ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


38(t)戦車


ヨミ: サンハチティーセンシャ
掲示板をミル!
47カキコ!

38(t)戦車とは、ドイツ軍第二次世界大戦で使用したチェコ製の軽戦車である。


概要


当時のチェコにあった兵器メーカーのCKD社ではTNHと呼ばれる軽戦車を開発していた。これは輸出用として製作していたものであったが、その後に自軍隊に配備が始まったスコダ製のLTvz.35(後の「35(t)戦車」)が変速機のトラブルに悩まされたため、この車両の追加発注分に代わる戦車としてTNHベースとした新車両TNH-Sを開発、1938年7月にLTvz.38(英名LT-38)として採用され、150両の生産契約が結ばれた。

ところが1938年9月末のミュンヘン会談を経て1939年3月チェコドイツ領として併合され、予定の150両は進駐したドイツ軍によって完成されることとなった。1939年5月よりCKD社から名されたBMM社によって「Panzerkampfwagen 38(t)(38(t)戦車)」として生産が開始された。


実戦


当時のドイツ軍I号戦車II号戦車といった訓練用戦車となっていたが、その中で強37mmを搭載し十分な防御と機動を併せ持つ本は重宝された。
初陣ポーランド戦では同じく37mmを搭載した7TPと対等に渡り合うことができ、フランス戦においても装甲の厚い相手の戦車に対して機動戦術を存分に発揮した。38(t)戦車はまだ数が少なかったIII号戦車IV号戦車に代わる、電撃戦の陸の形と言える兵器としてドイツ軍勝利の原動となった。

かしこ事実は、本の生みの親であるチェコにとっては実に皮なものであった。民主主義である同社会主義国家である当時のドイツに対し敵対心を抱いていたが、その敵に本来なら自軍が装備し彼らへ口を向けるはずだった戦車を奪われただけでなく、味方としていたイギリスフランスの軍隊にその口を向けてしまったからである。

独ソ戦においてはT-34KV戦車といった重装甲の戦車相手に苦戦を強いられ第一線を退くことになったが、その後は他の軽戦車と同様に台が自走砲として流用された。

なお本北アフリカ戦線には投入されていないが、自走砲の一部は投入された。


名前について


名前の中にある(t)はドイツ語表記におけるチェコTschechisch、英語ではCzech)の頭文字チェコ製であることを表すものであり、決して重量単位の「トン」ではない(ちなみに38トン戦車イギリスチャーチル歩兵戦車Mk.I)。また、搭載するエンジンの名前に由来して「プラガ」と呼ばれることもある。


バリエーション


Panzerkampfwagen 38(t) Ausf.A(38(t)戦車A型
一番最初の。大きな4つの転輪を持つ足回りが特徴である。
LTvz.38からの変更点としてが1人用から2人用にめられ、装填手が追加された。後にライト類が追加装備されたが、その他の基本的な部分はチェコの装備をそのまま使用した。
武装は37mm戦車38(t)(3.7cm KwK 38(t))1門、7.92mm MG37(t)機同軸に1挺と体前面左側に1挺の合計2挺。
1939年5月から同年11月にかけて150両が生産された。
Panzerkampfwagen 38(t) Ausf.B(38(t)戦車B型
A型で、線機がドイツ製に換装され照明類も標準装備となった。
1940年1月から同年5月にかけて110両が生産された。
Panzerkampfwagen 38(t) Ausf.C/D(38(t)戦車C/D
B型で、ポーランドでの戦訓を基に体前面の装甲が40mmに増圧された。ただし操縦席の前は25mmのままであった。DはCの追加生産分に相当し仕様に変更はないため、外見は全く同じである。
Cが1940年5月から同年8月にかけて110両、Dが1940年9月から同年11月にかけて105両が生産された。
Panzerkampfwagen 38(t) Ausf.E/F(38(t)戦車E/F
C/Dで、装甲が体前面で50mm、体側面及びの側面と後面が30mmまで増圧された。これにより体前面の装甲版が、従来の機座部分が出っっていたものがらな1枚となった。さらに線手と操縦手の視察口も開放式から開閉式にめられた。また従来リベットで構成していたところを溶接にめた部分も増加し、生産性を向上させるとともに乗員の保護にもつなげた。
装甲強化によって体前部の重量が増加(ノーヘビー化)したが、これは前輪2つを支えるリーフプリングを15枚に増やすことで速度耐久性を維持した。
FはEの追加生産分であり、Dと同様の位置づけである。
Eが1940年11月から1941年5月にかけて275両、Fが1941年5月から同年10月にかけて250両が生産された。
Panzerkampfwagen 38(t) Ausf.S(38(t)戦車S
もともとはスウェーデン(Schweden)向けの輸出仕様であったが、ドイツの進出によりこの計画は取り消されドイツ向けに作られることになった。
もともと本体を先に完成させ、武装はスウェーデンで独自に取り付ける手段がとられていたために武装が施されていなかった。しかし後付するにも生産ラインが既に厚い装甲版を持ったE/F向けの架となっていたため、A~DベースのSにはそのまま使用することができず改造を行う必要があった。
そのため操縦室と前面をE/Fと同様に増圧することによって解決をしたが、それ以外の部分はA~Dと同じ仕様にしたため線室の視察口が開放式のままとなり、これが外見上の大きな特徴となった。
体自体は1940年7月にすでにドイツ軍に引き渡されていたが修に手間取ったため完成は遅れ、1941年5月から同年10月にかけて90両が生産された。
ドイツ軍では使用されず、チェコ進駐後に独立した同盟である自由スロバキア軍に装備された。
Panzerkampfwagen 38(t) Ausf.G/H(38(t)戦車G/H
従来よりもさらに多くの溶接を取り入れたもの。リベットボルトの少ないすっきりとした外見が特徴である。
Gは1941年10月から1942年6月までにおよそ300両が生産された。またGの一部とHのすべては台のみが生産され自走砲用に充てられた。これらの生産時期及び生産数は後述するの各項を参照。
Panzerkampfwagen 38(t) Ausf.K/L/M(38(t)戦車K~M
当初から自走砲用の台としてつくられたもの。安定性のある自走砲として使用するためにエンジン体後方から中央に移されている。Kが自走重歩兵、Lが対戦車、Mが自走対戦車として生産されることとなるが、用途の違いのみで仕様そのものに変更はない。
生産時期及び生産数は後述するの各項を参照。

スペック一覧


38(t)戦車 A/B型 C/D E/F S G
全長 4.56m
全幅 2.15m
全高 2.26m
重量 9.7t 9.9t 10.4t
乗員 4名(長、装填手、操縦手、通信手)
最高速 42km/h
航続距離 210km
武装 3.7cm KwK38(t)戦車×1
7.92mm MG37(t)機×2
携行弾数 KwK38(t):90
MG37(t):2700
225発分の弾帯×12)
装甲圧 8~25mm 8~40mm 8~50mm

派生型



次へ»
最終更新日: 19/05/11 19:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ