ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


90式戦車


ヨミ: キュウマルシキセンシャ
掲示板をミル!
438カキコ!

[画像][外部]

90式戦車(きゅうまるしきせんしゃ)とは、日本陸上自衛隊(JGSDF)の戦車である。


概要


冷戦下、ソ連戦車T-72」に当時の戦車であった「74式戦車」で対抗するにはいささか不足であったため、「T-72」を上回る性を持つ戦車として開発された。

戦車台数に差がある状況の中で、ソ連軍の繰り出すであろうスチームローラー=停止前進(越前進)攻撃の先頭にたつT-72をいかに食い止めるか。という命題陸自が出した答えでもある。

第3世代戦車としてはほぼ標準的な装備、120mm44口径滑腔と複合素材による装甲を備えている。また自動装填装置を備え、乗員3名で運用を可としているが、乗員がそれまでの4名から3名に減ったことで各搭乗員に対する負担…たとえば、履帯交換作業など人力を要する作業…が増大するという点も摘されている。

自動装填装置などを導入することで体のコンパクト化を達成、なおかつ複合装甲により防御の強化と重軽減化を達成。すぐれたFCSと自動装填装置により命中率と発射速度仮想敵であったT-72を優越する・・・これが陸自の出した結論であった。

とはいうものの開発直後はレオパルド2そっくりの形状、従来の74式戦車からは驚くような調達額(4億→10億!)や50トンという重量や、配備先が北海道の部隊を中心だったこともあり北海道以外使えないという俗説ということもあって評価は驚くほど低かった。俗説についてはFAQも参照してほしい。こういうこともあり当時流行ったフィクション小説では「底にある石で床にがあいた」というネタ真剣に受け止められていた…頭の痛い笑える話ではあるが本当である。

評価が変わってきたのもヤキマ演習場で初めてそのに触れた海外からの逆評価の一面が大きい。実戦経験はないという但し書きがあるものの、アメリカ陸軍兵士向け本による戦車ランキングでは第3位(レオパルド2M1A2の次)。軍事ナリスト系企業の評価でも再び第3位(M1A2SEP、メルカバの次)。という高い評価を得たことで内でも90式戦車の再評価が行われた。(自内の評価が悪かったわりに海外からの評価を得ると一変して手のをひっくり返すというなんというかありがちな展開ではあるのだが)

以上のように性世界から見てもトップクラスであると見られているものの、冷戦構造の終結など世界状況の変化のため、北海道に駐屯する師団に優先的に配備され、本州では富士教導団、第1教育隊といった教育・教導を的とする部隊しか配備が行われていない。そのため数の上でも長らく「74式戦車」のほうがであるといえる時期が続いていた。しかし、2020年現在74式戦車の退役が進んだことで、数の上でもであるという状態に至った。

ちなみに、陸上自衛隊は諸外の戦訓や、より発展した複合素材による装甲技術などを踏まえ、C4Iシステムなどを搭載した新戦車10式戦車」を開発、2010年平成22年度)より調達を開始している。


兵装・機能



主砲


は西側ご用達のラインメタルL44 120mm滑腔弾ともどもライセンス生産したものを使用している。

ちなみに開発初期にて120mmの試作が行われたが、ラインメタル製として精度で勝ったものの費用対効果に難があったためこちらは採用されなかった。ただし、自前でを生産できると言う事実ライセンス料の価格交渉にて有利になる材料であったし、の開発は継続されて結果として10式戦車ではより強のほぼ全な産化が達成されているのでこのときの努駄ではなかった。

また、前述の通り自動装填装置を採用。後部に産のベルト弾倉が存在する。また、体内にも予備弾がある。

しかし問題点を挙げるなら、弾として採用しているJM33(イスラエルDM33のライセンス生産版)はAPFSDSとしては旧式で、貫通が74式の新弾である93APFSDSと2,000m内ではほぼ同等。これではT-90はおろかT-72の現行モデルにも火力不足であることは否めない。(だからこそ10式開発の際には火力の強化も重視された)


FCS


FCS(射撃統制装置)は非常に優れたものが採用されている。全体の構成は、上面左側に設置されたYAGレーザー測距装置(円筒形のがそれ)、右側にある四いパッシブ赤外線画像装置から情報を、後部には横・外気温を取得するセンサ、身の微小な歪みを検出するレーザーセンサなど数々の情報FCSが処理するというもの。このFCSは海外軍事系評価サイトでは何らかの脅威計測・追尾をもつとされているが偽のほどは明らかにされていない。

ただ下の動画を見るかぎりセットした標に対して常にを向けている様子などを見せていることがわかる。


■sm92676[ニコ動]

FCSとすぐれたスタビライザー(安定装置)によって可になるのが行進間射撃、すなわち自標が互いに移動している状況での射撃である。自分も 相手も移動しているのでその相対速度距離は常に変動しており命中させることは難しい。

アメリカ・ヤキマ演習場では3kmという遠距離行進間射撃を初弾で命中させることに成功。演習最終日にはアメリカ軍関係者が詰め掛けたという。日本では総合火力演習などで開される急停止直後の体がまだ大きく揺れている最中にもかかわらず標に向かってを発射、命中するシーンなどでそのを垣間見れることがあるだろう。

※補足 標に対してずっと身向けてても走行中の起伏で多少ずれるし、本当に命中率いいの?とう方に。常に標に対してを向けてはいるが、走行中のブレによって命中でないと判断した時は、手が撃しても発射されず、引き金を引かれた後、 最初に必中位置に身が来た間にコンピューターが本当の発火を行う。それが原因で総火演での複数両同時射撃のタイミングが合わず苦労をする弊は生まれたが…


装甲


装甲は複数の素材を重ね合わせる産の複合装甲が採用されている。90式の場合はハニカム状のセラミックを中心としているらしい。形式としては内装式モジュラー装甲、そして拘束セラミック装甲に当たるとされている。まず内装式モジュラー装甲とは本体にスペースを設けそこにパッケージングされた複合装甲ブロックを入れると言うもの。そして拘束セラミック装甲とは、圧縮には非常に強いが引っりに非常に弱いセラミックを生かすためにセラミック部分に対し他の装甲で強い圧を加え、何かあったときの引っを打ち消すと言うもの。

かしこの複合装甲、なかなかにヤバイ逸話がある。普通セラミック装甲は突っ込んできたAPFSDSセラミックの硬さにより弾を貫通させつつ磨耗させて全な貫通を防ぐと言われているのだが、90式の場合はガッガチに固めた装甲ユニットで逆に弾をぶっ壊す、と言うものであるらしい。さらにそれに加え、普通セラミック装甲では着弾時の衝撃でヒビが入ったり割れてしまうと防御ががた落ちしてしまうところを、90式の場合は着弾時の衝撃と熱でセラミックが再焼結されヒビなどが再び埋まるいうわけのわからないことになっていると言う。

ちなみに、複合装甲であっても旧来の装甲と同じくなんだかんだいって厚さも重要なのだが、90式世界戦車してもの装甲ブロックの厚さがトップレベルに分厚い。90式が最薄部約60cm、最厚部80cmM1エイブラムスが推定5070cmレオパルド2公式60cm。ちなみに10式100cmほどと推定されている。

開発時に開されたという映像では、試作車両に対して「90式戦車」の120mm弾を最大効果距離体に対して、APFSDSHEAT弾を前面に10発撃ち込んだものの貫通弾しで走行に支障がない様子が映し出されているという点からも、装甲の防御において必要なを満たしていると思われる。
これから推測できる防御APFSDSRHA換算最低600mm以上、対HEATRHA換算最低1000mm以上であるとされている。この最低数値、硬い硬いと評判のエイブラムスとどっこいである。

以上の話は正面装甲の話だが、側面の場合最低35mmAPDS弾に耐えるが、正確な値は開されていない。

実は90式はもの凄く防御に割り振った性なのである。


足回りと重量


最高時速70kmを誇る。74式で採用されていた油圧サスペンション体前後の転輪のみであとはトーションバーであり、体の度変更も前後上下のみで左右は不可能である。

重量は西側第3世代戦車でももっとも軽量な50t。よく海外ではその形状からドイツ戦車レオパルド2」のコピーといわれることも多いが、前面投影面積は「レオパルド2」より一回り小さい。

これは、複合素材による複合装甲とコンパクトエンジンが可にしたもので、同一世代のアメリカ戦車M1A2」の62.1tやイギリス戦車チャレンジャー」の62.5tにべると10t以上も軽量化されており、同じく複合装甲をもつ「レオパルド2」でさえ55tあり、さらにそのの「レオパルド2A5」では60tに達している。フランス戦車ルクレルク」にしても56tであることを考えると非常に小・軽量化されたものといえる。追記すると、ロシア戦車T-80」で50t、中国製戦車98式」で52tある。


開発「日本の軍事システム 自衛隊装備の問題点」 江畑謙介 講談社 2001 pp.123-130


61式戦車の開発では鉄道輸送を行うため、幅は3メートルえないという条件で設計されていた。しかし、後継の74式戦車の開発においては鉄道輸送を前提としていては十分な性のものができないとして鉄道輸送を諦め、道路輸送に切り替えることで幅の制限を撤去した。当時日本国中を高速自動車で結ぶ計画が進んでいた為、高速自動車網の路面強度や橋梁の強度も、38トン74式戦車や、それを搭載したトレーラー(約50トン)の通過に耐えられるように配慮された。

90式も当初は74式の重量を大きくえないことを標にしていたが、結局重量は50トンとなってしまい、幅も74式をえたことにより、路上輸送が非常に難しくなった。実際三菱重工では完成してテストを済ませた90式を一旦体とに分離し、北海道に新しく作った組立工場に運び、再度組み立てて部隊に納入している。


俗説について



次へ»
最終更新日: 20/04/18 19:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ