ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


AH-56 シャイアン


ヨミ: エーエイチゴジュウロクシャイアン
掲示板をミル!
7カキコ!

AH-56とは、アメリカ陸軍が開発した出落ち定評がある試作ヘリコプターである。称はシャイアンアメリカ陸軍のヘリコプターは基本的にインディアンもといネイティブアメリカンに関する言葉(部族名や部族長の名前)がつけられる。


概要


時代はベトナム戦争の最中。この戦争アメリカは汎用ヘリであるUH-1を大量に投入したのだがUH-1は本来の的である輸送用だけでなく、機関銃を取り付け上から歩兵支援する今で言う戦闘ヘリ的な運用も行なわれていた。しかし所詮は輸送ヘリ。装甲が薄くパカパカ落とされるという問題が発生していた。そこで1965年事業仕分け定評があるミサイル義者ロバート・マクナマラ防長官はAAFSS(新航空火力支援システム)計画を立ち上げ、戦闘に特化したヘリコプターを新規開発する決断を下した。いつものマクナマラならミサイルで何とかしろとか言うと思うのだが。そこに応募したのが当時ヘリコプターなんか一度も開発したことがなかったロッキード社。そんな装備で大丈夫か?


機体


ロッキードが提唱したのは複合ヘリコプターであった。普通メインローター(上についてるでっかいアレ)とテイルローター(後ろについている小さいアレ)がヘリコプターの標準なのだが、シャイアンはテイルローターのさらに後ろに推進用プロペラを取り付け速度を上げる足しとし、さらに。

とまぁ、現在のいわゆる戦闘ヘリフォーマットをほぼ実現したのである。特に上4つは後のコブラアパッチハインドハボックホーカムティグールローイファルクしまいにゃOH-1にいたるまでみんな真似する事になる。


計画の終了「ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕」ウィリアム・D・ハートゥング:著 玉置悟:訳 2012 pp.168-169


実際に出来上がった機体には技術的な問題点が多かった。陸軍は回転の設計不良エンジントラブルに起因する運動性の不良や、機体に存在する構造的な問題(高速を出すために最後尾に推進用のプロペラを備えていたため、加速するたびに急トルクが加わって機体が急に左右に傾斜する)による墜落の危険性などを摘した。後者については1969年に試験飛行中の試作機が墜落してパイロット死亡したことで深刻さが浮き彫りになった。

1ヶ後に陸軍はロッキードに善通告を出し、期限内に問題を解決できなければ開発をキャンセルすると伝えたが、ロッキードは問題を解決できず、1969年5月、シャイアンの生産はキャンセルされた。その後も陸軍は開発費をロッキードに与え続けて研究だけが細々と続いたが、善の見込みが立たないとして3年後にようやく開発計画は打ち切られた。


ウィリス・ホーキンズ「ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕」p.170


ロッキードはヘリコプター製造のノウハウを一切持っていなかった為、シャイアンの開発受注は驚きを持って迎えられた。この契約ロッキードに与えた陸軍の担当部局トップのウィリス・ホーキンズは、2年前にその職につく以前はロッキードの重役だった。シャイアン計画が1972年に頓挫した後、ホーキンズは部下の将官を連れて再びロッキードに戻っている。


関連動画



■sm16667031[ニコ動]

■sm16996838[ニコ動]


関連商品


洋書しかないのよ。プラモないのかなぁ。


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 19/05/26 20:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ