ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


400系新幹線電車


ヨミ: ヨンヒャクケイシンカンセンデンシャ
掲示板をミル!
17カキコ!

400系新幹線電車とは、かつて東日本旅客鉄道JR東日本)に在籍していた新幹線車両である。


概要


JR東日本 400系新幹線電車「つばさ」引退
400系つばさ
JR East Shinkansen Series 400 「TSUBASA

新幹線狭軌から標準軌へ軌した在来線奥羽本線)とを直通運転する車両。本系列は、山形新幹線つばさ」用としてJR東日本により開発され、1992年7月1日より営業運転を開始した。なお、車両を保有しているのは「山形ジェイアール直行特急保有株式会社」という第3セクターであり、JR東日本はここから車両を借りて運転している。

編成記号はL。当初は6両編成だったが利用者が増加した為中間1両を追加して7両で運転されている。全12編成。

新幹線車両であるが在来線区間を走る事もあり体は在来線規格に合わせている。この為東北新幹線区間ではホーム列車の間に大きな隙間が出来る。これはステップを自動的に出すことで解決している。この機構はE3系にも受け継がれている。

1999年新庄延伸を機にE3系1000番台が製造・配置されるとそれに合わせる形で塗装を変更、内装などもリニューアルしている。

運用開始から15年以上経過して新幹線車両としては経年を迎えている事や、E5系登場に伴う東北新幹線速度底上げなども影400系E3系2000番台に置き換える事が2008年10月に発表された。2009年までの置き換えをしていたが2010年までL3編成が運用され、2010年4月E3系2000番台の最終編成が投入された為2010年4月18日ラストランとなった。400系は全編成が引退するが、一部車両は保存される予定。


技術


JR東日本初の新形式新幹線車両であるが、トラブルを避けるためか同時期に開発されたJR東海300系べると走行装置などは既存の技術をベースとしており、積極的に新技術を採用してはいない。

体は普通鋼製。200系300系で用いられたアルミ製の体は採用していない。

モーター200系と同じくサイリスタ位相制御方式の直流モーターであり、全電動とすることとモーターの回転数の限界を引き上げることで編成の加速最高速240km/hの高速性を確保している(後に付随を1両増結している)。奥羽本線の急こう配に対応するため歯車を低速寄りに対応させてあるのと同時に抑速ブレーキも装備している。

台車は高速運転に対応するためヨーダンパ付きのボルスタレス台車を装備しているが、ミニ新幹線車両であるので在来線側の急曲線に対応するため、軸間距離新幹線規格のものとべて少し短くしてある。


車内


普通車フリーストップ式のフリーストップ式のリクライニングシートを装備する。在来線規格での体幅となったため、新幹線車両べると室内が狭く、そのためシート配置は2列+2列配置となっている。また、定員確保の観点から自由席シートピッチ定席のシートピッチべて詰めている(定席:980mm、自由席:910mm)。リクライニング度も小さくなっている。

グリーン車は2列+1列となっている。


関連動画



■sm5874310[ニコ動]


関連商品


■azB0004DMI4Y


関連項目


東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線車両
200系 - 400系 - E1系 - E2系 - E3系 - E4系 - E5系/H5系 - E6系 - E7系/W7系
東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線列車
東北北海道はやぶさ - はやて - やまびこ - なすの - あおば
上越とき - たにがわ - あさひ
北陸かがやき - はくたか - つるぎ - あさま
山形秋田つばさ - こまち    ※下線付きは現在不使用

最終更新日: 16/04/03 22:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ