ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


9・18事件


ヨミ: モウドウシタライイノカワカラナイ
掲示板をミル!
23424カキコ!
ほんわかレス推奨です! ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
誹謗中傷的な発言は控えるようにしてください。
※敵は私たちプロデューサー(消費者)ではありません。
[画像を見る] この記事は一部のプロデューサーを取り扱った記事です。
アイマスP、ニコニコ大百科および編集者未来検索ブラジルの見解・ではないことはご留意ください。
                   ※注意※

この記事はageという点も含めて当初記事作成・編集した一部ユーザーをさも正しいのように書いている状態を維持しております。

現在は一連のPの行動に対しては評価が分かれており、この記事に初めていらっしゃった方は記事をに受ける前に最新の情報を調べたり下の掲示板を確認したりして色々な意見に触れた上で自分の意見を確立してから1つの意見としてこの記事を閲覧ください。

また当記事は気に入らない会社をくための場所ではないことを常に留意して御覧ください

9・18事件』とは、9月18日に起こった大事件のことである。点抜きで『918事件』と表記されることも。
怒首領蜂大往生デスレーベルクリアに関しては→ MON(シューター)
9・18事変については→満州事変

本記事は、2011年以降の9月18日に本件に匹敵する出来事が起こるなどの特別な事例がい限り、2010年9月18日土)に、バンダイナムコゲームスゲームソフトアイドルマスター2』が原因で起こった一連の炎上騒ぎについて説明する。

なお、本記事および掲示板現行のアイマスシリーズ展開に対してネガティブかつ攻撃的な論調で書かれており、閲覧する人によっては不快感や嫌悪感を抱く恐れがあるため閲覧の際は十分注意されたし。


事件の内容


まず、9月18日が元々何があった日かを簡単に説明すると、この日は東京ゲームショウ2010一般開日だった。その中でもアイマス関連に絞って言えば、そこでは一般プレイヤーが初めてアイマス2を試遊できる日でもあり、そして同日13時15分からはイベントステージで「プロデューサー決起集会」というイベントが行わることになっていた。

その決起集会ではアイマス2に関する最新情報の告知がなされるということで、期待に胸を膨らませた全兄(c)(c)達が多数幕張メッセを訪れていた。

 

そして惨劇は、この決起集会を舞台に始まるのだった・・・

 

13時15分に始まった決起集会だが、まずはミニライブ形式でアイマスガールズが歌を披露するなどし、会場のファン達もサイリウムを振ったり歓を上げるなど、かなりの盛り上がりを見せていた。

そしてデモプレイが終わると黒井社長乱入。実は、961プロからの新キャラクター登場というネタは前々から告知されていたので期待の新要素の一つだったのだが、ここで惨劇の幕を開ける第一の核弾頭が投下された。

いきなりこれである。新キャラクターというもが注する玉要素に「ヒロインと絡むレギュラーポジション男性キャラクターを追加」というギャルゲー萌えコンテンツタブーを犯すという暴挙に出たのだ。あまりにも衝撃的な事実を前に、このPVが終わっても歓ブーイングも上がることはなく、客席は全に固まってしまった。その様子はUstreamでの公式実況サイトからモニター越しに見ても会場が凍りついたのが解るほどであり、壇上に居た中の人達も異様な雰囲気を察した様子が伺えるほどだった。坂上陽三プロデューサーもまた、ジュピターPVを見て然としている客席をして「ドン引きでしたからね!」と言い放っていた(関係は不明だが、ちょうど2か後、アイマス2ゲーム中の団結ステータス(特殊状態)の一つに『ドン引き』という状態があることが明らかとなる)。
そして観衆のテンションがだだ下がりの中、続々と新情報開示された。2011年ライブの告知等、プラスネタもないわけではなかったが、それをぶっ飛ばす程悪い方向にインパクトがある告知や事件の絨毯爆撃だったのである。列挙すると大体こんな感じ。

恐らくトドメをさしたのは、坂上陽三プロデューサーの「アイマス2では竜宮小町(の4人)はプロデュースできませんけども」という発言である。

竜宮小町の存在と、『プレイヤー竜宮小町以外の9人のアイドルから選んでプロデュースする』ということは、TGSに先駆けて発売された週刊ファミ通で発表済みだったのだが、「移植作のSPで美希をP不可にしたときの騒動を考えれば、正統続編で4人もP不可にしたら大荒れになるのは公式もわかってるはず」、「PV2で仲良く踊ってたのにプロデュースできないなんてありえないだろ(笑) どうせ一度ゲームクリアとかしたらプロデュースできるようになるさ」と希望、もしくは楽観視していたPも多かったのだ。TGSの決起集会ではその点への言及も期待されていた。しかし飛び出たのは期待とは逆の発言。

ただでさえ盛り下がっていた会場のテンションはこの時、大底を抜け千早スパイラルなどという言葉では生温いと思える程の勢いでダダ下がりした。

そして坂上プロデュース不可の事実を告げると何の説明もせずそそくさとステージを離れ、気まずい空気ステージにはガールズのみが残されてしまった。

もはや開始直後のような熱気は既になく、ガールズの掛けに応える歓サイリウムの反応も脊髄反射のように弱々しくなっていた。「これが本当にアイマスイベントなのか!?」と疑ってしまっても理はないレベルである。退場の際も、良くも悪くも半ば恒例となっている「アイマス最高!」の掛けが上がることはなく、撤収作業は黙々と進んだ。つまり、「アンコールが起こらないライブ」のように観客の満足の印がなかったのである(事実アイマスライブでは、異例どころか史上初めて「アンコールが起こらないライブ」になってしまった)。当然、担当達も相当困惑していたようで、決起集会の動画で撤収中に舞台裏右側のカーテンがチラチラ動いている様子が映し出されていた。

ちなみにディレ1こと石原章弘は後述のインタビューで「とにかく、こっそり言うのはイヤだったんです。さらっとこの情報を言うと、逆にこの情報を後ろめたい雰囲気に取られちゃうかなと思って」とっている。しかしust動画を見てもわかるとおり坂上プロデューサープロデュース不可の事実を「さらっと」「後ろめたそうに」発表している。

序曲ですらこの破壊であったが、事件はこれで終わらなかった。同日19時石原へのファミ通インタビュー開されたのだが、その内容はTGSの内容のフォローではなく、TGSで深手を負った人たちの傷を更にえぐり、しかもそこにをすり込むようなものだったのである。

ここに、まさかの誰得情報役満完成したのである
インタビューからは、制作なりに色々考えて練った挙げ句の結果であったことが伺える。
しかし決起集会における坂上氏の態度の一部始終の辺りにした後だと、額面通りに信じていいものか疑わしく思えてくるのも理からぬ事である。


追加攻撃~ラジオにて~


を破壊され、心が荒野と化したP達は、9月19日 再び絶望に支配された・・・。

前日のあの悪夢序曲で惨劇は終わるであろう…と思われていた怒りの日から一夜明けた9月19日、「THE IDOLM@STER STATION!!!」第60回放送。
60回、61回、62回の放送では、サプライズゲストとして、ジュピター中の人たちがそれぞれの回に出演。それぞれが演じるキャラクターに関してのトークミニドラマなどが放送された。

以下は60回放送のミニドラマの終盤のやりとり。
冬馬「フッ…良いことを教えてやってんのに、聞く持たずか…わかったよ、消えてやるから仲よしこよしゴッコでも一生やってろお前らなんか眼中にもないぜ。じゃ、あばよ」 
(冬馬喫茶店を出ていく)
貴音…失礼な御仁でしたね…」 
(冬馬喫茶店に戻ってくる)
「うわ、また帰ってきたぞ」
冬馬「あー、すまねぇ店員さん、お会計を」
店員いつもありがとうございます…ピッピッピ…クリームソーダ一点、400円になります」
「く、クリームソーダ…?ぷぷぷっ、なんだかカワイイなあ」
冬馬「じ、ジロジロ見てるんじゃねえ!…ま、お前らに実があれば、もしかしたらまた会うかもな…いや、ま、会わねえか、はっはっはっは…」
(冬馬喫茶店を出ていく)
千早「…何かしらこの感じ…が近いような気がする…」 (※ファンからすれば放送時点でのドん中でした)

石原ディレクターいわく「憎まれ役」であるという冬馬が、このミニドラマ内では憎めないキャラ描写がされていた。
TGSショックが尾を引いていたこともあり、総統閣下のお言葉「可能性を生み出しただけでアウトなんだよ」がまさに現実になったのだ。
ちなみにラジオ放送前半では、女性パーソナリティらと冬馬中の人による(常時ならば)微笑ましいトークが展開されていた。

現状、開発側は「Jupiter765プロアイドル恋愛い」としているが、これまで中の人要素を積極的に盛り込むことが多かった公式だけに不安が残る状況である。

一応追記しておくと、第60アイステは収録がTGS前の為、このような一連の騒動が起こるとは知る由もかった頃に収録されたものである。
更に付け加えるならば、パーソナリティゲストに否定的になれるはずもない上ラジオには『台本』というものがあることも忘れないようにしたい。
しかし、冬馬中の人パーソナリティの振りに対して非常に困った様子で慎重に言葉を選び、かつ(ライブ来てーとか一緒のステージに立ちたいなどの振りに対して)否定的な発言で炎上回避に専念していたという事実も忘れてはならない。
結果、冬馬中の人には同情的なコメントが寄せられる反面、ラジオ内で好意的にっていた貴音中の人に対する非難が集中するという不幸な事態に。もちろん、こういった非難には従来のファンではない便乗の荒らし愉快犯が多々含まれているのが常である。

決起集会の発表内容にも言えることだが、このラジオは色々な意味でタイミングが最悪だったのだ。
なお、その一週間後の第61アイステTGS後の収録となっており(本来ならば2週撮り貯めされているはず)
パーソナリティゲストも慎重な言葉使いが立つなど明らかに今回の事件の影がうかがえる内容となっていた。


追加攻撃~団結2010~


もはや何も失うものなどないはずのP達は、9月22日 みたび絶望に支配された・・・。

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 Prologue」発売。

このCDもまた、何の因果なのであろうか、Pにとって最悪の状況で発売されてしまった。

このCDに収録されている『団結2010』は、以前歌われた『団結』に貴音を加えたアイマス2仕様とでも言うべきリミックス版なのだが、歌詞について、以下の特徴がある。


次へ»
最終更新日: 17/10/23 07:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ