ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


8ミリ


ヨミ: ハチミリ
掲示板をミル!
6カキコ!

ここでは、動画撮影用フイルムのフォーマットの「8ミリ」について述べる。
曖昧さ回避の為、他の「8ミリ」の記述が必要であれば、遠慮掲示板摘していただきたい。


概要


一言で8ミリといっても、その内容には大きく分けて二つある。

  1. 8ミリ幅の映画フィルム規格
  2. 8ミリ幅の磁気テープに動画データを記録する規格

前者は、世代の古いものであり、カメラ用のフィルムのように一コマコマポジで撮影され、それを専用の映写機で連続再生するものである。

後者は、前者にべれば新しい規格で、動画の一コマコマデータ化して磁気テープに記録したものであり、ビデオデッキ再生しないと内容を確認することはできない。乱暴にいえば、ビデオテープを小化したものである。
一時期VHSを小にしたVHS-Cとシェアを争っていたが、SONYハンディカムなどの普及などで'90年代にはホームビデオ市場を制圧。長らく一般庭でのビデオ撮影手段として活躍したが、2011年7月21日、ついに同年9月末でSONYが8ミリビデオ再生機の販売を終了することがアナウンスされた。これにより、8ミリテープに画像を記録する規格はすべてディスコンとなる。

ニコニコ動画では、8ミリのタグが付く動画に前者であるため、この記事でも前者について扱う。


8ミリフィルムの歴史


日本における8ミリフィルム歴史は古く、戦前まで遡ることができる。 ただし、一般に認知されたのは戦後1960年代にまで下る。

古来より、映画の撮影用フィルムには35ミリ幅のフィルムが用いられていた。(これを1コマずつ使うのが、々が一般ににすることができるカメラ用の135フィルムである。)しかし、これではカメラが大化し、簡便な撮影には向かないものであった。
そこで、フイルムの幅を狭くしてカメラも小化し、一般庭での使用に耐えるものとすることをしたのが8ミリフイルムである。


8ミリフィルムの特徴


細かい規格の相違はあるが、おおむね以下のような特徴を持っている。

一長一短ではあるが、当時は映画撮影入門用の機材としては最適であり、8ミリフィルムで腕を磨き、その後、本格的な映画世界へ飛び込んでいった映像作家は洋の東西を問わず多い。


8ミリフィルムの現在


残念ながら、8ミリフィルム終焉は刻一刻と迫っているといわざるを得ない。

前述の8ミリビデオを始め、後継となる規格は多く、贔屓に見てもその歴史寿命はすでに尽きている。

しかしながらビデオ撮影が当たり前となった現在においてもフィルムでの撮影にこだわる映像作家がいるように、8ミリフィルムの味は単なる懐古趣味えて一定の評価を得ている。(でなければこんなタグが付く動画なぞうpされないだろう)

現在では8ミリフィルム現像はどこでもできるものではなく、内では限られたラボでのみ行われている。(それすらいつまで続くか不透明である。)

一線での使命を終えたとはいえ、そのフィルムならではの味わいやノスタルジーから、現在でも少なからぬがいるのも事実である。

これは筆者の雑感であるが、工業製品としての衰退は避けられぬ定めだとしても、フィルムに収められた映像は二度と得ることができない不滅の文化遺産であり、後世に伝えるべきものである。
少しでも多くの文化遺産が後世に伝わることを願って止まない。


関連動画



■sm4618539[ニコ動]

■sm1486797[ニコ動]

 


関連商品


■azB0016LWNOI
■azB000JAYYYO
■azB000JB0EUG


関連コミュニティ


8ミリに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/01/29 20:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ