ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


AAV7


ヨミ: スイリクリョウヨウキョウシュウユソウシャナナガタ
掲示板をミル!
45カキコ!

AAV7(Assault Amphibious Vehicle,personnel.model7:陸両用強襲輸送7AAVP7とも)は、アメリカ合衆国で開発された装甲兵員輸送車である。最大の特徴は水上航行が可なことである。
アメリカでは同様の陸両用に伝統的に呼ばれるアムトラックという称が使われている。


概要その前に


装甲兵員輸送車にはが落とされた河川の突破のために浮航性を備えていることはよくある。そういった装備は手間のかかる事前準備が必要であったり、水上航行に適した形ではないがゆえに航高性は大したことがないことが多い。要するに、こういった車両水上航行は緊急時のためのオマケに近い。

しかしAAV7の場合は違う。見るからに船に近い形状をしており水上航行を眼においていることがよくわかる。
では、このAAV7の水上航行が何のためにあるかというと河川を渡るためではなく、上の揚陸艦から発進し敵勢へ兵員を送り届け、場合によっては上陸後の支援を行うためにある。

この手の車両の発端は太平洋戦争にさかのぼる。

太平洋戦争では日本軍米軍東南アジアでまさしくを奪い合う戦いをしていた。
このとき上陸用の陸両用として注されたのが陸両用トラクター、LVTである。
ドナルド・ローブリングが開発した、もともと災害救出用の湿地突破用トラクターアリゲーターアメリカ海兵隊に留まり、良が施したのがLVTである。

LVTは当初単なる輸送作業に使われていたが、これがタラワ攻撃にて上陸作戦に上陸用舟艇と一緒に使われたのだ。
そしたらこれが大当たり。

上陸用舟艇が堅固なサンゴ礁に引っかかって進めなくなり、日本軍の攻撃の下を歩兵が胸まで浸かるまで徒歩での進軍をしなければならなかったのに対し、LVTキャタピラを持ち合わせているためサンゴ礁を突破し歩兵まで送り届けられたのである。
終わってみればLVTは防御の欠如で少なくない被害を出したものの、を徒歩で渡らなくてはならなかった上陸用舟艇組とべたら歩兵の損耗も火器の投棄も圧倒的に少なかったのである。
こうしてAAV7まで連なる上陸用の陸両用装甲車の系譜が作られることになったのである。

ホバークラフトを利用した新世代の上陸用舟艇、LCACが運用されている現在でも、ある程度の装甲を持ち敵勢化のへの上陸作戦を行える有用性は高く、今後もこのカテゴリーは運用され続けることになるだろう。


概要


AAV7はベトナム戦争にて防御の少なさやガソリンエンジンの燃えやすさであんまりいい評価のないLVTP5 (LVT5)を置き換えるべく開発された。 もともとはLVTP7というものであり、1970年代後半にこれにいろいろな良(後述)を行い、LVTP7A1が正式採用された。 そして1985年に制式名をLVTP7A1からAAV7A1にめ今に至る。

AAV7は体はアルミ製の溶接構造となっている。エンジンは燃えにくいディーゼルエンジン
運用は3名で行い、体後部の輸送スペース25名の兵員または4.5tまでの貨物を積載できる。
操縦席右側にが装備されており、ここにA1以前はM85 12.7mm機関銃一丁、A1はMk19 自動擲弾M2 12.7mm重機関銃を装備する。
操縦席後方は長用のキューポラとなっている。

水上航行は体後部左右に一基ずつ備え付けられたウォータジェットで推進を行う。ウォータジェットを使用した場合最大で13km/hの速度で航行が可となっている。
仮に故障などでウォータジェットが使用できない場合は水中キャタピラを動かすことでも進むことができるが、その場合航行速度は最大7.2km/hとなる。

AAV7の欠点は、装甲兵員輸送車としてみた場合の防御の少なさである。
浮航性を得るにはどうしてもアルミ製の装甲を採用せざるを得ず、素のままの防御は7.62mmに耐えるレベルでしかない。またアルミであるがゆえに高熱などにも弱い。
こうした問題に対処するため増加装甲キットも開発されている。

現在アメリカで各合計1300両以上が運用されているほか、イタリアスペイン韓国台湾などので運用がされている。
日本でも嶼防衛を向上させる一環として、平成25年度予算から試験用として配備が始まり最終的には自衛隊海兵隊陸機動団』向けにA1通常、後述するC7、R7と併せて58両が配備される予定。


バリエーション



後継車両


海兵隊は十数年前から後継車両の開発をしてきたが、モーターボート並のハイスピードで洋上を疾走させるなどという非現実的なスペックを欲った為にとても計画内の予算・期日では仕上がらず、ゲーツ防長官時代に計画が中止された。海兵隊2020年には装輪式(8×8)のACVという陸両用強襲車両を持ちたいと計画している。2015年BAEプロトタイプ発注されている。「兵頭二十八の防衛2016」兵頭二十八 思社 2016 p.293

ACV2018年に正式発注されている。アメリカ海兵隊が新型水陸両用車「ACV1.1」をついに正式発注[外部] 2018.6.28


関連動画



■sm18357678[ニコ動]

■sm21647976[ニコ動]


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 19/06/25 23:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ