードアップがされており、他の番台で詰めているシートピッチを標準寸法の910mmに戻したり、ブラインドではなくカーテンになっていたり、日差しを防ぐためにの色が変わっていたりなど、若干の変化がある。3両編成で、名古屋中津川で先に述べたように「セントラルライナー」(着席整理券310円が必要)、間合いや送り込みで快速普通にも運用されているときがあった。2013年3月ダイヤ正で「セントラルライナー」が止されてからは快速普通を中心に中央線ホームライナーにも充当される。
また、313系で130km/h運転を行っていた車両であるが、2013年の「セントラルライナー止に伴い130km/h運用は消滅した。

同2次車

セントラルライナー」が予想以上に乗率が高かったので、2編成製造された。初期8000番台と装備はまったく変わらない。製造した年が違うだけで運用上も全く区別されていない。


3次車


初期車との大きな変更点

 細かい変更(車両間のを開きっぱなしにしないための機の追加)とかもあるけど省略


1100番台


1100番台も、すべて車両区に配置されている。基本的には1000番台と同じで、Tc400番台(初期は0番台)になったりサハにもCPを搭載していたりする。運用は初期と区別されていないようである。


1600番台


1100番台の3連版。車両区に配置。


1700番台


こちらも車両区に配置されているが、飯田線で使用されている。1600番台ベースパンタグラフが2基(1600番台は1基)設置、半自動ドアスイッチ、スノウブラウやセラミック噴射装置、発電ブレーキを搭載している。そのため別区分になった・・・と思われるのだがクハは引き続き400番台だったりする。

3編成中2編成使用、飯田線全線はもちろんのことJR東日本エリア深く長野まで乗り入れている。1500・1600番台の予備も兼ねているため1編成は車両区で待機、走行距離調整も兼ねて定期的に中央西線等を走っている。車両入換えは東海道線経由(領~名古屋豊橋)で行われる。

新聞で脱線救出訓練にこの番台車両が使用されているのを見たことがあるが、いったいなんだったのだろう・・・


2300番台


静岡車両区に配置されている。オールロングシートで2両編成を組む。クモハには2300番台2350番台が存在し、外見では2300番台パンタグラフが1基なのに対し、2350番台では2基となるくらいしか違わない(他にはワンマン機器準備の有といった違いもあるらしい)。1700番台同様の発電ブレーキを装備する。静岡支社管内で運用。

な使用線区は東海道本線(熱豊橋)・身延線御殿場線だが、213系落石衝突事故による代走で2350番台飯田線中央線(野~茅野)に入線したことがあった。この時は想定外の使用で内電掲示板はもちろんだが行先も豊橋以外欄(飯田線用の行先がない)だったりした。


2500番台


2300番台同様に静岡車両区に配置となる、ロングシートでは一発ブレーキを搭載しないタイプ(このため通常は身延線には入線しない)。3両編成を組む。クハは2300番台の続番。


2600番台


同じく静岡車両区の配置となる2300番台の3連版。性的には1700番台と同じになる。クハは2500番台と同様2300番台の続番。


3100番台


3100番台静岡車両区に配置されており、御殿場線身延線などで使用されている。1次と3次の違い以外の特にといった違いはい。飯田線置換え(3000番台転用)用が1000番台ベース1300番台になったため現在2連4本のみに留まっている。


5000番台


大垣車両区に配置されており、東海道線浜松米原間の各快速列車普通列車で運用されている。6両編成で、客室は全転換クロスシート(端部含む)となっている。0番台に違う点として、体間ダンパやセミアクティブ制振装置などが搭載されていることであろう。また、0番台では快速系統運行時の混雑を立席スペースの確保で対処するという発想であったのが、5000番台では基本の編成長を4両から6両に増やし、その分着席時の快適性に振り向けようという発想の転換がされている。このため、混雑がしい列車を中心に300番台5300番台連結して8両編成で運転されることもある。


4次車


3次車との主な変更点


1100番台増備車


3次1100番台の続番。領配置分は1本のみ(B6編成)だが、117系置換え用に大垣車両区にも7本配置されている(J編成)。大垣東海道線普通快速運用を中心に、武豊線静岡駅にも入線している。


次へ»
最終更新日: 19/01/14 00:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ