ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


521系


ヨミ: ゴオニイチケイ
掲示板をミル!
34カキコ!

521系とは、JR西日本IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道が所有している交直流車両である。


概要


2006年10月21日北陸本線長浜敦賀湖西線永原~近江間の直流化に伴い投入された車両である。
2両1編成が基本で1次滋賀県福井県車両製造費4億円を負担している(JR西日本によると1編成あたりの価格は4億6千万円)。

223系5000番台前頭部形状及び・座席配置と321系の構体設計を組み合わせた体に681系683系で培われた技術をこの車両に投入している。なお、2013年11月から製造されている3次以降については前頭部が225系に似たものになっている。

この車両の投入と直流化に伴い419系125系223系・521系に置き換えられている。なお、敦賀以東で運用されている413系471系475系457系などは2010年3月13日ダイヤ正で新たに20両投入される521系にて一部置き換えが行われた。
2011年3月12日ダイヤ正ではさらに40両が追加投入されている他、2012年3月17日ダイヤ正では余のある日中に限り富山まで運行される。さらに2013年度には38両、2014年度には4両が追加投入され、2013年度末時点で金沢駅小松駅間は521系に統一され、富山駅金沢駅間も6割が521系となる。
2014年10月18日ダイヤ修正後は泊駅まで運行区間を延長し、12月には糸魚川駅まで運行するようになる。
2015年3月14日ダイヤ正では475系全に置き換えた。

2015年3月14日北陸新幹線金沢開業と同時に並行在来線第三セクター化したが、JR西日本北陸本線の交直流車両の3分の2程度を521系に置き換えた上で新造費の3分の1程度の価格で第三セクターに譲渡する方針にした。
最終的にはあいの風とやま鉄道に16編成、IRいしかわ鉄道に5編成(うち2編成は3次)が譲渡されることになった。

2017年にはあいの風とやま鉄道の独自形式となる1000番台が登場した。外表示器がフルカラーLEDとなった他は0番台3次と同一で、設計変更は特に行われていない。2021年に登場したJR西日本向け4次も同様で、こちらは種別と行先が別個になった従来タイプとなっている。

2020年には七尾線向け100番台が投入された。制御装置・配置が変更された他、内にICカードリーダーが設置されるなどワンマン運転を見越した仕様となっている。2021年3月13日ダイヤ正より415系413系を全て置き換え、ワンマン運転を開始。これにより金沢支社から国鉄電車が消滅した。なお、線路使用料相殺的としてか、IRいしかわ鉄道も3編成を導入している。


スペック



関連動画



■sm4037469[ニコ動]


関連商品


■azB003THN2FG


関連項目



最終更新日: 21/04/02 15:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ